ビフィズス菌はどうやって腸内環境と便通を改善するの?

人間の大腸・小腸の中に存在する細菌の数は約100兆個、種類は1000種類、重量にして1〜2kgといわれており、種類ごとに集団を形成しながら腸内で生息しています。中でも、最も有名な菌の一つが、乳酸菌とともにおなかの調子を整える善玉菌として知られるビフィズス菌です。

では、ビフィズス菌はどのような仕組みで腸内環境を改善し、便通異常の解消に働きかけるのでしょうか?今回はビフィズス菌と便通異常の関係に迫ります。

ビフィズス菌は、悪玉菌の増殖を抑える有用菌の代表選手

ビフィズス菌はどうやって腸内環境と便通を改善するの?

腸内フローラ(腸内細菌叢)は、腸内環境を改善する「善玉菌」、増えすぎると腸内環境に悪影響をもたらす「悪玉菌」、 善玉菌と悪玉菌の優勢なほうに加担する「日和見菌」によって構成されています。「日和見菌」は、腸内環境が良好なときには特に作用せず、体が弱ったりすると腸内で人体に悪い影響を与える働きをするようになります。環境によって行いを変える細菌なので「日和見」なのですね。

ビフィズス菌は善玉菌の一種で、その多くがY字型をしていることから、分岐や二股を意味するラテン語「ビフィダス」と呼ばれ、日本では「ビフィズス菌」という名前が一般的に定着しています。

正確には「ビフィドバクテリウム(Bifidobacterium)属に属する菌」。「ビフィズス菌」と表現しているものは、「ビフィドバクテリウム属」のことを示します。さらにビフィズス菌には、ロンガム種などのさまざまな「菌種」あり、その下にもさまざまな「菌株」が存在し、それらすべてを「ビフィズス菌」と呼んでいます。

乳酸菌とならぶ腸内環境を改善する善玉菌として、腸内に存在するビフィズス菌が、なぜ腸内環境を改善するのか。それには「酸」が関係します。

ビフィズス菌が腸内環境を改善する仕組み

ビフィズス菌はどうやって腸内環境と便通を改善するの?

ビフィズス菌は腸内の悪玉菌や腐敗産物を減少させ、腸内環境やおなかの調子を整える役割を担っています。いったいどのような仕組みで 悪玉菌を減らしているのでしょうか。

ビフィズス菌は腸の中で、糖や食物繊維などを代謝し、酢酸や乳酸などの有機酸を産生します。酢酸や乳酸が増えると大腸の内部はpH値は5〜7の弱酸性に傾き、アルカリ性の環境を好む 悪玉菌の増殖が抑えられるため、善玉菌の数が相対的に増えるのです。そのため、腸内フローラの構成が変化し、腸内環境が改善されることにつながるのです。

また酢酸には、腸壁を刺激して大腸のぜん動運動を活発にすることにより、排便を促す働きもあります。ほかにも、腸のバリア機能に関係しているなどの報告もあります。

ビフィズス菌を摂るなら「継続」が大事

ビフィズス菌はどうやって腸内環境と便通を改善するの?

腸内フローラを構成する菌の種類や割合は人それぞれまったく違いますが、一般的に加齢によって腸内のビフィズス菌が減少し、善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れる傾向があります。そこで、日々減ってしまうビフィズス菌を食事から補うことで、腸内環境を改善できるのでしょうか。

しかし、ビフィズス菌が入った乳製品などの食品を食べたからといって、腸内にそのビフィズス菌がすぐに定着するわけではありません。しかし何日かは腸内に存在し、その間にもともと常在していたビフィズス菌の数は増えます。その作用により、より多くの乳酸や酢酸を産生してくれることにつながるのです。

ビフィズス菌は胃酸に対して弱いため、食品でビフィズス菌を摂取する場合は、胃酸の影響が小さくなる食後が適しています。またビフィズス菌で便通異常を解消するには、おなかの調子が悪くなったときだけではなく、コンスタントにビフィズス菌を摂取し続けることもポイントといえるでしょう。腸内に存在するビフィズス菌を増やすには、ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖を一緒に摂ることも大切です。

ビフィズス菌はどうやって腸内環境と便通を改善するの?

さらに、ビフィズス菌にはさまざまな種類があるとともに、人間の腸内フローラも千差万別です。あなたの体に合ったビフィズス菌を探すためにも、いろいろな種類の食品を続けて摂取して、体の変化を記録するといいでしょう。

ビフィズス菌は加齢だけでなく、偏った食事やストレスでも減少するといわれています。腸内環境を良好に保つためには、栄養バランスのとれた食事や規則正しい生活などを心がけることも大切です。市販品で上手に補いながら、毎日の快便を目指しましょう。

【参考文献】
「辞書で調べるとビフィズス菌は、・bifido bacteria ・bifidus bacteriumと記載されています。bifido, bifidusとは何ですか?」「ビフィズス菌がおなかの調子を整えるのはどうしてですか?」(腸内細菌学会 WEBサイト「よくある質問」)
「ビフィズス菌」(厚生労働省「e-ヘルスネット」)
安藤朗「腸内細菌の種類と定着:その隠された臓器としての機能」(『日本内科学会雑誌』104巻1号 2015年 日本内科学会)

pagetop