• TOP
  • ナレッジ
  • 乳酸菌がつくり出す「乳酸」の、腸内での働きとは?

乳酸菌がつくり出す「乳酸」の、腸内での働きとは?

みなさんは「乳酸」について、どのくらいご存じですか? 乳酸というものが「腸の働きをよくする」と思っている人もいれば、「運動をすると乳酸がたまる」というように、乳酸を疲労物質と思っている人もいるようです。

そもそも乳酸は、わたしたちの体にとってよいものなのでしょうか。また乳酸と乳酸菌は、お互いどういう関係にあるのでしょうか。知っているようで知らない乳酸の働きについて、いろいろと調べてみました。

「乳酸」とは何か?

乳酸菌がつくり出す「乳酸」の、腸内での働きとは?

人類がはじめて「乳酸」という物質を発見したのは、1780年のこと。スウェーデンの科学者カール・ヴィルヘルム・シェーレが、「酸敗(腐敗して酸っぱくなること)した牛乳」から発見したことから「乳酸」という名前が付けられました。

乳酸は、動植物界に広く存在する化合物のひとつで、特に珍しいものではありません。腸内の善玉菌の一種「乳酸菌」は、糖を代謝することで乳酸を産生する「細菌類の総称」になります。

ちなみに、乳酸を発見したカール・ヴィルヘルム・シェーレは、18世紀の最高の実験化学者のひとりとして知られています。乳酸の他にも、シュウ酸、クエン酸、安息香酸、乳酸、尿酸、亜ヒ酸、モリブデン酸などの化学物質を発見。さらに、塩素、マンガン、バリウム、モリブデン、タングステン、窒素、酸素などの化学元素の発見にも大きく関わっていたそうです。

「乳酸=疲労物質」は過去のイメージ?

乳酸菌がつくり出す「乳酸」の、腸内での働きとは?

乳酸は、人間が「運動する」と体内で生成されます。運動するときは筋肉を動かすわけですが、筋肉を動かすためのエネルギーは、筋肉に蓄えられている糖質の一種「筋グリコーゲン」が分解され、ATP(アデノシン三リン酸)がつくり出されることで生まれます。その「筋グリコーゲン(糖)」が分解されるとき、乳酸も一緒に生成されるというわけです。

かつて筋肉疲労の主な原因は、筋肉を動かすためのエネルギーの不足と、疲労物質である乳酸の蓄積と思われていました。しかし、近年では「乳酸が疲労物質」というのは「間違い」ということがわかっています。

現在、筋肉疲労の主な原因は、運動時に体内で乳酸がつくられる過程で発生する「水素イオン」の影響で体が若干酸性に傾くため、エネルギー源である筋グリコーゲン(糖)の蓄えが少なくなるため、と言われています。

一方、乳酸の本来の役割として、運動時に筋肉から漏れ出たカリウムによる「筋収縮を阻害」を防ぐ働きがあることが判明しています。乳酸が「筋収縮の阻害を防ぐ」ということは、乳酸が「疲労を起こす物質」ではなく、むしろ「疲労を防ぐ物質」だったというわけです。

腸の中で「乳酸」は何をする?

乳酸菌がつくり出す「乳酸」の、腸内での働きとは?

「運動することで発生する乳酸とは別に、腸内の菌によって作り出される乳酸もあります。腸内には約100兆個の細菌が生息していますが、腸内フローラを整える「善い菌」である乳酸菌やビフィズス菌により代謝物として乳酸が発生するのです。

腸内で発生した乳酸は、主に腸内を酸性に傾けて体に有害な菌などの繁殖を抑え、善い菌である乳酸菌やビフィズス菌たちが住みよい環境に整えます。さらに、最近の研究では、腸内細菌が作る乳酸やピルビン酸と呼ばれる有機酸が、腸内の免疫細胞に直接働きかけ、病原性最近に対する抵抗性が増加することもわかり始めています。

つまり、乳酸をつくり出す善玉菌を増やすことが、人間の健康には欠かせない要素になっているのです。

乳酸を腸内に増やすため、継続して乳酸菌を摂取しよう

乳酸菌がつくり出す「乳酸」の、腸内での働きとは?

腸内でつくられる乳酸を増やすには、腸内の善玉菌を増やすことが大切です。そのためにも毎日、ヨーグルト・乳酸菌飲料・納豆・漬物など、乳酸菌やビフィズス菌を含む食品を摂取するように心がけましょう。

細菌というのは腸内にある程度の期間は存在しても、そのまま住み着くことはなく排出されると言われています。だからこそ、毎日継続的に補充することが大事になってきます。

近年の研究では、腸内に到達する前に死んでしまった菌でも整腸作用の効果があることがわかっています。健康的な生活を送るためにも、毎日継続して乳酸菌を摂りつづけてみてはいかがでしょうか。

【参考文献】
「乳酸とエネルギー乳酸は排泄物です」(東京農業大学 教員コラム)
「乳酸とは」「疲労とは?疲労の原因と回復方法」(健康長寿ネット 公益財団法人長寿科学振興財団)
「乳酸菌の機能性」(一般社団法人 全国発酵乳乳酸菌飲料協会・発酵乳乳酸菌飲料公正取引協議会Webサイト)
「腸内細菌がつくる乳酸・ピルビン酸により免疫が活性化される仕組みを解明」(国立大学法人 大阪大学、国立研究開発法人 日本医療研究開発機構プレスリリース)

pagetop