• TOP
  • 腸活How to
  • おなかがゆるい!そんな時!今すぐ押せる手や足裏のツボ

おなかがゆるい!そんな時!今すぐ押せる手や足裏のツボ

今すぐどうにかしたい、おなかのゆるみ、本当につらいですよね。大事なときにかぎって、急におなかが痛くなって苦労した経験は、多くの人があるものです。そんなときは、おなかの調子を整えるツボをうまく活用しましょう。

ツボ押しは腸にどう効く?

ツボを押すと自律神経が刺激されるといわれていますが、腸の場合は、押すことにより腸をコントロールしている脳がさまざまな情報を伝達し、おなかの調子を整えることが期待できます。

ただし押す前に知っておきたいのが、おなかの不調の理由は様々あるということです。

つまりツボ押しで一時的に症状がよくなったとしても、毎日の生活習慣の改善をおこなわなければ症状を繰り返す場合もあり、根本的な解決にはなりません。ツボ押しはあくまで補助的な手段と考えたほうがよさそうです。

ツポ押しのポイント!

ツボとは東洋医学から考えられたものですが、現在では部分によって体に大切な神経がはりめぐらされていることが知られています。それらの神経は、硬い骨に守られた体の奥のほうにあることが多いとされます。押すときは、骨のつけ根やくぼみから骨の内側に指をもぐらせるようにして、正しい位置を確認しましょう。

緊張で筋肉などが硬くなっているときはうまく押せないときもあります。そういう場合は、まずは筋肉をほぐすことを意識してから、ツボを押していきます。

ツボを押す際は、大きく息を吸って、細く吐きながら親指に力を入れて押していくとよいでしょう。押したら息を吐きながら5秒間キープします。その後は、ゆっくり指を離していきましょう。

おなかがゆるい時に押すツボはどこ?

とっさに押すだけで腸に働きかけ、即効性のあるツボを3つ紹介します。

・下痢点(げりてん)

下痢を抑える!今すぐ押せる手や足裏のツボ

手にあるので押しやすいツボです。「腹瀉点(ふくしゃてん)」とも呼ばれています。手の甲の中指と薬指の合流部にあたり、両指の骨を手首側にたどっていくと見つかります。
腸の活動を促す副交感神経の働きが弱まるので、腸の異常な活動や痛みを抑えてくれます。

・裏内庭(うらないてい)

下痢を抑える!今すぐ押せる手や足裏のツボ
足の裏にある、人差し指と中指の間の付け根のプクっとしたところで、人差し指寄りにあります。

「裏内庭」は、ストレスによるおなかのゆるさに即効性があるといわれています。他にも、エアコンによる冷えにも効果があるとされます。足裏の人差し指のつけ根のやや下、少し中指寄りに裏内庭はあります。時間がある場合は、お灸をして暖めてもいいそうです。

・梁丘(りょうきゅう)

下痢を抑える!今すぐ押せる手や足裏のツボ
大腿骨のやや外側、ひざから2.5センチくらい上にあります。

両ももの下あたりにあるツボで、脚を伸ばしたときにヒザ上に出ている溝のあたりに流丘はあります。座った状態なら、大腿骨からやや外側、ひざから2.5センチ上、骨に当たって止まる部分を探してください。
両手でこぶしをつくり、小指の横腹でツボを上下にこするようにしてみましょう。ストッキングや洋服の上からの方がすべりもあり、押しやすいかもしれません。
座りながらでもできるので、席を外せないときでも手軽に腸の働きを改善することができます。

ツボ押しに効果があるといっても、あくまで応急処置です。バランスのよい食事をとり、睡眠を十分にしてストレスをためないことを心がけ、腸の働きを整えるようにしましょう。

【参考】
健康用語の解説 蠕動運動
下痢に効く3つのツボ
下痢・胃痛・過敏性腸症候群に効くツボはこれ!
どうすればいい?ストレスによる下痢・腹痛の正しい予防法・対処法

pagetop