【健康英会話】おなかが痛い! とっさの腹痛は英語でなんて言う?

pixta_17129058_M

突然襲ってくるおなかの痛み。日本にいれば、痛みの種類や強さ、痛む部位など、不調を詳しく説明できます。しかし、海外にいるときに腹痛が起きたら、英語で症状を伝えなければいけないかもしれません。

英語ができず、いざというときに相手に症状を伝えられないと困ります。旅行先などでとっさの腹痛に見舞われたとき、英語ではどう言えばよいのか。英会話教室「START-UP ENGLISH」八重洲校のアイセル先生に教えてもらいました。

「おなかが痛い」を英語で何というの?

「おなかが痛い」は、英語で「I have a stomachache.」といいます。この文章で腹痛にあたる単語は「stomachache」。そのまま和訳すると「胃痛」という意味になりますが、英語での腹痛には一般的にこの表現が使われています。

腹痛とはいっても、人によって痛みの程度や頻度も異なります。以下の例文もまるごと覚えておけば、いざというときに役立ちます。

・「急におなかが痛くなってきた」(※おもに下腹部の痛みを表す場合)
I have sudden abdominal pain.
・「激しい痛みの腹痛です」
I have severe abdominal pain.
・「ずっとおなかが痛い」
I have been having this abdominal pain.
・「胃がキリキリする」
I have sharp stomach pain.
・「おなかが急に痛くなったり一時的に痛みが引いたりを繰り返しています」
I have intermittent abdominal pain.
・「おなかが張っています」(※おなか全体の痛みにも使える表現)
My stomach feels bloated.

英語で覚える!おなかの部位と不調一覧

「stomachache」のほかに、英語で痛みを表す「pain」を使った表現もあります。「腹部を表す単語+pain」を使えばおなかまわりの痛みを表現することができ、単語の組み合わせにより、腹痛をより細かく表現できます。
そこで、おなかに関連した言葉をアイセル先生に挙げてもらいました。

<部位>

胃:stomach
腸:intestines
下腹部:abdomen
おへそ:belly button
盲腸:appendix
子宮:uterus

なお、英語には「脇腹」に当てはまる言葉はないため、脇腹が痛いというときは、指を差したりさすったりして、ボディランゲージで伝えるのがよいそうです。日本の子どもたちが使うような「ぽんぽん」にあたる表現は、英語で「tummy」といいます。

腹痛の原因として考えられる理由や腹痛以外の症状がある場合、下記のような表現を使えば、体の状態をより細かく伝えることができます。

<不調>

便秘:constipation
下痢:diarrhea
生理痛:menstrual cramps
食べ過ぎ:ate too much
おなかがとても減っている:too hungry
陣痛:labor pain

また、痛みの種類を示す表現もあります。たとえば、日本語の「キリキリ」という表現は「sharp pain」、鈍い痛みは「dull pain」、ずっしりと重たい痛みは「severe dull pain」となります。

英語で体調不良を伝える際のコツと注意点

おなかの痛みを抱えながら、不慣れな英語で症状を伝えるのはなかなか難しいものです。しかし、コツや注意点を押さえておけば「ネイティブスピーカーでなくても、自分の体の状態を伝えることができる」とアイセル先生は教えてくれました。

ポイントになるのは「文章で説明しようとせずに、まずは単語でしっかりと自分の症状を伝えること」です。きちんとした英文にこだわろうとすると、それだけで混乱を起こし、上手に伝えられなくなる場合もあるからです。

また、誤解を招かないために「痛いところを指し示すなどして、ボディーランゲージを取り入れる」というのも大切です。単語がうまく伝わらなかったり、とっさに単語が出てこなかったりしたとき、痛い部分を指して表現すれば、それだけでも伝わりやすくなります。

指差し行為と「pain(痛み)」、これだけで最低限のことは伝わるので、覚えておくと便利です。

日本とは異なる土地で病院へかかるときのポイント

アイセル先生によれば、海外の医療機関では、痛みの程度を「1〜10の間でどのくらいですか?」と尋ねられることが多いそうです。また、痛みがどのくらい続いているのかと時間を聞かれることもあるため、数字をハッキリと伝えるのも大切なことだといいます。

薬を常用している場合は、飲み合わせにも注意が必要です。こちらも現地のドクターに必ず聞かれるので、海外にも「お薬手帳」を持っていくことや、万が一忘れたときのために、薬の種類や1回あたりの容量などを書きとめておき、きちんと把握しておくことも大切です。

その際、日本でもらった薬の名前を翻訳しておくことも忘れないようにしましょう。日本名では通じないこともあるため、あらかじめ英語の名称をお薬手帳などに書き込んでおけば安心です。

海外旅行をするとき、急な体調不良は本当に不安です。でも、きちんと英語を覚えておけば、それだけ正しく症状を伝えることができます。早期の体調回復にも役立つので、いざというときのために英語で覚えてみてはいかがでしょうか。

【取材協力】
image2

START-UP ENGLISH八重洲校/アイセル先生
フィリピンにて看護大学を卒業後、看護婦から英語講師に転身。英語メディカル用語のプロ講師。
START-UP ENGLISH:https://su-e.asia/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pixta_17129058_M

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事