本来は“するりと出るもの“なのに…

なぜうんちのことを「便」と呼ぶか、考えたことはあるでしょうか? そもそもうんちのことを「便」と呼ぶ理由は、ハッキリとした定説はまだないものの、諸説あるなかで「便」の字には「支障がなくて都合がいい」との意味があるため、「するりと出る」「支障なく出る」から「便」…という考えもあるのだとか。

今回は、その“するりと出る”はずの便が滞ってしまった状態について解説します。

便通の滞りの定義と原因の基礎知識

便秘とは?

医学的な定義によれば「週3回未満の排便回数」が便通が滞っているというの基準の一つとされています。つまり2日以上続けて排便がない場合は、便通異常の疑いがあるということ。理想的な排便は1日1回ですので、排便回数の少ないの状態が当たり前となってしまっている方は要注意です。

また便通が滞っているといっても原因はさまざま。腸内の炎症などによって物理的に便が滞ってしまう「器質性」、腸以外の体の病気が引き起こす「症候性」、薬の副作用で起きる「薬剤性」など、原因によって分けられます。もっとも多いタイプが腸の働きの乱れから起こる「機能性」のものです。機能性の便通異常は、さらに細かく以下の3タイプに分類されます。

  1. 弛緩性…腸のぜん動を行う筋肉が緩み、ぜん動運動が弱まることで起こる便通異常
  2. 痙攣性…本来連続するはずのぜん動運動が断続的になり、便が通過する時間が長くなってしまうことで起こる便通異常
  3. 直腸性…便意をがまんし続けていると、直腸の神経の感度が鈍り、直腸に便が到達しても便意が感じないために起こる便通異常

便通が滞っている状態に慣れてしまい、原因を放っておくと大腸の中で便がどんどん硬くなっていき、排便しにくくなる悪循環に。例えば、硬くなった便が排便時に肛門を傷つけてしまうと、痛みを恐れるあまり排便がおっくうになり、ますます悪化してしまうことも…。便が長く腸内に留まることでさまざまな不調を引き起こすことも。便通がお肌に影響することもあるのです。

簡単なものから始めよう!日常的なスッキリ対策とは?

便通異常の原因はさまざまで、どれか一つとも限りません。そのため、それぞれに原因にあった対策が必要です。そのなかで、どの便通異常にも対応する日常的に行える対策もいくつかあります。

水分をしっかりとる

便が腸を通って排泄されるまでには、大量の水分を必要とします。口から入る飲み物や食べ物の水分は約2リットル。さらに腸から分泌される消化液が加わり、大量の水分が腸に流れ込みます。大腸で吸収される水分量が少し増えるだけでも便の水分が少なくなって硬くなり、排便しにくくなってしまうのです。

食物繊維の豊富な食材

1日3食、食物繊維が豊富な食材や、腸内環境を整える発酵食品を取り入れ、バランスが良い食事を心がけ、特に朝食をきちんととりましょう。

便意がなくても定期的にトイレへ

自然な排便リズムを回復させるために、便意を感じなくても毎日決まった時間にトイレへ入るようにしましょう。1日1回、朝食後に自然な便意を感じるのが理想的なリズムです。逆に、便意を感じたときに我慢を繰り返していると排便しづらくなります。

食事量を確保する

食事量が少ないと、それだけうんちの量も少なくなります。カロリーが気になる場合は、低カロリーで嵩の大きい野菜やきのこを選ぶなどして、押し出す力の元となる量を確保しましょう。ただし、過食はかえって逆効果に。

便通異常のタイプによって対策が異なる場合も

脂質に含まれる脂肪酸は大腸を刺激し、香辛料やアルコール・酸味類で刺激で排便が促されるため、適度な脂質や香辛料などを摂ることは、腸の蠕動運動が弱まっている場合はおすすめです。しかし、腸の蠕動運動が断続的になり便の通過に時間がかかってしまっている場合、まったく逆効果。脂質(特に揚げ物)や香辛料、アルコール、酸味などは避けるように心がけましょう。このように便通異常のタイプによって対策が異なり、“正反対”になることもありますので、医療機関などからの信頼のおける医療情報を元に、日々の生活を見直していきましょう。

【参考文献】
・大修館書店 漢字文化資料館 漢字Q&A「『郵便』や『定期便』などに使われる『便』は、どうして排泄物の意味でも使われるのですか?」
・「便秘」(『新選漢和辞典 Web版』 小学館)
・日本消化器病学会関連研究会 慢性便秘の診断・治療研究会『慢性便秘症診療ガイドライン2017』(南江堂 2017年10月)
・「便秘と食事」(e-ヘルスネット 厚生労働省)

pagetop