《薬剤師監修》潰瘍性大腸炎に朗報!? 他人の糞便を移植する「糞便移植療法」の治療効果はいかに?

糞便

いまだに原因があまりよく分かっていない難治性の腸疾患のひとつに「潰瘍性大腸炎」というものがあります。潰瘍性大腸炎に悩む患者さんは、日本で約17万人に達していると言われており、有名著名人の中にも、この病気で悩んでいる方も少なくありません。

そんな中、近年潰瘍性大腸炎の治療法として、健全な腸内細菌を持つ方の便を患者さんの腸へ注入するという新しい治療法の臨床研究が行われており、注目を集めています。

今回は、そんなビックリするような治療法「糞便移植療法」についてご紹介します。

糞便移植療法とは

糞便移植療法は、腸内細菌の乱れが原因と考えられるさまざまな感染性腸炎や炎症性腸疾患の患者さんに対して行われる新しい治療法です。

患者さんの腸内フローラに正常な腸内細菌を与え、腸内細菌のバランスを整えることで症状の改善を促すというもので、健康な人の便と生理食塩水を混ぜて食物繊維など便中の余分なかすをろ過した液体を、内視鏡を使って患者さんの腸内に注入します。

実際にこの治療法を取り入れている病院では、倫理的な配慮からドナーは2親等以内の親族としており、ドナーがいても、治療に使える「健康な糞便」かどうかをさまざまな検査でチェックしていく必要があります。この選別がやや困難である現状からも、治療を受けるには時間がかかるといわれています。

このように、現在は一部の病院では実践されているものの、まだ臨床研究レベルであり、限られた患者しか治療を受けることができない状況です。

糞便移植療法のメリット・デメリット

糞便移植療法で腸内細菌のバランスを整えることができれば、高血圧や糖尿病、肥満などの、腸内フローラの悪化により誘発されて発症する病気の防止や改善が見込めます。

また、この療法は薬物治療ではないため、薬の副作用として生じやすい吐き気、湿疹、薬によるアレルギー反応などが発生することもありません。

しかし、他人の腸内細菌を腸内へ注入するため下痢、腹痛などの副作用も少数報告されています。

海外での現状と今後の日本の導入について

糞便移植療法は、すでに欧米諸国では通常医療として行われており、抗生剤の長期間使用で生じる腸の炎症「C.difficile菌感染腸炎(CDI)」では高い治療効果が認められているなど、その有効性は多数報告されています。

2017年の日本消化器病学会でも、潰瘍性大腸炎と同じく難治性の腸疾患として知られている「クローン病」において、2症例で回復が確認されました。

潰瘍性大腸炎に対する糞便移植療法の有効率は、まだ安定しないところも多いようですが、腸内環境の改善には効果を発揮している現状があります。

まだ日本では保険治療としては認可されていないこともあり、今後のさらなる臨床研究をすすめていくことが大切でしょう。

潰瘍性大腸への治療に新たな希望となるかもしれない、健全な方の糞便を腸内へ注入する「糞便移植療法」についてご紹介しました。腸内細菌のバランスの大切さをより感じる治療法で、より一般的な治療法になれば、今まで治りにくいと言われていた腸の炎症による疾患を改善する一助となるでしょう。


【参考】
健康な人の腸内細菌を注入する「糞便移植療法」|千葉大学医学部附属病院
https://www.ho.chiba-u.ac.jp/frontier/frontier06.html
潰瘍性大腸炎に対しての抗生剤療法と糞便移植療法の臨床研究について|順天堂大学医学部附属順天堂院 消化器内科
https://www.juntendo.ac.jp/hospital/clinic/shokaki/activity/clinical/clinicalp/kanja06.html
いのはなハーモニー42号(2015年7月)|千葉大学医学部附属病院
https://www.ho.chiba-u.ac.jp/dl/about/inohana_harmony_42.pdf
糞便移植、潰瘍性大腸炎への効果は限定的か【JSGE 2017】|m3.com
https://www.m3.com/clinical/news/541717?from=openClinicalNews

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
糞便

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事