毎日3分でOK! モヤモヤするお腹の『便秘解消法』

2016.12.16

便秘のモヤモヤ感、なんとか解消したい!

便秘ってイヤですよね。なんとなくモヤモヤしてすっきりしない…。1日だって気になるのに、便秘がクセになると、いつしか数日出ていないなんてケースもしばしば。そこで今回は、そんなイヤ~な便秘のお腹の悩みを解消する方法について、ご紹介していきましょう。

便秘の解消法は「毎日3分」がポイント

便秘の解消のために、毎日3分ずつ便秘解消タイムを確保してみませんか? たった3分でも方法さえあっていれば十分、便秘がちな腸にアプローチが可能なのです。 難しいことは、なかなか継続しにくいもの。みなさんも毎日3分の習慣で、溜めこまない腸を育てていきましょう!

・便秘解消に効果的なツボをマッサージ

便秘改善に効果的と言われているツボには、「合谷(ごうこく)」「神門(しんもん)」「間使(かんし)」などがあります。

「合谷(ごうこく)」は、手の甲の、親指と人差し指の付け根の間あたりにあるツボを指します。見つけやすいツボで、反対側の手で親指と人差し指ではさむだけで指圧することができます。

「神門(しんもん)」は手首の付け根の小指側にあるツボを指します。手のひら側の小指からまっすぐ下りてきた線と手首の交差するあたりです。手首だと力を入れて指圧しにくいということであれば、ペンなどを使って刺激するのも良いでしょう。

「間使(かんし)」は、手首の内側にあるツボを指します。手首からちょうど指の長さ分くらい肘に向かったあたりになります。親指でグイグイっと押してみましょう。毎日3分のマッサージでお腹すっきり。トイレの中など、座りながらでも実践できますよ。

・プチエクササイズを続けてみよう

便秘の原因のひとつに、腸の動きが悪いことがあげられます。腸の動きに影響するのは、腸の近くにある筋肉です。毎日のプチエクササイズで、筋肉にアプローチしてゆきましょう。

腸のすぐ後ろの腰のあたりから足の付根にかけて「腸腰筋」という筋肉群があります。この筋肉を鍛えれば便秘にも◎。猫背にならないようにイスに座って背筋を伸ばし、足を片足ずつ持ち上げたりおろしたりしてみてください。3分とは言わず1分からでもOK! 簡単な動きでも腸腰筋を刺激することができますよ。毎日コツコツ続けて、頑固な便秘とサヨナラしましょう。

・毎日の食事を振り返ってみよう

夜寝る前に3分、今日の食事を見直してみませんか?
手帳やノートに今日の食事を書き出してチェックしてみましょう。まずは、野菜をしっかり摂れたかどうかを確認して、明日の食事メニューを考えてみましょう。便秘改善には、栄養バランスのとれた食事が欠かせません。まず基本は、野菜・果物・海藻・きのこなどを意識して摂取して、食物繊維を摂ることが大切です。

そして、欠かせないのが水分摂取。水は私たちの身体の約60%を占めており、私たちのあらゆる体の反応には、水が必要不可欠です。もちろん便秘改善にも水分が必須。食事内容を振り返りながら、水分摂取量もチェックしておきましょう。

便秘になりにくいライフスタイルを維持しよう

それぞれたった3分。まずはどれか一つからでも、「毎日3分」の便秘解消習慣を生活にとりいれてみませんか? 日々の習慣として続けてゆけば、苦痛にならずに実践できるはずですよ。みなさんもこれを機に、今日からはじめてみてはいかがでしょう?

【参考】
http://www.skincare-univ.com/article/002510/

pagetop