腸内フローラって何? 今さら聞けない腸の構造と健康の話

woman with colorectal cancer concept on the blue backgorund

最近、テレビや雑誌などで「腸内環境を整えることが健康につながる」という話題をよく目にします。「腸内フローラ」という言葉も注目を集めていますが、そもそも腸がどのような働きをしているか、きちんと説明できる人は少ないかもしれません。

腸内フローラとはいったいどういう意味なのか、また腸の構造と健康とのかかわりについて、詳しく見ていきましょう。

腸内環境の「腸」って、どこからどこまで?

ヒトの消化器官は、口から肛門まで1本の管でつながっています。口から摂取したものは胃液や胆汁などによって分解され、腸で栄養素や水分が吸収されます。

腸は小腸と大腸にわけられます。小腸は、胃で消化された食べ物をさらに分解し、栄養素を吸収する働きがあります。また小腸の長さは約6メートルと、からだの中で最も長い臓器です。

一方、大腸の長さは約1.5メートルで、盲腸・結腸・直腸に分けられます。大腸には、小腸で消化・吸収されなかった栄養分の残りから水分を吸収し、便を作る機能があります。作られた便はS状結腸にたまり、直腸を通過して排泄されます。

つまり腸は、人間にとって必要不可欠な水分と栄養素を取り入れるための重要な器官なのです。

よく聞く「腸内フローラ」って、どういう意味?

ヒトの腸内には500~1,000種類の細菌が約100兆個棲みついていると考えられています。それらの細菌によって構築された複雑な生態系が、腸内フローラです。フローラとは、日本語で「お花畑」を意味します。腸内環境を顕微鏡で観察した際、まるで草花が生い茂っているように見えることから命名されたといわれています。

腸内フローラを構成する腸内細菌は、有用菌・有害菌・日和見菌の3つにわけられます。

・有用菌……消化吸収を助け、病気に対する抵抗力をつける働きをする。代表的なものとしてビフィズス菌、アシドフィルス菌、ガセリ菌など。

・有害菌……炎症を起こしたり、発がん性のある物質を作ったりする。代表的なものとしてウェルシュ菌、ブドウ球菌など。

・日和見菌……通常時はとくに害はない。ただし体調の変化やストレスなどによって有害菌が増えると、悪い作用を及ぼすことがある。

理想的なバランスは、「有用菌:有害菌:日和見菌=2:1:7」の比率であるとされています。しかし、腸内フローラは生活習慣や加齢、ストレスなどによって影響を受けるため、随時変化してしまうのです。

「おなかが健康である」って、どういう状態?

おなかが健康な状態とは、腸内細菌のバランスが整っているだけでなく、腸のぜんどう運動にも関わる自律神経が整い、排泄がスッキリおこなわれることを指します。
自律神経は交感神経と副交感神経という2つの神経がバランスよく働くことで調和が保たれています。しかし自律神経が乱れると、その支配下にある腸の動きも乱れ、下痢や便秘などのトラブルも起きやすくなるのです。

一般的に3日以上便が出ないときは便秘と考えられますが、もし毎日排便があったとしてもあまり満足できなかったり、すっきりした感じがなかったりする場合も便秘の可能性があるので、注意が必要です。

また血便や腹痛がある場合は、腸の病気も考えられます。気になる症状があらわれたときは、早めに病院へ行って診察を受けましょう。

おなかの調子を整える食生活とは?

腸内環境を整えるために、食事の見直しは重要です。たとえば、肉食をメインにした食生活を続けていると、胃腸で消化しきれない動物性脂肪が有害菌のエサとなり、腸内環境を悪化させる原因にもなります。

おなかの調子をよくするためには、
・ぬか漬け、味噌、納豆などの発酵食品
・野菜やキノコ類、海藻類などの食物繊維が豊富に含まれた食品
を摂ることを心がけるといいでしょう。

発酵食品には乳酸菌が含まれています。摂取することで、腸内に「有用菌を増やすことができます。食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。水溶性食物繊維は、水に溶けてゲル状になり、腸内で便をやわらかくします。不溶性食物繊維は水分を吸収して大きく膨らみ、便のカサを増して腸のぜん動運動をうながす働きがあります。

ただし、おなかを下しているときには、刺激の強い不溶性食物繊維は避けたほうがいいそう。一方、腸の働きを整える水溶性食物繊維は摂取してもOKです。

腸内環境は食事だけでなくストレスや生活習慣によって変化します。逆にいえば、食事や生活習慣を見直せば、腸内環境を改善することができるのです。

ふだんあまり意識しない腸の機能や働きを知った上で、発酵食品や食物繊維などを意識的に取り入れ、毎日の健康を目指しましょう。

【参考】
森下仁丹「腸内フローラ最前線」
https://www.jintan.co.jp/special/flora/
辨野義己『整腸力 医者・薬いらずの体をつくる腸内改革』(かんき出版)
『図解入門よくわかる解剖学の基本としくみ』(秀和システム)
国立がん研究センター「下痢・便秘がある方のお食事」
https://www.ncc.go.jp/jp/ncce/division/nutrition_management/info/seminar/recipe/recipe206.pdf

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
woman with colorectal cancer concept on the blue backgorund

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事