《薬剤師監修》腸に穴が開く!? リーキーガット症候群とは

pixta_9425405_M

近年は、ダイエットや食事療法を何かしら取り入れて、体の自己管理をされる方が増えてきています。
現代人が悩まされることの多い体の不調には、肩こりや腰痛、頭痛、めまい、だるさなどさまざまなものがありますが、考えられる原因をあれこれ対策しても、なかなか良くならずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。もしかしたらその不調の原因は、「腸の穴」にあるかもしれません。

今回は、腸に穴が開くことで体にさまざまな不調を及ぼす「リーキーガット症候群」についてお伝えします。

リーキーガット症候群とは?

リーキーガット症候群(正式名称「腸管壁浸漏症候群」)とは、何かしらの原因で腸の粘膜に穴が開いてしまい、腸の外へ排泄したウイルスや細菌などの有害物質が粘膜の穴を通して戻ってしまう状態をいいます。

転んだりしてできた傷口が開いたまま、泥水の中に傷口を入れているようなイメージです。正常な腸であれば、必要な栄養素は腸の粘膜を通り抜け、不要なものは外に出し、有害なものは取り込まないような仕組みができています。それが腸の穴があることで、自由にいったりきたりできてしまうのです。

リーキーガット症候群により体内に取り込まれてしまう「有害物質」には、ウイルスや細菌のほか、水銀などの有害重金属、有害化学物質、農薬、添加物、未消化の食べ物、腸内微生物が産生する毒素、長期の医薬品使用などが考えられます。

本来であれば体に取り込まないように仕分けされるはずのこれら有害物質が、腸の傷の穴によって無防備に体に取り込んでしまうことになるのです。
これが、体にさまざまな不調を及ぼす原因ともつながることが分かってきました。

リーキーガット症候群の症状、原因とは

リーキーガット症候群によって引き起こされる症状は肩こり、腰痛、頭痛、吐き気、めまい、生理痛、体のだるさ、アレルギー、肌荒れなどさまざまですが、特に未消化の食べ物が引き金となってアレルギーを発症してしまう人が非常に多くいます。また、低血糖症や糖尿病なども発症しやすくなるといいます。

リーキーガット症候群の原因となる「腸に穴があく」という現象は、主に腸内環境が荒れて腸の粘膜が炎症を起こすことで起こると考えられています。
腸内環境が乱れて腸の炎症が起きてしまう原因には、食べ物の未消化物、有害菌の増殖、食品添加物、農薬、大気汚染物質、砂糖、医薬品、ストレスなどが考えられます。これらは、長期間体内で蓄積されることで少しずつ腸の粘膜に傷ができるようになります。

そして、腸内環境も含めた胃腸の消化と吸収の流れが上手くいかなくなることでリーキーガット症候群の症状が起きやすくなるのです。

食事で改善する方法

リーキーガット症候群を防ぐために、私たちが日々の生活で気を付けておいた方がいいことはいったいどんなことなのでしょうか。以下にその方法をご紹介します。

・原因となりそうな物質を減らす

加工食品などを購入するときは、成分表示を見て添加物が多く含まれているものを避けるようにしましょう。農薬もリーキーガット症候群を悪化させますので、少し高価にはなりますが有機・無農薬・減農薬の野菜や果物を選ぶ習慣をつけましょう。

・未消化たんぱくを減らす

未消化たんぱくとして挙げやすい小麦の「グルテン」、乳製品の「カゼイン」、豆乳のような未発酵の大豆製品に含まれる「サポニン」「レクチン」を減らすようにしましょう。特に小麦は、もちもちした食感を出すためにグルテンの配合を増やして品種改良されたものが日本では9割以上を占めています。古代小麦と呼ばれる純正種であれば、グルテンの配合量が少なくフランスパンのような食感になります。グルテン配合量を意識して摂取するようにしましょう。

・たまには胃腸を休める

胃腸に負担をかける食材を避けることも大事ですが、「ファスティング」による短期間の断食で胃腸を休めることも効果があります。午前中にスムージーやコールドプレスジュース、甘酒のような消化に負担がかからないもの摂取したり、7日間のファスティングプログラムを2〜3カ月に1回取り入れたりするのも良いでしょう。

私たちのなかなか改善しないで悩んでいる不調の原因は、実は腸に穴が開いている「リーキーガット症候群」によるものかもしれません。今日から毎日の生活に取り入れられそうなことを試してみて、まずは3週間様子を見てみましょう。


【参考】
リーキーガット症候群(腸漏れ症候群)の食事治療は消化を上げる工夫が必要|慢性疾患本当の原因
http://rootcause.jp/physhosis/environment/lgsfood

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pixta_9425405_M

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事