ぽっこりお腹を解消したい! 溜まっているのはガス?

2017.01.26

ぽっこりお腹の原因は脂肪ではないかも?

ぽっこりしたお腹って、気になりますよね。洋服を着たときニットにラインが出たり、ジーンズの上に乗っかってしまったり。「お腹に肉がついてしまったから仕方ないか…」と思っている方! もしかしてそのぽっこりお腹、便秘やガスが原因かもしれません。

ぽっこりお腹を解消したいなら腸内環境を改善しよう

もし、体脂肪率は適正なのにお腹ばかり出ている、しばらくお通じがない、お腹が張るような感じがあるというような場合、そのぽっこりお腹の原因は、便秘やガスの可能性があります。そこで今回は、そんなぽっこりお腹の解消法をご紹介していきましょう。

腸マッサージをする

お腹がなんとなくスッキリしないというときには、腸マッサージがおすすめ。腸にはたくさんのリンパ節があり、実は、腸自体がむくんでいるという方もいるというのです。腸管では、便から水分を吸収していますが、水分排出が十分にできていないと、腸管がむくんでしまします。こうして腸がむくむと、腸の動きが悪くなり、エネルギー消費が衰え、太りやすくなってしまうのです。まずは、おへその周りに「の」の字を描くように、ぐるぐると優しくマッサージしてみましょう。寝る前に、ベッドの上でも簡単にできるので、お腹が暖まれば、寝つきも良くなって一石二鳥ですよ。

溜まっているガスを追い出そう

おならをするのは恥ずかしいと思われている方も多いと思いますが、我慢するのは良くありません。ガスが溜まっている場合ならなおさらです。そこでおすすめなのが、ヨガの「ガス抜きのポーズ」。横になってひざを抱え、息を吐きながら両腕でひざを胸の方に引き寄せましょう。ゆっくり呼吸すれば、お腹のハリが軽減できるはずですよ。行うタイミングとしては、お腹が張っているときや、便秘がちなとき。寝る前にベッドの上で行うとやりやすいですよ。

ガスを生む食べ物を控えよう

ぽっこりお腹が気になるときには、ガスが溜まりやすい食品は控えたほうが◎。とくに、食物繊維が多いというイメージから多く食べてしまいがちな、芋類、ごぼう、おから、玄米、レンコンなどは、不溶性食物繊維を多く含み、ガスを発生しやすい食べ物と言われています。フルーツや海藻類など水溶性食物繊維を増やして、腸の働きをサポートしてあげましょう。便秘が解消されると、ガスも減って苦しさも和らいできますよ。また、乳酸菌など腸内環境を整える食品を取り入れることも効果的です。ヨーグルト、味噌、納豆、キムチなどの発酵食品を取り入れて、ガスが発生しにくい腸内環境を目指しましょう。

空気を飲んでいるかも?

空気を飲み込みすぎて、胃腸や食道などに空気が溜まり、ゲップやガスなどの症状が出ることを呑気症と呼びます。食べるときに早食いで空気を飲み込んでしまっていたり、不安やストレスから普段から空気を飲み込む癖があったりすると、こういった症状が出ることがあるようです。普段から、おならやゲップがうっかり出てしまうというのであれば、もしかすると呑気症になっているのかもしれません。また、歯の噛みしめも原因のひとつ。ゆっくり食べるように心がけ、ストレスが溜まらないよう、深呼吸することを意識してみましょう。

ぽっこりお腹の原因になるガスを撃退しよう

ぽっこりお腹の原因はさまざまですが、便秘やガスも、原因として考えられることのひとつです。食生活やストレスについて見つめなおし、腸内環境を改善すれば、きっとぽっこりお腹も解消できるはずですよ。

【参考】
スキンケア大学「便秘女性は注意!腸がむくんでしまう「むくみ腸」とは?」
ヨガにおけるガス抜きのポーズの効果とは? ヨガプラス

pagetop