仕事のやる気を呼び起こすのは、「腸のスケジュール管理」だった!

2019.09.27

仕事に家事に付き合いにと、日々の忙しさに追われ、目の前の仕事を「やる気出ないな……明日やろう」と後回しにし、さらに仕事が増えていく、という悪循環に陥っていませんか? 

そんな悪循環を打ち破り、やる気も出て、健康になり、しかも若返る(!?)ために、「体内時計」に注目した一冊があります。

筆者も実践!
腸の健康管理でアンチエイジング

仕事のやる気を呼び起こすのは、「腸のスケジュール管理」だった!
『病気を防ぐ「腸」の時間割 老化は夜つくられる』/藤田紘一郎 著/SBクリエイティブ

『病気を防ぐ「腸」の時間割 老化は夜つくられる』の筆者、藤田紘一郎氏は、体内時計に注目し、「体内時計を整えるだけで20歳若返る」を体現。本書内にも、顔写真付きで20年前(55歳の頃)の近影を掲載しています。藤田氏は当時の姿を「髪はハゲかかり、顔はポッチャリして赤みがかり、肌はくすんで脂ギッシュでした」と振り返っています。なぜこんなにも印象が変わったのか? 藤田氏はその秘密を握るのが「体内時計」だといいます。

体内時計のリズムは、地球の自転によって起こる約24時間周期の昼夜の変化に同調しています。この約24時間のリズムを「サーカンディアリズム(概日リズム)」といいます。「サーカ」とは「おおむね」、「ディアン」は「1日」という意味です。人間をはじめとする地球上の多くの生き物は、このリズムに従って体内の環境を変化させているのです。

人間も体温の変化やホルモン分泌など、基本的な機能のリズムが約24時間周期で変化させています。人間のサーカンディアリズムは「24時間11分」。きっちり24時間ではないのは、地球の自転周期がだんだん伸びていることにあるとされています。体内時計は朝日を浴びるとリセットできますが、逆に乱れた生活を送っていると、体内時計はどんどんずれていってしまうのです。藤田氏は次のように述べています。

アンチエイジングを目指すならば、体内時計をまず若返らせて、腸の機能を高めること

「なぜそこで腸が出てくるの?」と疑問に思いませんか?

乱れた生活で、胃……ではなく腸に穴があく!?

仕事のやる気を呼び起こすのは、「腸のスケジュール管理」だった!

体内時計は、腸の新陳代謝と密接な関係があるのです。

腸が健康管理において重要な役割を担っているのは本メディアで何度も触れてきましたが、腸はよく働くからこそ、新陳代謝のスピードが最も早い臓器。体内時計と腸との関係性について、本書内では次のように説明しています。

なかでも、小腸粘膜細胞の寿命は短く、わずか1日で入れ替わっています。働きが過酷なために粘膜細胞が疲弊しやすく、常に新しいものへと生まれ変わる必要があるのです。

腸に穴があきやすい原因はここにあります。新陳代謝がリズムよく行われなくなると、腸の粘膜細胞の再生がうまくいかなくなります。古い細胞はどんどん死んでいくのに、新しい細胞の再生がそのスピードに追いつかなくなるのです。

新陳代謝のリズムは、細胞核内に納められた時計遺伝子がコントロールしています。この時計遺伝子を統率しているのが、体内時計です。

腸に穴があいてしまう病気が「リーキーガット(腸管壁浸潤)症候群」。未消化の栄養素がそのまま体内に入りこみ、消化器官にまつわるさまざまな疾患を引き起こしてしまう症状です。

この「リーキーガット(腸管壁浸潤)症候群」の最大の危険は、さまざまな栄養素が、通常よりも大きなサイズで体内に侵入すること。すると、大人であっても、深刻な食物アレルギーを発症しやすくなってしまうのです。

また栄養だけでなく、本来排除されるはずの病原体や細菌などが体内に侵入する恐れも。そのため、腸が常に健康な環境でいられるように、体内時計を整えることが重要だと藤田氏は説明しています。

おはようからおやすみまで、腸を考えたスケジュール紹介

仕事のやる気を呼び起こすのは、「腸のスケジュール管理」だった!

そこで体内時計を正常に作動させるために、藤田氏は「朝起きて一番にすべきこと」から、「最適な睡眠時間の見つけ方」まで、腸のことを考えた1日の過ごし方を徹底紹介。

なんと「集中力が必要な仕事は午前中に」「面倒な仕事は昼食後すぐ」「アイデア勝負の仕事は夕方に」など、具体的なビジネススケジュールのアドバイスまで。また月曜日に「やる気が出ない……」と憂鬱になる、いわゆるブルーマンデー症候群にも、体内時計が関連していると紹介しています。

毎日を慌ただしくストレスフルに過ごし「仕事に集中できない」「寝ても疲れが取れない」という人は、一度、本書で紹介している「腸の時間割」にそって1日を送ってみてはいかがでしょう。「腸の時間割」は、本書冒頭で図解されており「今すぐに読破する時間が取れない!」という忙しい方にも親切なつくりとなっています。

RECOMMEND
おすすめ記事
pagetop