どうして腸にいいのか知ってる?「オリゴ糖」と「ビフィズス菌」の関係とは?

みなさんは「オリゴ糖」と聞いてどのようなイメージを思い描くでしょうか? 「なんとなく健康にいい“砂糖”の一種」というイメージの人も多いかもしれませんが、どうして体にいいのかはあまり知られていません。そもそも普通の砂糖と比べて、オリゴ糖は何が違うのでしょうか。そして、オリゴ糖とビフィズス菌はどういう関係にあるのでしょうか。意外と知られていない「オリゴ糖」のこと、詳しく調べてみました。

「オリゴ糖」って何?

どうして腸にいいのか知ってる?「オリゴ糖」と「ビフィズス菌」の関係とは?

一般に使用されている甘味料には、大きく分けて「糖質系甘味料」と「非糖質系甘味料」の2種類があります。 糖質系甘味料は「砂糖・でん粉由来の糖・その他の糖・糖アルコール」があり、非糖質系甘味料は「天然甘味料・合成甘味料」に分けられます。オリゴ糖は「糖質系甘味料」の「その他の糖」に分類されています。

オリゴ糖は少糖類とも言われ、単糖が2〜10個程度結びついたもののことを指します。ですから、ショ糖(砂糖)・麦芽糖・乳糖などの二糖類も本来はオリゴ糖の仲間と言えますが、一般的には、3つ以上の糖が結びついたものをオリゴ糖と呼んでいる場合が多いようです。

なぜ「オリゴ糖」は腸にいいのか?

どうして腸にいいのか知ってる?「オリゴ糖」と「ビフィズス菌」の関係とは?

多くのオリゴ糖には、「低甘味・低カロリー・虫歯になりにくい」などの共通した性質があります。その中で、腸活ブームで注目されているのは「難消化性」という性質です。つまり、オリゴ糖は体内で「消化されにくい」性質を持っているのです。

消化されにくいオリゴ糖は、胃や小腸を通り抜け、そのまま大腸に到達します。大腸にはビフィズス菌がたくさん生息していますが、オリゴ糖はビフィズス菌などの善玉菌の大切なエサ(栄養源)になります。ビフィズス菌はオリゴ糖を代謝するとき、乳酸や酢酸を産出し、腸内を「酸性」にして悪玉菌の増殖を抑えてくれます。つまり、オリゴ糖はビフィズス菌などの善玉菌のエサになることで、腸内フローラのバランスを間接的にサポートしていたのです。

オリゴ糖の種類と特徴

どうして腸にいいのか知ってる?「オリゴ糖」と「ビフィズス菌」の関係とは?

オリゴ糖と呼ばれるものは、実は1つではありません。その数はなんと20種類以上もあります。ここでは腸活に有効で、食品加工にもよく使われる「ラクトオリゴ糖」と「フラクトオリゴ糖」について紹介します。

ガラクトオリゴ糖

ガラクトオリゴ糖は、乳糖にガラクトースが1~4分子結合したオリゴ糖のこと。甘味にクセがなく、甘味度は砂糖の25~35%ほど。消化酵素によって消化されにくく、低カロリー。熱や酸にも強く、調理や保存中に変化することが少なく、食品加工にも適しています。吸湿性があり、ホイッピング性やクリーミング性を向上させる性質を兼ね備えています。虫歯になりにくく、腸内のビフィズス菌の増殖を促進する働きがあります。

フラクトオリゴ糖

フラクトオリゴ糖は、フラクトース(果糖)が2個以上連結した構造を持つオリゴ糖。自然界に広く分布していて、タマネギ、ゴボウなどの野菜類にも多く含まれています。甘味度は砂糖の25~35%ほど。甘味の質が砂糖に似ていて、カロリーが低いのが特徴。酸にはあまり強くありませんが、 消化酵素によって消化されにくく、ほぼ体内に吸収されることなく大腸に到達します。ビフィズス菌の増殖を促進させる働きがあり、ミネラル(カルシウム、マグネシウム)の吸収を促進するオリゴ糖としても知られています。

母乳に含まれる「ヒトミルクオリゴ糖」

どうして腸にいいのか知ってる?「オリゴ糖」と「ビフィズス菌」の関係とは?

現在、研究者たちが注目しているオリゴ糖が、母乳に含まれる「ヒトミルクオリゴ糖」です。生後間もない赤ちゃんの腸内にはビフィズス菌がたくさん生息しているのですが、そうした腸内フローラの形成には「ヒトミルクオリゴ糖」が大きく関係しています。ちなみに母乳の固形成分の中では、乳糖(ラクトース)、脂質に次いで、ヒトミルクオリゴ糖が3番目に多く含まれているそうです。

これまでの研究では、ヒトミルクオリゴ糖が新生児の脳の発育を促し、免疫システムの発達や感染への抵抗力を高めたりすることは知られていました。ところが最近の研究によって、ヒトミルクオリゴ糖の恩恵は幼児にだけでなく、成人に対しても有効であることがわかってきたのです。世界的な企業のいくつかは、すでにヒトミルクオリゴ糖を使った「プロバイオティクス」の研究を進めていて、将来的には年間10億ドル市場になるという試算もあるようです。

「オリゴ糖」と「ビフィズス菌」は良きパートナー

どうして腸にいいのか知ってる?「オリゴ糖」と「ビフィズス菌」の関係とは?

オリゴ糖は、ビフィズス菌を元気にする良きパートナーのような存在です。理想的な腸内環境を保つためには、毎日ビフィズス菌や乳酸菌を摂ることが大切ですが、これからは善玉菌の栄養素となる「オリゴ糖」も意識的に摂るようにしてみてください。オリゴ糖とビフィズス菌をうまく組み合わせ、より健康的な生活を心がけていきましょう。

【参考文献】
「砂糖以外の甘味料について」(独立行政法人農畜産業振興機構Webサイト)
「オリゴ糖」(e-ヘルスネット 厚生労働省)
「ビフィズス菌が母乳のオリゴ糖を分解する酵素のかたちと反応メカニズムを解明」(東京大学大学院農学生命科学研究科 プレスリリース)
浦島匡、朝隈貞樹、福田健二「ヒトミルクオリゴ糖の生理作用」(『ミルクサイエンス』56巻4号 日本酪農科学会 2008年)

pagetop