「ビフィズス菌や乳酸菌入りの食べ物=プロバイオティクス」なの? プロバイオティクスの定義とは?

最近よく耳にする「プロバイオティクス」という言葉。腸活ブームにともない、ヨーグルトやサプリメントのパッケージにも「プロバイオティクス」という表記を見かけるようになりました。

一般的には、ビフィズス菌のような「腸内にいい影響を与える微生物」という意味で使われているようですが、本当にそのような解釈で合っているのでしょうか? そもそもプロバイオティクスとはどういうもので、人間の体にどのような影響があるものなのでしょうか?

知っているようで意外と知られていない「プロバイオティクス」について、詳しく調べてみました。

プロバイオティクスとは何か?

「ビフィズス菌や乳酸菌入りの食べ物=プロバイオティクス」なの? プロバイオティクスの定義とは?

「プロバイオティクス」とは、1989年に英国の微生物学者・Fullerによって、次のように定義されたものです。

「宿主の腸内菌叢のバランスを改善することにより、宿主に有益な作用をもたらすような、経口摂取する生きた微生物」

少しかみくだいて説明すると、「口から摂り入れることができるもので、ヒトの腸内フローラのバランスを改善し、人体にいい影響を与える生きた微生物」のこと。対義語の「アンチバイオティクス(抗生物質)」が、菌を殺して体を守るという意味があるのに対して、プロバイオティクスというのは、有益な菌を積極的に増やすことで、体を健康的にしようという意味になります。

プロバイオティクスがもたらす有益な作用にはさまざまなものがあり、近年の研究では「整腸作用」「血中コレステロール低減作用」「発癌リスクの低減作用」「血圧降下作用」「免疫活性の維持作用」などが報告されています。

体に有益な菌はすべて「プロバイオティクス」なの?

「ビフィズス菌や乳酸菌入りの食べ物=プロバイオティクス」なの? プロバイオティクスの定義とは?

腸内環境を整える「ビフィズス菌」もプロバイオティクスの一種。しかし、体にいいとされている微生物すべてがプロバイオティクスというわけではありません。

規定の条件を満たしていることが科学的に証明された特定の菌株に限り、正式にプロバイオティクスと呼ぶことができるのです。「公益社団法人 腸内細菌学会」によると、プロバイオティクスの条件は以下になります。

プロバイオティクスの条件
1. 安全性が保証されている。
2. もともと宿主の腸内フローラの一員である。
3. 胃液、胆汁などに耐えて生きたまま腸に到達できる。
4. 下部消化管で増殖可能である。
5. 宿主に対して明らかな有用効果を発揮できる。
6. 食品などの形態で有効な菌数が維持できる。
7. 安価かつ容易に取り扱える。

「プロバイオティクス(probiotics)」(腸内細菌学会のサイトより引用)


最近はプロバイオティクスの定義が拡大されていて、「生きたまま腸に到達しない、死んだ微生物(死菌)も含む」という見解があります。しかし、プロバイオティクスの条件に、腸内で増殖可能という意味合いも含まれることから、微生物は生きたまま腸に到達することを重要視する研究者も多いようです。

口から摂取された微生物が生きたまま腸に到達するには、胃酸や胆汁で死滅しないだけの耐性が必要になります。つまり、正式にプロバイオティクスとして認められるには、生きた状態で口から摂取され、かつ胃液や胆汁などで死滅することなく、生きたまま腸内に到達できる条件をクリアしなければならないのです。

【参考文献】
辨野義己「(3) プロバイオティクス(乳酸菌、ビフィズス菌)の保健効果」(「乳酸菌、ビフィズス菌と健康の関わり」全国発酵乳乳酸菌飲料協会・発酵乳乳酸菌飲料公正取引協議会WEBサイト)
辨野義己「プロバイオティクスで疾病を予防する」(『乳酸菌ニュース』498号 全国発酵乳乳酸菌飲料協会 2017)
瀧口隆一、鈴木豊「乳酸菌の人工消化液中での生残性」(『腸内細菌学雑誌』14巻1号 腸内細菌学会 2000年)

pagetop