カラフルな料理で楽しくおいしく乳酸菌を摂れる! 「醗酵」をテーマにしたレストランへ行ってみた

トップ写真

味噌や醤油、ぬか漬けなど、和食とは縁の深い発酵食品。乳酸菌を豊富に含み、腸内環境を整えるうえでも欠かせない食材です。そんな「醗酵」をテーマに和食の魅力を伝えてくれるレストラン「Hacco’s Table(ハッコーズテーブル)」が、2017年10月に浅草にオープンしました。ブランドプロデューサーの石島誉士さんに、お店オープンのきっかけやおすすめの料理などについてお話をうかがいました。

自身の体験からお店をオープン

発酵食の提供を通じて、腸内細菌を活性化し、腸内環境を整えて健康に生きることを伝えていくHacco’s Table。オープンのきっかけのひとつは、石島さん自身の体験によるものだそうです。

「私はもともとアレルギー体質で、アトピーに悩まされていました。しかし、ヨーグルトの乳酸菌を取り入れるなど食生活を見直すことで、8年かけて体質改善をしました。その経験から、今の若い人たちにも発酵食品のよさを知ってもらえたらと思い、お店をオープンしました」

メニュー監修などのアドバイザーには、腸内フローラ研究の第一人者で東京医科歯科大学名誉教授の藤田紘一郎氏を迎えています。

「腸内細菌に関する藤田先生の著書を読んで、直接アプローチしました。先生のアドバイスに従って、お店ではまず野菜を食べてもらってから、好きなものを食べてもらうようにおすすめしています」

写真1
▲店内は、明るくシンプルでとてもおしゃれな雰囲気!

厳選された醗酵食材によるおいしい料理を提供

お店では、全国から厳選したみそや醤油麹、魚汁(いしる)に加え、自家製の甘酒やぬか床など、和食に欠かせない発酵食品を使っています。

「隠し味に使っている魚汁を石川県の蔵元さんから直接仕入れたり、乾燥麹から生の麹に変えたり、素材を吟味して、よりいいものを仕入れるようにしています」

また、甘酒ににんにくを加えてドレッシングに使ったり、魚汁をバーニャカウダのソースに使ったりと、和食にこだわらないオリジナルメニューを展開しています。

「カジュアルな割烹というスタイルで、若い人たちにも楽しんでもらおうと思っています。若い人に伝えるためには、見た目も大事です。料理をつくったら一度写真に撮ってみて、見た目の印象がよくなかったらもう一度つくりなおすようにしています」

写真2
▲恋する豚 肩ロース塩麹漬け厚切りポークジンジャー 税込1880円。豚肉のまわりには、細かく切ったぬか漬けが散らしてあります。

写真3
▲世界の乳酸菌セット 税込800円。(画像左から)ぬか漬け(日本)、ザワークラフト(ドイツ)、水キムチ(韓国)と、乳酸菌を使った漬物が一度に味わえます。

写真4
▲ぬか漬けのスティック スパイスを添えて 税込900円。ぬか漬けに4種類のスパイス(オールスパイス、クミン、カルダモン、パプリカ)をつけて食べます。

Exif_JPEG_PICTURE
▲店内では、料理に使う調味料のほか、米あめなど地域の天然素材による調味料を販売。

食を通じて健康をサポートする

お店では、腸活に関するイベントの開催のほか、腸内細菌のバランスを知るための検査キットの販売もおこなっています。

「腸内の有用菌や有害菌のバランスがわかる検査で、自宅で採取した尿や便を郵送すると、2週間くらいで検査結果が返送されます。今後は、検査キットの結果レポートをもってきていただいた方に対して、食の提案もしていきたいですね。自分に足りないものを補って体質改善に役立ててもらえればいいなと考えています」

Exif_JPEG_PICTURE
▲腸内細菌検査キットのほか、からだの塩分値や酸化ストレスの具合をチェックするキットも販売しています。

おしゃれでおいしく健康的な料理を食べながら、腸内環境を整えることができるレストランへ、一度出かけてみてはいかがでしょうか。

【取材協力】
Hacco’s Table
https://haccos.com/
営業時間 11:00~15:00 17:00~22:00
火曜定休
〒111-0033
東京都台東区花川戸2-9-10
TEL(03)6231-7855

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップ写真

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事