痩せたいなら腸に注目! 深い腸とダイエットの関係とは!?

2017.02.16

なかなか痩せないのは、腸にも原因があった!?

食事制限をして、定期的にウォーキングや筋トレなどの運動をしてもなかなか痩せない…。そうなってしまうと、やる気もダウンしてしまいますよね。

また、ダイエットを始めてから便秘になった、という方いるのでは。食べる量が減ってしまうと、便の材料が減ってしまって便の量が減ってしまい、便秘になってしまうことがあるのです。たとえ体重を落とすことに成功しても、便秘でぽっこりお腹が気になってしまうことも。

実は、腸とダイエットは深く関係しています。腸のことを気にかければ、いままでよりもダイエットが成功しやすくなるかもしれません。

食事制限による食物繊維不足で便秘になってしまう

ダイエットというと、食事の量を制限する方が多いのではないでしょうか? 断食をしたり、極端な食事制限をしたり。ダイエットするために、食生活の改善は必要不可欠ですが、食物繊維が不足するのはNGです。食物繊維が不足すると、便秘になってしまうことが多く、腸内環境が悪化することで、痩せにくくなってしまうのです。

また、カロリーが高いからといって、油を極端に減らしすぎていませんか? 油は便のすべり良くするため、適度に摂るほうが賢明です。適量を摂って、便秘を防ぎましょう。
摂取するなら、オリーブバージンオイルやオーガニックココナッツオイルなどの良質な油分がおすすめ。血液の流れをよくしてくれる働きもあるため、ダイエットにも向いていますよ。

腸内環境が悪いと太るのはデブ菌のせい?

便秘の影響で腸内環境が悪化してしまうと、ダイエットにも悪い影響をあたえます。腸内環境が悪化すると、腸内に潜んでいる「デブ菌」といわれる菌が増え、食べ物を脂肪に変えて、蓄積しやすくしてしまうのです。

また、腸内が有害菌優勢になり、有用菌が減ってしまうと、体にとって有害な腐敗物質が蓄積し、肥満を招いてしまうことがあります。有害な腐敗物質のせいで血流が悪くなると、代謝も低下しがちに。まずは、腸内環境を整えて、痩せ体質を目指しましょう。

このほか、むくみを怖がって水分を制限することも、便秘を招く要因です。むくみと便秘を防ぐためにも、1日1.5Lから2L程度の水分を摂ることを心がけましょう。

痩せたいならば、腸内環境を整えることが大切!

綺麗に痩せたいならば、腸の中から綺麗になって、溜め込まない体にすることが大切です。まずは、腸内環境を意識して、食物繊維をバランスよく取ることを心がけましょう。食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があります。不溶性2:水溶性1になるように摂ると効果的ですので、不溶性か水溶性かも意識してみましょう。また、ヨーグルト、キムチ、味噌、ぬか漬け、納豆などの発酵食品などから、乳酸菌を摂取することも効果的ですよ。

腸内環境を改善してダイエットしよう

ダイエットをしようとすると、ついつい体の脂肪を減らすための食事制限や、筋トレなどに目が行きがちですよね。しかし、腸に注目することは、ダイエットを成功させるうえでとても大切なこと。腸内細菌を味方につければ、ダイエットも成功しやすくなるはずですですので、ダイエット中のみなさんは、ぜひ意識してみてくださいね。

【参考】
すべては腸内細菌で決まるP49- (藤田紘一郎著)
ロート製薬 ダイエットが便秘を招く?
ヘルスケア大学「体に必要な水分量と摂取方法」
松生クリニック「不溶性2:水溶性1が理想的 ファイバーバランス」

pagetop