日本人の腸内細菌は“ちょー優秀”! 子どもへの調査でわかった食生活と腸内環境の関係

pixta_529403_M

あなたは自分の腸内環境や腸内細菌バランスに自信が持てているでしょうか。
腸内には100兆個もの腸内細菌が生息しており、有用菌と有害菌、日和見菌の3種類の菌たちが、協調・競合しながら「腸内フローラ」と呼ばれる生態系コミュニティを作っています。

この腸内フローラは人によって異なります。ある調査によると、日本の子どもの腸内には、他のアジア圏の国の子どもに比べてビフィズス菌が多いという結果が得られたそうです。
“ちょー優秀”な日本人の腸内環境は、一体海外とどのような違いがあるのでしょう。

アジア圏内の子どもたちの腸内環境を調査

腸内細菌の種類や量に個人差が出る理由は、日々の生活環境や健康状態、遺伝的要因などが挙げられますが、住んでいる国によっても異なるようです。

九州大学大学院農学研究院の中山二郎准教授、ヤクルト中央研究所の渡辺幸一博士らの研究グループは、アジア(中国、日本、台湾、タイ、インドネシアの5か国)に住む子どもたちを対象に腸内フローラを調査しました。その結果、アジアの子どもの腸内環境は大きく2つのタイプに分けられることが判明したそうです。

1つは、日本、中国、台湾の子どもに多い「BBタイプ」。ビフィズス菌とバクテロイデス属細菌が主体となっています。もう1つはインドネシアとタイの東北部にあるコンケンに多い、プレボテラ属細菌を主体とする「Pタイプ」です。プレボテラ属細菌は食物繊維の分解酵素が強く、難消化性でんぷんや食物繊維の多い東南アジアの食文化がPタイプの要因となっていると考えられます。

食生活と腸内環境は密接に関係している

バクテロイデス属細菌は、肉食中心の食生活で多くなるとされています。一方、プレボテラ属細菌は、炭水化物を多めに、かつ動物性タンパク質を少なめに摂取していると多くなる傾向があるようです。

今回の調査は、日常の生活で外国文化の影響が少ないと考えられる7〜10歳の子どもを対象に行いました。

日本、中国、台湾の子どもには「バクテロイデス属細菌」が多く、インドネシアやタイの東北部の子どもには「プレボテラ属細菌」が多いという結果から、各国の食生活が腸内環境に影響していることがわかります。

食生活と腸内細菌の種類には密接な関係があるといえるでしょう。

日本人は他国に比べてビフィズス菌が多い?

この調査では、日本の子どもの腸内フローラが特徴的であることもわかりました。他国に比べてビフィズス菌が多く、逆に大腸菌などの有害菌が少ないのです。
また検出される細菌の種類が少なく、個人差も少ないことが分かりました。日本特有の食生活や生活習慣が腸内フローラに関係していると考えられます。

しかし、現代の日本では子どものアレルギーが多く、感染症にかかりやすいともいわれており、免疫系の観点からみると必ずしもよい状況とはいえないとのこと。この日本人特有の腸内環境が健康にどのような影響を与えているのかは、まだまだ研究が必要です。

各国の食生活や生活習慣の違いによって、腸内環境がどのように変化するのかがわかれば、より良い健康へのアプローチにつながるかもしれません。さらなる調査・研究に期待しましょう。


【参考】
アジアの子どもの腸内細菌叢に2つのタイプがあることを発見/九州大学
https://www.kyushu-u.ac.jp/f/6114/2015_02_24.pdf

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pixta_529403_M

この記事が気に入ったら
いいね!しよう