腸内環境改善には何がおすすめ? 大手機能性表示食品&指定医薬部外品比較

pixta_26243024_M

腸内環境を整える方法のひとつとして、ビフィズス菌や乳酸菌を配合する機能性表示食品や指定医薬部外品の摂取をする人も現在では多くなっています。腸にアプローチして環境を整えてくれる菌はぜひ取り入れたいところ。しかし、どういったものを選べばいいか迷う人も多いと思うので、腸内環境を整える代表的な機能性表示食品や指定医薬部外品を紹介します。

なぜビフィズス菌や乳酸菌は機能性表示食品や指定医薬部外品で補うと効果的なの?

腸内には有用菌・有害菌・日和見菌が生息しており、腸内の有用菌の99.9%を占めるのがビフィズス菌です。ビフィズス菌は生まれたときから体に存在しており、生まれたばかりの赤ちゃんの腸内細菌は99%以上がビフィズス菌です。

しかし、ビフィズス菌は成長とともに減少してしまいます。成人の段階ですでに約10%となり、60歳を過ぎるときにはなんと1%以下に。体にいい細菌なのに、これだけ減少するのは困りものですね。

加齢に加え、食生活の乱れやストレス、運動不足などにより腸内の有用菌が減ってしまうと、腸内環境のバランスが乱れる原因となります。

摂取したビフィズス菌や乳酸菌は、腸内に定着しにくいといわれています。そのため、機能性表示食品や指定医薬部外品などで定期的に補うことが効率的といえます。

ただ、ビフィズス菌や乳酸菌をたくさん摂ればいいというわけではありません。それぞれ相性があるので、含有量だけで判断はできないのです。

腸内環境を整える代表的な製品とは?

ひとくちに機能性表示食品や指定医薬部外品といっても、それぞれ違いがあります。ここでは代表的な製品を、含まれている菌の種類などを交えて5つご紹介いたします。

・森下仁丹「ビフィーナ」機能性表示食品

生きたビフィズス菌(ロンガム種BB536)が含まれています。こちらは、腸内フローラを良好にし、便通を改善する機能があることが報告されている機能性表示食品です。ビフィズス菌(ロンガム種BB536)のメカニズムとして、ビフィズス菌が増えると、乳酸や酢酸などの有機酸が産生され、有機酸が腸を刺激し、ぜんどう運動を助けるます。

独自に開発した「ハイパープロテクトカプセル」の効果によりビフィズス菌が守られ、人工胃液による実験では約90%が生きたまま腸に届くという結果(※)が出ています。
(※)ビフィズス菌を空腹時に相当する人工胃液(pH1.2)中に入れ、2時間後の生存菌数を日本薬局方外医薬品規格「ビフィズス菌」の定量法により測定し、生存率を算出
(仁丹バイオファーマー研究所調べ)

・ビオフェルミン「新ビオフェルミンS錠」指定医薬部外品

含まれる菌はコンク・ビフィズス菌末、コンク・フェーカリス菌末、コンク・アシドフィルス菌末の3種類です。ビフィズス菌は大腸に働きかけ、乳酸と酢酸などを増加させ腸を整え、フォーカリス菌は小腸内にある菌のバランスを調整。アシドフィルス菌も小腸に働きかけ、乳酸をたくさん作り腸内の有害菌の増加を抑えます。赤ちゃんからお年寄りまで、おなかの調子が悪いときの服用も可能な錠剤です。

・ヤクルト「ヤクルトBL整腸薬S」指定医薬部外品

ビフィズス菌とカゼイ菌がふくまれています。ビフィズス菌は大腸にアプローチして乳酸や酢酸などを増やすことができ、もうひとつのカゼイ菌は小腸で働き、乳酸の生成で腸内環境を整えます。

・「エビオス錠」指定医薬部外品

含まれているのは天然素材の酵母菌(ビール酵母)です。ビール酵母には9種類のビタミン、18種類のアミノ酸など、合計40種類の栄養成分がつまっており、そのなかでも必須アミノ酸9種類は体内で生成できません。エビオス錠にふくまれる栄養成分は、消化不良や食欲不振など弱った胃腸の消化機能をサポートし有用菌のエサとなり、その数を増やしてくれます。

製品によって、含まれている菌に違いがあります。たくさんの製品があり迷うと思いますが、腸内環境を整えるために、自分に合う機能性表示食品や指定医薬部外品を探してみてはいかがでしょうか。


【参考】
森下仁丹「ビフィーナ」機能性表示食品
http://healthaid.jintan.jp/feature/bifina.html
ビオフェルミン「新ビオフェルミンS錠」指定医薬部外品
http://www.biofermin.co.jp/products/biofermin_s/
ヤクルト「ヤクルトBL整腸薬S」指定医薬部外品
http://www.yakult.co.jp/healthcare/bl/gaiyo2.html
エビオス錠
https://www.asahi-fh.com/ebios/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pixta_26243024_M

この記事が気に入ったら
いいね!しよう