ニオイや頻度をコントロールして「おなら」と上手く付き合う方法とは?

pixta_31751272_M

おならは、食べ物や飲み物を摂取するときに一緒に飲み込んだ空気や、腸内細菌が食べ物を分解したときに発生するガスです。おならの主な成分は、窒素、水素、酸素、炭酸ガスなどであるため、本来ほとんど臭うことはないものです。しかし、腸内細菌のバランスが崩れるとガスが発生しやすくなり、臭うおならが出るようになることがわかっています。

今回は、誰でも必ず出る「おなら」のニオイや頻度をコントロールしてうまく付き合っていく方法をご紹介します。

おならが臭うのは腸内の有害菌が増えているから

腸の中には有用菌と有害菌が存在していますが、このバランスが崩れるとおならが出やすくなるといわれています。たんぱく質や脂質をエサとする有害菌が増えると発生する「インドール」や「スカトール」といったガスがニオイの原因です。

肉類中心の食生活の人は、高脂肪、高たんぱく質の食事が続くため、有害菌が増えやすくなっています。臭うおならが多い人は、まず食生活を見直すことが大切です。

便秘もまたおならが臭う原因のひとつ。便秘になると、便の成分が腐敗するため、有害菌が増えてしまいます。そのため、有害物質が多く発生して臭うおならの原因となり、回数も増えて頻繁に出るようになります。

また、ストレスが多いことも、活性酸素が発生して消化吸収力が弱まり、有害菌が増える原因となります。

腸内環境を整えてガスの量を減らそう!

おならをの回数をコントロールするには、まずは腸の中の有害菌を減らしてガスの量も減らすことが重要です。そのために、有用菌を増やして腸内細菌のバランスを整えましょう。

ブロッコリー、カリフラワーなどの野菜類、海藻類、きのこ類、果物類など有用菌のエサとなる食物繊維を豊富に含む食材を積極的に食事に取り入れましょう。

また、早食いをしたり炭酸ガス入りの飲料を飲み過ぎたりすると、空気をたくさん飲み込んでガスを増やしてしまうことになります。ゆっくりよく噛んで食事を取るように心がけましょう。

バランスのよい食生活や食事の仕方を見直すことで、おならの回数や臭うおならは自然と減っていくはずです。

肛門括約筋を鍛えて不意のおならを防ごう!

運動不足が原因で肛門括約筋(こうもんかつやくきん)が衰えてくることも、おならの出るタイミングをコントロールしにくくさせる一因になります。

通常、直腸に便がたまって腸の壁が押されると、脳は「便が出るのを抑えろ」と指令を出します。これは直腸肛門反射と呼ばれ、腸に便やおならがたまっても、肛門を広げたり締めたりする肛門括約筋を働かせて不意に出るのを食い止めているのです。

しかし、その肛門括約筋が衰えると、不意に出るおならを食い止めることが難しくなってきます。また、60代後半ごろからは、加齢によっても直腸肛門反射が伝わりにくくなます。

一度衰えた直腸肛門反射を元に戻すことはできませんが、肛門括約筋を鍛えることで不意に出るおならを防ぐことができます。おすすめは、軽いスクワット運動です。10回×3セット毎日繰り返しましょう。また、毎日20分程度のウォーキングを合わせて行うことで、多くの場合改善されます。

不意に出るおならは、食習慣の見直しでガスの量を減らしたり、肛門括約筋を鍛えたりすることでコントロールできます。腸は神経細胞や免疫細胞が集まっている大切な器官です。生活習慣の乱れやストレスの影響が出ますので、よく休むなどストレス解消も心がけるようにしましょう。

おならを過剰に我慢して体内にガスをため過ぎるのはよくありません。今回ご紹介した対策法を参考にして、おならをコントロールして快適に過ごしましょう。

【参考】
おならは腸内環境のバロメーター|日経スタイルhttps://style.nikkei.com/article/DGXDZO08295530Y0A520C1MZ4000?channel=DF140920160921&style=1
おならがたくさん出て困る・・原因は腸内バランス|日経ウーマン
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO76946720R10C14A9000000?channel=DF260120166503
おならをコントロールするには|毎日新聞
https://mainichi.jp/premier/health/articles/20140727/med/00m/010/999000c

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pixta_31751272_M

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事