二日酔いで下痢気味になるのはなぜ?忘年会でも注意したい腸内環境との関係

pixta_23271840_M

忘年会や納会など、お酒を飲む機会が増える12月。ついつい飲みすぎて、二日酔いになってしまう人も多いでしょう。中には二日酔いと同時に「お腹がゆるくなる」「お酒を飲んだ次の日は下痢気味になる」と感じる方もいるようです。

そもそも二日酔いやお酒による体調の変化は、どういった原因で起こるのでしょうか。謎の多い二日酔いとお腹の関係について紹介していきます。

未解明な部分もある二日酔いのメカニズム

二日酔いの症状は、頭痛、胃や腸の不調、睡眠障害、うつ気分などさまざまです。原因が「お酒の飲みすぎ」であることは説明するまでもありません。しかし、あの辛い症状が起きるメカニズムについては、いまだ不明な点も多いです。

現在、明らかにされている要因は、ホルモン異常、低血糖、睡眠や生体リズムの障害、アセトアルデヒドの蓄積、脱水状態、胃の炎症など。厚生労働省の健康情報サイト「e-ヘルスネット」にある「二日酔いのメカニズム」についての項目を見ると、「多くの要因が複雑にからみあって生まれる」と解説されています。

お腹がゆるくなる原因は、肝臓機能の低下による消化不良

ではお酒を飲んだ翌日、なぜ多くの人のお腹がゆるくなってしまうのでしょうか。一般的に、肝臓のアルコール分解機能と物質代謝機能の低下が要因だといわれます。

肝臓には、脂質の消化吸収を助ける「胆汁」を生成する役割があります。しかし、アルコールを分解しているとこの機能が衰えてしまい、脂肪分をうまく消化できなくなってしまいます。

肝臓は「アルコールを分解する機能」と「脂肪の消化を助ける胆汁を生成する機能」の両方を担っているので、お酒との食べ合わせによってはどちらかの機能が衰えてしまいます。例えば、大量のお肉とお酒を一緒に摂取した場合は、肝臓での処理に余裕がなくなり、胆汁を生成する機能が働きづらくなります。そのため、消化不良になりお腹がゆるくなってしまうのです。

飲み過ぎは腸内環境にも悪影響

適度なアルコール摂取は、胃腸の働きを活発にしたり消化酵素の分泌を促進したりする効果があります。しかし、そもそもアルコールは腸にとっての「刺激物」です。飲みすぎると腸内で毒性の強い細菌が増え、細菌たちの住みかである「腸内フローラ」が悪化してしまうおそれがあるのです。

スポーツドリンクや胃薬で適切な対処を!

二日酔いの朝は、まず水分を補給しましょう。おすすめの飲み物は、塩分と糖分を同時に摂れるスポーツドリンクです。水よりも少し塩分が入っていた方が胃にやさしく、だるさの原因になる糖分不足も防げるため、意識して摂取するのが必要です。

また、飲み過ぎで疲れた肝臓の働きを高めるのも、二日酔いの早期解消には欠かせません。摂取すべきなのは、アミノ酸やビタミンB1といった栄養分。アミノ酸には肝機能を向上させる効果があり、ビタミンB1には、糖質の代謝を助けエネルギーを作り出す働きがあります。

そして、胃のもたれや吐き気があるときは、胃薬を飲むのも選択肢の一つです。特に吐き気を伴う場合は胃が荒れているので、胃酸をおさえる薬や、整腸剤、乳酸菌製剤も効果が期待できます。

二日酔いによる体調不良を避けるためには、飲み過ぎないことが一番。「せっかくの忘年会だし、今日1日ぐらいは」という気持ちもわかりますが、翌日つらい思いをするのは自分自身です。

アルコールを分解できる量には個人差があるため、自分の適量を把握し、無理せず楽しくお酒を飲むよう心がけましょう。


【参考】
二日酔いのメカニズム
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-03-005.html
アルコールの飲み過ぎで「腸内フローラ」が悪化 肝炎や大腸がんに影響
http://www.seikatsusyukanbyo.com/calendar/2016/009148.php
二日酔いの朝、カラダを復活させる即効リセット術
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO95249060X11C15A2000000

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pixta_23271840_M

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事