世界の発酵食品レシピvol.5:
ナタデココ入り薬膳デザートスープ

2019.01.30

つるんとおいしいナタデココも、実は発酵食品だとご存じでしょうか。今回は、低カロリーでヘルシーなナタデココと、体にやさしい漢方食材を合わせた台湾風のデザートスープをご紹介。食物繊維たっぷりのナタデココを食べて、おなかの中からキレイになりましょう。

ナタデココは「発酵食品」だった?
腸の健康に効果大!

つるんとした舌触りなのに、コリコリとした歯ごたえで子供から大人にまで人気のあるナタデココ。ヨーグルトやフルーツカクテルのお供としてすっかり定番の食材ですが、ナタデココが何からできているかご存じでしょうか。ナタデココの「ココ」の響きに、何やら秘密がありそうですね。

約100年前にフィリピンで生まれたナタデココ。主な原料は、「ココ」の響きから分かるようにココナッツの実です。ココナッツの皮と果肉の間にあるココナッツミルクに、酢酸菌の一種であるアセトバクター・キシリナムという菌を加えて発酵させて作ります。そう、ナタデココは発酵食品のひとつだったのです。発酵が進むとココナッツミルクの表面の膜が徐々に厚くなり、その膜が私たちのよく知っているナタデココになるのです。

他の発酵食品と同様、ナタデココにも腸の健康を促すパワーが。豊富な食物繊維に加え、菌の力で便秘の解消や腸の病気の予防に効果を発揮すると期待されています。ヨーグルトに入れるだけでなく、いろいろなデザートや料理にナタデココを活用して、手軽に菌の力を取り入れてみませんか。

ナタデココ入り薬膳デザートスープ

■材料(2人分)

  • ナタデココ…100g(シロップは除く)
  • 白きくらげ…2g
  • 黒きくらげ…2g
  • クコの実…8~10粒
  • 水…200cc
  • 砂糖(きび砂糖、黒砂糖がおすすめ)…大さじ2

【準備】
・きくらげ、クコの実はたっぷりの水につけて戻しておく。石づきがある場合は除いておく。

①鍋に水、砂糖を入れ火にかける。沸騰したら水をきったきくらげを加え、1分ほど煮て火を止める。

②器に①を注ぎ、ナタデココを盛り、クコの実を飾ってできあがり。

シコシコ&コリコリ食感で大満足!
体にやさしい台湾風スイーツ

シコシコとしたナタデココと、コリコリとしたきくらげの食感が楽しい! 温かいシロップのやさしい甘さで、ほっとくつろぐデザートです。台湾では、温かいデザートは好まれて食べられています。冷やして食べるイメージのあるナタデココですが、こうやって温かいデザートにしてあげれば、寒い季節でも体を冷やすことなく食べられますね。

きくらげというと炒め物など料理に使うイメージが強いですが、台湾ではデザートにもよく使われている食材です。特に白きくらげは美容に効果のある漢方食材として知られ、かの楊貴妃も好んで食べていたという逸話が残っています。
黒きくらげも食物繊維が豊富で、ビタミンDの含有量は食品の中でもトップクラス。カルシウムの吸収を促し、骨や歯を丈夫にしてくれます。クコの実は「ゴジベリー」の名で欧米でも人気のパワーフード。高酸化力に優れ、美白やアンチエイジング、免疫力アップに効果てきめん。

ナタデココと漢方食材をたっぷり食べられる、台湾風のデザートスープ。低カロリーですが、ほっとする甘さで満足感もあるのでダイエット中にもおすすめです。少ない材料であっという間に作れるので、ぜひ試してみてくださいね。

このレシピの監修者

author image

よしもとこゆき

世界にもっと、「おいしい」魔法を広めるため、レシピ開発やスタイリング、飲食店プロデュースなど食に携わる仕事を中心に、デザインやイラスト、コラムの執筆など幅広く活動中。http://table411.net/

pagetop