《専門家監修》菌トレ×からだ温めレシピ「ホット&サワースープ」の作り方

ホット&サワースープ

気温がぐっと下がり、寒さがからだにこたえる冬。冷えによる便秘に悩まされている人も多いのではないでしょうか。この時期に恋しくなるのが温かいシチューやスープなどの汁物です。今回はからだが温まる「ホット&サワースープ(酸辣湯)」を紹介します。

ホット&サワースープ(酸辣湯)のレシピ

ホット&サワースープ

生姜やラー油の辛みが効いたからだが温まるスープです。黒酢の酸味と紹興酒の風味があとをひきますよ。発酵食品の黒酢と食物繊維たっぷりのきのこで、おなかにもうれしいレシピです。

<材料(4人分)>

しいたけ 2枚
えのき茸 1/3株
茹でたけのこ 80g
ロースハム 60g
豚薄切り肉(肩ロース)80g
紹興酒 小さじ1
白こしょう 少々
絹ごし豆腐 1/4丁
卵 2個
生姜 1かけ
香菜 適量

[a]水 5カップ
[a]紹興酒 大さじ2
[a]中華スープ(鶏ガラスープ)の素 大さじ1
[a]しょうゆ 大さじ1

[b]塩 小さじ1/4
[b]黒酢 大さじ3
水とき片栗粉[片栗粉大さじ2、水大さじ4]
白こしょう 少々
ラー油 小さじ4〜(お好みで調整)

<作り方>

1.しいたけ、えのき茸は石づきを除き食べやすい大きさに切る。茹でたけのこ、ロースハム、絹ごし豆腐は細切りにする。生姜は千切りにして水にさらし、ざるにあげる。香菜はざく切りにする。豚肉は細切りにして酒、白こしょうを揉み込む。
2.鍋に[a]を入れ、ひと煮立ちしたら中火にし、しいたけとえのき茸を入れる。再沸騰したら卵と香菜以外の具材を全て入れて煮込む。再び煮立ったらアクを除き、[b]を入れて調味する。
3.水とき片栗粉でとろみをつける。卵をよく溶き、円を描くように回し入れる。強火にし、卵が自然に浮いてきたらひと混ぜして火を止める。
4.生姜を加え、味をみて塩(分量外)、白こしょうで整える。器によそい、ラー油をかけて香菜をのせる。

具材には、青梗菜や小松菜などの青菜を加えてもおいしいです。青菜は卵を入れる前に加え、さっと火を通すことがポイントです。

冷えきったからだを温めるとともに菌トレもできちゃうホット&サワースープ。おいしく食べて、寒い冬を乗り切ってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホット&サワースープ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事