【薬剤師監修】夏バテによる軟便…漢方の力で解消しよう

pixta_8814520_M

夏本番。ジメジメとした梅雨が明け、さんさんと太陽の降り注ぐ季節を迎えました。焼けつくような日差しによる暑さを和らげるため、冷たいものを口にする機会も自然と増えます。しかし、この時期になると「何となくだるくて食欲がわかない…」「どうしてもおなかをこわしがち」など、ちょっとした体の不調に心当たりはありませんか?

いわゆる“夏バテ”といわれるような症状の悩みに応えるべく、漢方の考えから見た夏のおなかの不調と対策法を、一般社団法人女性の中医学普及会代表理事/漢方薬剤師の柳沢侑子さんにうかがいました。

夏の軟便は漢方から見るとどういう状態?

軟便は、夏バテに関連する典型的な症状の一つです。季節は身体に影響を及ぼす要因の1つで、夏場の「湿気」を含んだ暑さは胃腸を弱らせると考えられています。胃腸が弱り食べたものがきちんと吸収されずエネルギーにならないために、軟便だけでなく、疲労やだるさを生じる場合もあります。

胃腸が苦手とする湿気は、環境的な要因により外から体内に入ってくる「外湿(がいしつ)」と、胃腸の疲れや胃腸の弱さが原因で体内に生じる「内湿(ないしつ)」にわかれています。

日本の夏は湿気が多く蒸し暑いといわれていますが、外湿の影響で、日頃は胃腸が丈夫な体質の人でも消化機能が低下しやすくなります。元々、胃腸が弱く内湿が生じやすい体質の人は、いつもに増して気をつけなければいけない季節です。

夏バテによる軟便を防ぐには

季節の影響を避けるのはなかなか難しいですが、胃腸に優しい食習慣は気軽に実践できます。ポイントは、胃腸を丈夫にする習慣を取り入れ、負担となる習慣を控えることです。

1:朝起きたら1杯の白湯を飲む

起床後、朝一番にコップ1杯の白湯を飲めば胃腸が温まり活動しやすくなります。つい冷蔵庫から冷たい飲み物をだして飲みたくなりますが、レンジで温めるなどして飲むようにしましょう。

2:30回以上噛む

よく噛んでから飲み込むことで、食べ物は消化されやすくなり胃への負担が軽減されます。

3:おかゆ・スープを取り入れる

消化によく、胃腸にも負担をかけにくいおかゆやスープは薬膳の基本です。身体が目を覚まして間もないときに食べる朝食や、ボリュームあるランチを食べた日の夕食に取り入れてみるのもいいでしょう。

4:イモ類を食べる

かぼちゃ、さつまいも、じゃがいも、長いもなど、ほくほくした食感が楽しめるイモ類は胃腸にやさしいものばかりです。すりおろした長いもを温かい汁物や麺類に合わせるのもおすすめです。

どっちが胃腸にやさしい? 外出先での選び方

冷たいものは摂りすぎない、温かい栄養ある食材をよく噛んで食べる。よいとわかっていても、実践するのは難しいものですね。胃腸にやさしいレシピは多くありますが、実際に作るとなると時間がない人も少なくないはずです。

レストランやコンビニで食べ物・飲み物を買うときに参考となる、胃腸にやさしい選択例を紹介します。

image2

基本的に胃腸は生もの、脂っこいもの、冷たいものに弱いため、これらを極力避けることが大切です。健康や美容のためにサラダを選ぶ人がいますが、冷えやすい生野菜は胃腸の働きを弱めてしまいます。野菜は温野菜のサラダや煮物、スープなどから摂るようにしましょう。特に味噌は胃腸を温める作用があるため味噌汁はおすすめです。

暑い夏はどうしても冷たいものが飲みたくなるかも知れません。その場合は、氷なしで注文したり、口の中で常温に戻しながら、ゆっくり少しずつ喉を潤してください。

カフェやオフイスで気軽に飲めるものでのおすすめは紅茶です。お茶にも体を温めたり冷ましたりと特徴があるのですが、紅茶には体を温める性質があります。この紅茶に、体を温めるシナモンなどスパイスが入ったチャイティーは、冷えた胃腸におすすめできます。

軟便は、夏バテに関連する症状の一種で、体の外側と内側からの湿気によって胃腸が弱り、消化機能が低下することによって起こります。胃腸を丈夫にするものを摂り、負担となる習慣を控えることによって防ぎ緩和することができます。

胃腸の状態が健康だと甘いものを無性に欲する感覚もおさまってきます。冷たいものや甘いものを摂取するのが日常的になっている人は、まずは週に2回まで、など回数を減らしていくことから始めてみれば負担もやわらぐはずです。
ただ、上記の方法を試しても改善されない場合や、水様便など下痢症状が続いている場合はきちんと医療機関を受診しましょう。

【取材協力・監修】
09_柳沢先生_161×161

柳沢侑子(やなぎさわ ゆうこ)氏。
一般社団法人 女性の中医学普及会・代表理事/薬剤師

外資系製薬会社に勤務していたときに体調を崩したことがきっかけで、漢方、サプリメント、アロマなど代替医療に興味をもつ。その後中医学(中国伝統医学)に出会い、本格的に中医学・漢方・薬膳の勉強を開始。日本で中医学を普及させた第一人者の先生や本場の中医師から中医学を学び、また、中国北京での研修を経て2011年に国際中医専門員を取得。年間1万人以上が訪れる中医学のパイオニアである漢方薬局で年間延べ1000人以上のカウンセリングを実施、2016年4月に独立。現在はカウンセリング以外にも講演会等、家庭でできる漢方・薬膳の知恵を伝えている。

一般社団法人 女性の中医学普及会:http://women-tcm.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pixta_8814520_M

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事