世界の発酵食品レシピvol.3:
水切りヨーグルトと
赤い果実のサラダ

2018.12.26

何かとおもてなしの機会の多いホリデーシーズン。そんな季節にピッタリの、食卓を彩る華やかなサラダをご紹介します。クリームチーズのように濃厚ながらさっぱりとした「水切りヨーグルト」がアクセントに。まろやかな水切りヨーグルトと、果実の甘酸っぱさが相性抜群です。

誕生は紀元前!世界中で注目される健康食「ギリシャヨーグルト」の歴史

世界中で愛されてきた発酵食品の代表・ヨーグルト。とりわけギリシャでは、ヨーグルトは食生活に欠かせない存在とされています。ギリシャ特有の濃厚でなめらかなヨーグルトは、「ギリシャヨーグルト」の名で日本でも知られています。

ギリシャヨーグルトの誕生はさかのぼること2000年以上前の紀元前といわれています。当時、羊とヤギの牧畜が盛んだったギリシャでは、搾乳したミルクを長期保存するために、ヨーグルトが遊牧民の間で作られるようになったと考えられています。

一般的なヨーグルトは牛乳を発酵させて作りますが、ギリシャヨーグルトはこの後に「水切り」という工程が加わります。布などでヨーグルトをこして余分な水分や乳清(ホエイ)を除くことで、濃厚な味わいとなめらかな食感が生まれるのです。

ギリシャヨーグルトは通常のヨーグルトよりも乳脂肪分が少ないため、健康的な食材としてアメリカで大ブームに。日本でも、2011年に大手メーカーから発売され、2012年には「新語流行語」としてイミダスで紹介されるほどの人気に。今ではコンビニでも手に入るほどメジャーな存在になりました。

ギリシャヨーグルトは酸味が少ないので、デザートだけでなくさまざまな料理にも使えるのが特徴です。サラダや煮込み料理にプラスして、ギリシャヨーグルトを食卓に取り入れてみましょう。

水切りヨーグルトと
赤い果実のサラダの作り方

■材料(2人分)

  • ヨーグルト…200g
  • 葉野菜(ルッコラやクレソンなど)…1/2束
  • いちご…5~6個
  • 生ハム…6枚

<ザクロドレッシング>

  • ザクロ…1/2個
  • オリーブオイル…大さじ2杯
  • レモン汁…大さじ1杯
  • 塩、こしょう…少々

【準備】
・葉野菜は洗って水気を切り、根本を切り落としたら食べやすい大きさに切っておく。
・いちごはヘタを除き、半分に切っておく。
・生ハムは大きいようなら半分に切っておく。

①水切りヨーグルトを作る。ザルにキッチンペーパーかガーゼをしき、ヨーグルトをのせる。ザルより一回り小さい容器にのせて冷蔵庫で1時間~1晩置く。

【ポイント】
水を切る時間が長いほど、濃厚でギュッとつまった食感のヨーグルトになります。また、出てきた水分=乳清(ホエイ)にも栄養が詰まっています。捨てずにはちみつとレモン汁で割ってドリンクとして飲むのがおすすめです。

②ザクロドレッシングを作る。ザクロは房から実を取り出してほぐす。ボウルにオリーブオイル、レモン汁、塩、こしょうを入れてよく混ぜ、ザクロを加えてひと混ぜする。

【ポイント】
ザクロは水の中で実を取り出すと、果汁で汚れずきれいにほぐせます。

③器に葉野菜、いちご、生ハムを盛り、水切りヨーグルトをスプーンですくって全体に散らす。ザクロドレッシングをかけてできあがり。

パーティーシーズンにぴったり!
美容に効果てきめんのヘルシーサラダ

ルビー色に輝くザクロドレッシングが美しい、華やかなサラダのできあがりです。いちごの赤、葉野菜の緑、ヨーグルトの白のカラーリングがクリスマスにぴったり!

ヨーグルトのまったりとした食感に、ザクロのプチプチとした食感がいいアクセントになっています。濃厚な乳の味わいと、フルーツの酸味、そして生ハムの塩気が絶妙な取り合わせ。水切りヨーグルトはチーズのように香りが強くないため、どんな食材とも合わせやすいです。

このサラダには、体を中からきれいにする栄養がたっぷり詰まっています。ヨーグルトに含まれる乳酸菌のほかに、いちごに含まれるペクチンにも整腸作用が。水溶性食物繊維であるペクチンは腸の中で食べ物のかさを増し、便通を改善。さらに腸内のいわゆる善玉菌のエサとなり、その働きを活性化させてくれるのです。腸内環境が改善されることで、ニキビや肌荒れの防止にも効果が期待できます。

また、ドレッシングに用いたザクロは「美のスーパーフード」として名高い果物。豊富なビタミン類に加え、カリウム、亜鉛などのミネラルも含んでいます。また、アントシアニンやエラグ酸などのポリフェノールも豊富。これらの成分は肌の活性酸素を取り除き、シミやシワから肌を守ると言われています。

見た目がきれいなだけでなく、食べた人をも美しくする栄養満点のサラダ。乾燥が気になるこの季節、ヨーグルトと果実で栄養をチャージして若々しい肌を保ちましょう。

 

【参考文献】
「ギリシャヨーグルト」(『デジタル版イミダス2018』集英社)

pagetop