「日本ビフィズス菌センター」に聞いた! ビフィズス菌の知られざる性質(後編)

日本ビフィズス菌センター(後編)

「腸内フローラ」という言葉が浸透しつつあり、いま改めて注目されている腸内細菌。その代表格がビフィズス菌です。
そんなビフィズス菌に関する研究・開発を推進しているのが「日本ビフィズス菌センター」。前編では、活動内容やビフィズス菌に関する豆知識を教えてもらいました。
後編ではビフィズス菌の性質や、ヨーグルトを食べるタイミングなどについて、日本ビフィズス菌センターにうかがいました。

野菜やくだもの、発酵食品と一緒に

ビフィズス菌は、食物繊維やオリゴ糖をえさにするといわれています。腸内のビフィズス菌を増やすには、ビフィズス菌を増やす働きをするオリゴ糖を含む食品を摂るように心がけるといいでしょう。

野菜や果物にはオリゴ糖が含まれているものが多いのですが、併せて市販のオリゴ糖やオリゴ糖を多く含む製品、生きた乳酸菌やビフィズス菌を含む発酵乳製品等も上手に摂ることで、効率良くビフィズス菌を増やすことができます。ビフィズス菌が生息しやすい環境を整えてくれる乳酸菌飲料などの発酵食品もオススメだそうです。

ヨーグルトをかき混ぜるのはNGって本当?

ビフィズス菌は「偏性嫌気性菌(へんせいけんきせいきん)」とよばれ、酸素を嫌う性質があるといわれています。ビフィズス菌の保存性を高めるため、市販のビフィズス菌入りヨーグルトの容器には酸素透過性が少ない素材が使用されています。

しかし、ヨーグルトの表面はどうしても酸素に触れるため、かき混ぜるとビフィズス菌が早く死滅してしまう傾向があります。ただし、ビフィズス菌センターさんに聞いてみたところ、かき混ぜてすぐにビフィズス菌が死滅するわけではないのであまり心配いらいないそうですよ。

また、ビフィズス菌は酸に弱いため、胃酸の分泌が多くなる空腹時に摂取するのは避けたほうがいいのだとか。

ビフィズス菌入りのヨーグルトは、胃酸が薄まる食後に食べることをオススメします。摂取したビフィズス菌は腸内に定着することが難しいため、継続的に摂り続けることが望ましいそうです。

ビフィズス菌の性質を知って、正しく摂取しよう

知っているようで意外と知らないビフィズス菌。今回は、「酸素を嫌う」「胃酸に弱い」など、あまり知られていないビフィズス菌の性質を教えていただきました。

また、ビフィズス菌は、偏った食事やストレス、加齢などで減少するといわれています。ビフィズス菌を減らさないためには、ストレスをためすぎず健康的な生活を心がけることも大切です。

野菜やくだものとともに、ヨーグルトやオリゴ糖を含む食品を積極的に摂り、毎日の健康に生かしましょう。

(取材・文/村中貴士)

【取材協力】
公益財団法人 日本ビフィズス菌センター
http://bifidus-fund.jp/index.shtml

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本ビフィズス菌センター(後編)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう