今すぐチェック! 水に浮くうんちと沈むうんち、健康面で違いはあるの?

pixta_14260312_M

排便後にうんちをチェックしたら、トイレの水にうんちがプカプカと浮いていた。また別の日にチェックしたら、うんちが今度は便器の底に沈んでいたなど、日によってうんちの違いが気になった経験はありませんか? 

うんちは健康をはかるバロメーターともいえる存在ですが、水に浮くうんちと沈むうんちには、どのような違いがあるのでしょうか。

今回は、うんちの成分とともに水に浮く原因について見ていきましょう。

うんちを作り上げているものとは

「うんちは食べ物が消化されて残った食べかすでできている」と認識されることもありますが、正しくは70〜80%が水分でできています。残りの20%のうち1/3が食べかすで、1/3が腸内細菌、残りが古くなってはがれた腸の内層を形成する腸粘膜です。

ただし、これはあくまでも快便を意味する“いいうんち”の場合です。水分量が70〜80%よりも多いと下痢気味に、少ないとカチカチの便秘になりやすいうんちになります。

快便の印? うんちが水に浮く原因

食事や生活スタイル、体調によってうんちの形や色も変わります。そのなかで“いいうんち”として挙げられる条件は、下記のとおりです。

・黄色または黄褐色
・バナナのような形
・適度なやわらかさがある
・いきまずスルリと出る
・臭いがきつくない
・水に浮く

つまり、水に浮くことも“いいうんち”の条件の一つと考えられているのです。うんちが水に浮く原因として、便に含まれるガスの量が多いことが挙げられます。

ゴボウやサツマイモなどに含まれる不溶性食物繊維は便のかさを増やして排便をうながす働きをしますが、多く摂ると、腸の中の空気やガスを抱え込んで水に浮く傾向があります。

もちろん個人の体質も関係しますが、直前の食事内容によって、うんちが水に浮くか浮かないかは大きく変わってくるようです。

一方、食物繊維が少なく肉や魚などのタンパク質の多い食事をすると、うんちの密度が大きくなり、水に沈む傾向が強くなります。日頃からうんちが水に沈みやすい方は、タンパク質を控えて不溶性食物繊維を意識的に摂取するなど、食事内容を見直してみましょう。

こんな“浮くうんち”には気をつけよう

同じ浮くうんちでも、目で見てわかるほど油っぽくつやがある場合は、消化吸収がうまくできていない可能性もあります。栄養バランスや生活スタイルを見直し、体調を整える生活に切り替えるといいでしょう。それでも改善しない場合は、医療機関を受診するのも一案です。

そのときどきの体調や食べたものによって、色や形、水に浮く・浮かないなど、うんちの状態も変化します。排便後のうんちチェックを習慣づけて、体調管理に役立ててみてはいかがでしょうか。


【参考】
『おなかの調子がよくなる本』(KKベストセラーズ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pixta_14260312_M

この記事が気に入ったら
いいね!しよう