おなかを温めて便秘改善! 手軽にできる温め方と効果的な“温めスポット”3カ所

pixta_25595088_M

便秘は、ストレスや食生活、生活習慣や月経などさまざまな要因が重なり合って引き起こされるといわれています。厚生労働省の「平成28年国民生活基礎調査の概況」によると、便秘の症状を訴える女性は、男性の約2倍にも及びます。

「毎日決まった時間帯に排便があるのが理想だけど、なかなかうまくいかない……」と頭を悩ませる人も少なくないでしょう。

その問題、おなかを温めることで改善できるかもしれません。具体的な温め方や、便秘に効果的な“温めスポット”を紹介します。

おなかを温めて便秘の解消を目指そう

便秘を解消するために運動や食事などの生活習慣を見直すことは大切ですが、これまでの習慣を変えていくことは根気がいるものです。

そこで取り入れやすい習慣として注目されているのが、おなかを温めること。医療の現場では、入院患者の便秘解消のために看護師がおこなってきた療法で、「温罨法(おんあんぽう)」と呼ばれています。腰やおなかの部分の皮膚に温熱刺激を与えることで腸管の運動を助け、便秘の解消を促す効果があります。

効果的なおなかの温め方

病院でおこなわれる温罨法は、大きくわけてふたつあります。ひとつは60℃で10分間温める方法。もうひとつは、40℃で5時間温める方法です。
それぞれ得られる効果が微妙に違っており、以下のような結果が報告されています。

1.60℃で10分間温める方法(60℃の湯で絞った熱布を使用)

排便の回数が増加し、下剤の使用回数が減ったという報告があります。

2.40℃で5時間温める方法(薬局などで簡単に購入できる温熱シートを使用)

排便のない日数が減少し、便秘の自覚症状がなくなったとのことです。

なお、温罨法を何日間継続すると効果が高いのか、決まった時間に温めると有効なのかといった細かい部分に関しては、まだまだ研究の余地があるそうです。しかし、温めることに関しての有効性はかなり証明されてきているので、試してみる価値はあるといえるのではないでしょうか。

自分でおこなうなら使い捨てカイロや温熱シートが便利!

生活に取り入れやすく適切な温度でおなかを温めてくれるアイテムが、使い捨てカイロや温熱シートです。市販の使い捨てカイロは平均温度52~53℃が16~20時間持続します。温熱シートの場合は、約40℃が5~8時間ほど続くのが一般的です。

カイロは手軽に利用できる反面、使い方を間違えると低温やけどのリスクもあります。長時間同じ場所に貼り続けることや睡眠時に貼ったままにすることは避けた方がいいでしょう。また、皮膚に直接貼るのもNGです。必ず衣類の上から貼り、貼らないタイプのものはタオルで包むなどして、温熱刺激を調節しましょう。

広範囲を温めたい場合は、湯たんぽやペットボトルを活用したり、シャワーやドライヤーを当てたりするのもいいでしょう。ペットボトルにお湯を入れておなかまわりをコロコロ転がせば、熱と同時に力による刺激も与えられます。

温めるべき3つのスポットと効果

おなかを温めることが便秘解消につながるとはいえ、ただ温めるだけでは効果が薄くなってしまいます。以下の部分を温めることを意識しましょう。

1.仙骨(せんこつ)

仙骨とは、骨盤の中央に位置する逆三角形状の骨で、骨盤の中にある生殖器を守る働きをしています。仙骨の近くには自律神経が通っているため、温めることによって副交感神経が刺激され血流がよくなるといわれています。

また、筋肉や脂肪が少ない仙骨は外からの熱が伝わりやすいため、温熱刺激を与えることで腸管の運動を活発にし、便秘改善を促します。

2.丹田(たんでん)

おへそから指4本分下にあるツボが丹田です。東洋医学では気力が集まるところともいわれ、生理痛などの女性特有の症状にも効果的とされています。

内臓でいうと腸がある位置であり、温めることによって腸の運動が活発になります。すると代謝が高まり、エネルギーの消費量が増加するのでダイエットの助けになるといったうれしい効果もあります。寒い時期の冷えにも効果があるそうです。

3.大巨(だいこ)

慢性の便秘にも急性の便秘にも効くといわれているのが大巨(だいこ)というツボです。おへそから指3本分外側に進み、さらにそこから指2本分下に進んだ左右対称の2カ所に存在します。

大巨を温めることによって腸のぜん動運動が活発になり、便が直腸のほうに押し出されることから便秘改善につながります。ただし、大腸に影響のあるツボのため、温めすぎると腸内の水分が失われて便がコロコロになることも。便秘を解消するつもりが、かえって悪化させてしまう可能性もあるので注意が必要です。

おなかを温めると、腸のぜん動運動を活発化させるだけでなく、血流をよくしたり自律神経の機能を向上させたりする効果も期待できます。おなかから全身の循環を整えて、スッキリ軽い身体で過ごしましょう。


【参考】
介護ポストセブン「仙骨ってどこ?「なんとなく不調」に効果アリの仙骨温め」
https://kaigo.news-postseven.com/6690
HUFFPOST「腰を温めて便秘を解消する際に、最適な温度とは?【私達を支える看護学3】」
http://www.huffingtonpost.jp/mlabo/constipation_b_5971938.html
AERA dot.「使い捨てカイロの貼る場所を知って、効果的にカラダを温めよう」
https://dot.asahi.com/tenkijp/suppl/2016112500174.html?page=1
せんねん灸「とっておきの13のツボ 関元(かんげん)」
https://www.sennenq.co.jp/knowledge/tubo13.html
『温めるだけで体の不調がみるみる治る 温ツボ健康法』(マガジンハウス、福辻鋭記)
『家庭の医学』(主婦の友社)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pixta_25595088_M

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事