知らずに摂っていませんか?ビフィズス菌に期待される「3つのはたらき」

おなじみのビフィズス菌は、わたしたち人間や動物の腸内に存在する微生物の一種。ヒトの体にとって大切な有用菌で、幼児の腸内に多く存在することがわかっています。成長すると共に腸内フローラのバランスは変化し、ビフィズス菌の数は減少するのですが、あまりに減りすぎてしまうと、健康に悪影響を及ぼす菌が増えてしまうと言われています。

近年の研究では、ビフィズス菌には主に「3つのはたらき」があることがわかってきました。ここでは、意外と知られていないビフィズス菌の「3つのはたらき」についてご紹介します。

ビフィズス菌のはたらき①:整腸作用

知らずに摂っていませんか?ビフィズス菌に期待される「3つのはたらき」

ビフィズス菌のはたらきで、まず挙げられるのが「整腸作用」です。主に大腸に存在するビフィズス菌は、有害物質をつくる菌が増えすぎるのを抑え、腸内フローラのバランスを改善してくれます。バランスの取れた腸内環境を維持することで、有害菌から出るアンモニアやインドールなどの「腸内腐敗産物」の量を低下させてくれるというわけです。

そもそも腸内環境は、老化だけではなく、食生活の偏り、ストレス、運動不足など、いろいろな原因で乱れると言われています。ビフィズス菌の数が減り、腸内フローラのバランスが崩れてしまうと、腸のはたらきが悪くなり、下痢や便秘などの症状が出始めます。そういうときは普段の生活習慣を見直すと共に、継続的にビフィズス菌を摂取して、おなかの調子を整えるようにしましょう。

ビフィズス菌のはたらき②:免疫調節作用

知らずに摂っていませんか?ビフィズス菌に期待される「3つのはたらき」

ヒトの腸管は消化と吸収のはたらきだけでなく、人体最大の「免疫器官」としての機能があります。もともと腸内には数百~1,000種類の細菌が、約100兆個棲みついていると言われています。ヒトの免疫系はそうした腸内細菌たちの影響を大きく受けています。ビフィズス菌も影響力のある細菌のひとつで、感染防御、発ガン抑制など、いろいろな効果があることがわかっています。

とくに最近の研究では、ビフィズス菌のなかには、インフルエンザの感染予防にも効果があるものや、体内免疫バランスの歪みが抑制され、花粉症の自覚症状を改善する菌もあるそうです。まだ研究段階ではありますが、ビフィズス菌は免疫力を高めるだけでなく、アレルギー症状の改善などにも効果があるのではないかと期待されています。

ビフィズス菌のはたらき③:脂質代謝改善作用

知らずに摂っていませんか?ビフィズス菌に期待される「3つのはたらき」

脂質代謝改善作用とは、体内の脂質バランスを改善する作用のことです。主に、血液中に含まれる「中性脂肪」や「悪玉コレステロール」を低下させる作用を指します。そもそもヒトの体は、脂質代謝異常(高脂血症)の状態が長期間つづくと、動脈が硬くなったり、血管壁にコレステロールが沈着する恐れがあります。

血管が狭くなって血液の流れが悪くなってしまうと、最悪の場合、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などの深刻な病気を引き起こす可能性も出てくるのです。

近年、腸内フローラと脂質代謝の関係が注目され、急速に研究が進められています。すでにマウスを使った実験では、ビフィズス菌などのプロバイオティクス細菌によって腸内フローラが変化し、脂質代謝改善作用に大きな影響があるという結果が発表されています。

メカニズムの解明だけでなく、ヒトにとって効果の高いプロバイオティクスの選択、摂取方法などが、今後の研究の進捗によって分かってくることが期待されています。

ビフィズス菌を毎日の食事で体に摂り入れて、健康的な生活を

知らずに摂っていませんか?ビフィズス菌に期待される「3つのはたらき」

「整腸効果がある」「免疫力が上がる」「脂質代謝の改善」と、体にとって大切なはたらきがあるビフィズス菌。ところが、摂取したビフィズス菌や乳酸菌のすべてが、そのまま腸内に定着するわけではないのです。むしろ、腸内を通過して、ほとんどが排便されてしまうという意見もあります。だからこそ、毎日少しずつでも摂取しつづけて、長い時間をかけながら腸内フローラのバランスを改善することが大切なのです。

また、ビフィズス菌を摂取するときは、なるべくビフィズス菌を増やすはたらきがある「オリゴ糖」も一緒に摂るようにしましょう。オリゴ糖を多く含む野菜や果物を上手に摂ることで、効果的に腸内環境を整えることができます。腸内のビフィズス菌をたくさん増やし、おなかの中から健康的な生活をはじめてみてはいかがでしょうか。

【参考文献】
近藤しずき、清水(肖)金忠「プロバイオティクス細菌による血中脂質改善作用」(『腸内細菌学雑誌』24巻4号 腸内細菌学会 2010年11月)
「ビフィズス菌」(e-ヘルスネット)
「ビフィズス菌はヒトの腸管内でどのようなはたらきをしているのでしょうか。」(腸内細菌学会WEBサイト)
岩淵紀介、清水(肖)金忠「ビフィズス菌 Bifidobacterium longum BB536による免疫調節作用とその作用機序」(『ミルクサイエンス』59巻3号 日本酪農科学会 2010年)

pagetop