《薬剤師監修》こんな便秘にはどれを選ぶべき? 瀉下薬、緩下薬、整腸剤の違い

便秘

最近では便秘外来という診療科がある病院も増え、今年の秋には「2017慢性便秘診療ガイドライン」というものが初めて作成されるくらい、慢性的に悩んでいる方が多いという「便秘」。便秘薬にも色々ありますが、どの薬が効果的なのでしょうか? まずは自身の便秘のタイプを知ることからはじめてみましょう。

あなたはどのタイプ? 便秘の種類

実は便秘にも種類がたくさんあり、大きく分けると、食生活やストレスなどが原因で起こる「機能性便秘」と、腸閉塞や腹膜炎、大腸がんなどの疾患が原因で起こる「品質性便秘」の2種類が存在します。品質性便秘の場合は、激しい腹痛や血便、嘔吐などの症状も伴うため、病院での受診が必須となりますが、今回は、特に便秘薬を使って改善できる「機能性便秘」についてご説明します。機能性便秘の中でも大きく分けて以下の3つの種類があります。

・弛緩性便秘

お腹が張って便が太くて硬くなるような便秘です。腸の便を運ぶぜん動運動が弱くなり、便を送り出せなくなっていることが原因で起こります。お腹が張る、残便感があるなどの症状が特徴です。

・直腸性便秘

排便を我慢してしまうことで、だんだん便意を感じなくなることが原因で起こる便秘です。腸に便が溜まっていき、細切れの便で硬くなるのが特徴です。

・痙攣性便秘

腸の動きが不規則になることが原因で起こる便秘です。主にストレスが原因で、便秘と下痢が交互に起こることがあります。別名「過敏性腸症候群」とも呼ばれています。特に女性は便秘になる傾向があり、男性は軟便になる傾向があります。

症状に合わせた服用を

便秘薬を選ぶ際は、自身の便秘のタイプや症状に合わせて服用する必要があります。ここでは、便秘薬の種類と効能についてご紹介します。

・便を柔らかくする便秘薬「浸透圧下剤」

腸の中の水分量を増やすことにより、便を軟らかくしてあげて排便をしやすくする便秘薬です。この便秘薬の最大の特徴が腸に刺激が少ないことです。効き目も緩やかで、定期的にお通じがあるようにしたい方にはオススメです。

・腸を刺激し排便を促す便秘薬「刺激性下剤」

便が出ないときに腸の動きを良くして出すのがこちらの便秘薬。腸を刺激して便を送り出す腸のぜん動運動を活発にし、排便を促します。強い効き目があり、頑固な便秘の際にも1回飲むだけでほとんどの人に排便効果が期待できます。効果は高いですが、便秘体質を治すものではないため、不調時に利用するのが一番良い使い方です。また、痙攣性の便秘の方は使えない便秘薬ですので注意しましょう。

・腸内環境を整える便秘薬「整腸剤」

腸内環境のバランスを整えることで自然なお通じを促すことを目的にしています。緩やかに効果が出てくるので、長年のひどい便秘の場合にすぐに出すような即効性はありません。お腹の張りを解消したい、ダイエット中の便秘がつらい、ストレスが多く下痢と便秘を繰り返す、そんな方にオススメです。

・便のかさを増す便秘薬「膨張性下剤」

便の量がそもそもあまり多くなくて出る機会が少ない方に用いられるのが、便の量を増やし、自然なお通じを促す便秘薬です。この便秘薬は、胃腸で水分を吸うことによって膨らみ、かさが増した水分を多く含んだ便になるのを助けてくれます。自然なお通じになるので体にもやさしいのですが、薬の量が多く飲みにくいという声もあります。こちらも定期的なお通じがあるようにしたい方にはオススメです。

・応急処置に!「浣腸」

浣腸は、肛門にそのまま薬を挿入して排便を促す薬です。そのため、自分でタイミングをコントロールして排泄を促すことができます。ただ、こちらも不調で苦しいときの応急処置的な薬なので、浣腸をして毎回出すことは便秘体質の改善にはつながりません。

一番は食生活を正しくすること、よく噛んで食事をすること、また適度な運動も大切です。最近では「腸もみ体操」というものもあり、自分のお腹をゆっくりとマッサージをしてあげることでお通じを改善する方法もあります。薬を使うのも1つの手段として考えてみてはいかがでしょうか。


【参考】
【薬剤師監修】便秘薬の選び方!症状別のおすすめ市販薬|ミナカラ
https://minacolor.com/parts/10/symptoms/206/articles/5377/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
便秘

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事