腸内フローラを整えるにはどちらを選ぶ?「ビフィズス菌と乳酸菌」編

ヨーグルトは「腸活」をする人の強い味方です。ヨーグルトに含まれるビフィズス菌や乳酸菌に代表される、腸内環境の健康に影響する菌を継続的に摂り込むことで、乱れていた腸内フローラのバランスを整えるのに役立ちます。しかし、すべてのヨーグルトにビフィズス菌が入っているわけではありません。また、ビフィズス菌と乳酸菌は同じもののように扱われますが、実はまったくの別物です。

「腸活」や「乳酸菌」といったワードが注目される今だからこそ、ビフィズス菌と乳酸菌の違いについてあらためて調べてみました。

あらためて「腸内フローラ」ってなに?

腸内フローラを整えるにはどちらを選ぶ?「ビフィズス菌と乳酸菌」編

過去記事でも紹介してきましたが、あらためておさらいを。腸を中心とした消化器官に張り巡らされた「腸管神経系」は、脳と脊髄からなる「中枢神経系」に匹敵する数のニューロン(神経細胞)が集まっています。これが、腸が「第二の脳」と呼ばれる理由。それほど大事な器官である腸のなかにはたくさんの微生物が棲みついていて、それらの微生物たちが私たちの健康に大きな影響を及ぼしていることが、近年の研究で分かってきました。

ヒトのからだをつくる体細胞の数が約37兆個と言われていますが、小腸から大腸に棲みつく細菌の数は100兆個以上いるともいわれています。

それらのとんでもない数の微生物たちが、お互いに絶妙なバランスを保ちながら、腸内でひとつの生態系を形成しています。顕微鏡で腸のなかをのぞいてみると、それらの微生物たちが「お花畑(フローラ)」のようにグループをつくって腸内に生息することから「腸内フローラ」と呼ばれているのです。

健康的な腸内をつくるには、その「腸内フローラ」をバランスを良好に保つことが大切です。その手助けをしてくれる代表的な有用菌が、ビフィズス菌と乳酸菌。どちらも体に悪影響を与える菌の増殖を抑えてくれますが、腸内でのはたらきにはちょっとした違いがあります。せっかくの「腸活」がムダにならないように、それぞれの特徴を知っておきましょう。

ビフィズス菌と乳酸菌の違いとは?

菌のかたちが違う

腸内フローラを整えるにはどちらを選ぶ?「ビフィズス菌と乳酸菌」編

顕微鏡で見比べると、ビフィズス菌と乳酸菌はまったく違うかたちをしています。乳酸菌が棒のような「桿菌(桿状)」または「球菌(球状)」であるのに対し、ビフィズス菌は「分枝状・V字状・Y字状・こん棒状・球桿菌状・湾曲状」など不規則な形態をしています。

ちなみに、ビフィズス菌の学名は「Bifidobacterium」で、これは「分枝した小桿菌」という意味になります。

菌の定着部位が違う

腸内フローラを整えるにはどちらを選ぶ?「ビフィズス菌と乳酸菌」編

大腸内でのビフィズス菌と乳酸菌の数は、なぜそれほど違うのでしょうか。実は乳酸菌は、主に小腸に定着する菌だからです。腸には小腸と大腸がありますが、それぞれの機能はまったく違います。

小腸は食べたものを消化吸収する臓器ですが、大腸は栄養を吸収したあとの“残りカス”から水分を吸収して便を作り、直腸へ送り出す臓器です。小腸にも乳酸菌のような微生物はたくさんいますが、ビフィズス菌は酸素に弱い「偏性嫌気性菌(大気中の酸素濃度では発育しない菌)」のため、小腸では生息できず、酸素がほとんどない大腸に定着しているというわけです。

腸内でのはたらきが違う

腸内フローラを整えるにはどちらを選ぶ?「ビフィズス菌と乳酸菌」編

腸内でのはたらきにもすこし違いがあります。ビフィズス菌も乳酸菌も「乳酸」を産生させて腸内を「弱酸性」にすることで、悪影響をもたらす菌が増殖しすぎない環境になるようバランスをとっています。ビフィズス菌はそのはたらきに加え、殺菌・抗炎症作用があるとされる「酢酸」を産生します。酢酸や乳酸は大腸を活発にして、大腸の健康を保ち、病気を予防してくれるとされています。

すべてのヨーグルトに「ビフィズス菌」がいるとは限らない?

腸内フローラを整えるにはどちらを選ぶ?「ビフィズス菌と乳酸菌」編

一般的なヨーグルトは、乳酸菌のサーモフィラス菌とブルガリア菌で発酵させます。そのため、どの種類のヨーグルトを食べても乳酸菌を摂ることはできますが、どのヨーグルトにもビフィズス菌が入っているわけではありません。

ビフィズス菌を摂りたいときは「ビフィズス菌入りのヨーグルト」を選びましょう。前述のように乳酸菌は主に小腸ではたらき、ビフィズス菌は大腸ではたらきます。両方をバランス良く摂ることで高い整腸作用が期待できます。

ビフィズス菌と乳酸菌の摂取
そして栄養バランスのよい食事で
腸内フローラを活性化させよう

腸内フローラを整えるにはどちらを選ぶ?「ビフィズス菌と乳酸菌」編

赤ちゃんの腸内フローラは、生後1カ月ごろに変化が生じ、母乳に含まれるオリゴ糖の影響でビフィズス菌が優勢になってきます。その後、離乳食が始まるなどして食生活が変化すると、腸内フローラを構成する細菌の種類が増え、3歳ごろになると成人と変わらない腸内フローラになってくるといわれています。つまり、子どものころはほとんどの人が「ビフィズス菌優勢の腸内フローラ」をもっていたのです。

しかし、ストレスや運動不足、加齢などの影響によって、腸内のビフィズス菌などの有用菌の割合が減少して、体に悪影響をもたらす菌が増加することがわかっています。

腸内フローラを活性化させるためにも、ヨーグルトをただ食べるだけではなく、ビフィズス菌と乳酸菌の役割の違い、はたらく場所の違いなどを踏まえて選択するとともに、栄養バランスのとれた食事と適度な運動を続け、心身ともに健康な生活を心がけるようにしましょう。

【参考文献】
「ビフィズス菌と乳酸菌の違いを教えてください。」「嫌気性菌とはどんなものですか?」(公益財団法人 腸内細菌学会)
「腸内フローラとは」(「健康長寿ネット」公益財団法人長寿科学振興財団)
「ビフィズス菌が優勢になる乳児の腸内フローラ形成機構を解明―母乳に含まれるオリゴ糖の主要成分の利用がカギ―」(東京工業大学)
牧野博、松木隆広「乳児腸内フローラの形成機構 生涯の健康状態を左右する重要なイベント」(『化学と生物』Vol. 56 No. 4/日本農芸化学会 2018)

pagetop