腸内環境を整えて風邪やインフルエンザを予防しよう

腸内環境を整えて風邪やインフルエンザを予防しよう

寒さと乾燥が辛くなるこの季節、心配なのが風邪やインフルエンザの流行です。同じ環境にいても、かかりやすい人とかかりにくい人がいますが、その違いは体の免疫力にあることは知っていますか?今回は、その免疫のしくみや、免疫力アップに効く有用菌について紹介します。

免疫力を高めるキモは腸内環境

「免疫」とは、簡単にいうと、体内に侵入した細菌やウイルスなどの病原体に対抗したり、駆除したりする防御システムです。

わたしたちは、体内に数多く存在している免疫細胞の働きによって、健康状態を保つことができます。あまり知られていませんが、この免疫において、腸は重要な役目をしています。

病原体の多くは、口から入り、消化器官を通じて腸に侵入します。腸は、食物から必要な栄養素を吸収すると同時に、細菌やウイルスなどの外敵から身を守る必要があるため、なんと体内の免疫細胞のうち6割以上が腸に存在しているそう。なかでも、腸内粘膜は体内最大のリンパ器官で、「腸管免疫」という機能をもっており、体の免疫力を高める要になっています。腸内環境を整えることは、免疫細胞を活性化させることにつながるのです。

特に注目したいNK細胞の働き

体の免疫機能には2種類あります。ひとつは普段から病原菌から守る働きをしている「自然免疫」で、侵入してきた細菌やウイルスなどにすばやく対応します。主な種類としては、病原体に感染した細胞を真っ先に攻撃するNK(ナチュラルキラー)細胞や、病原体を細胞内に取り込んで消化する貪食(どんしょく)細胞、病原体の情報を伝える抗原提示細胞などがあります。

もうひとつは「獲得免疫」で、T細胞やB細胞などがあり、自然免疫で防衛できなかった病原体に対して、新たな異物の侵入を防ぐ抗体を作る手助けをする、緊急出動部隊のような役割をもっています。

これらの免疫機能の中でも特に重要な働きをするのが、即戦力として最前線で病原体と戦うNK細胞です。この細胞が活性化すると、インフルエンザや風邪の感染力を低下させたり、ウイルスへの抗体の量を増やし免疫力を高める効果が期待できます。

乳酸菌パワーでNK細胞を活性化

そんなNK細胞を活性化させるのが、腸内の有用菌です。特に乳酸菌やビフィズス菌が有効といわれています。これらの菌にいくつか有名な種類があるので紹介します。

・乳酸菌1073R-1株

明治が使っている乳酸菌で、最近ではNK細胞を活性化させる、EPSと呼ばれる多糖体を多く作り出すということで注目を集めています。パッケージに大きく「R-1」と表記されたヨーグルトなどに豊富に含まれています。

・乳酸菌シロタ株

長い歴史のある乳酸菌飲料「ヤクルト」(ヤクルト)に含まれている乳酸菌です。商品名からもわかるように、ヤクルトがこの菌を所有しており、NK細胞の活性化の他に、アトピーや花粉症など各種アレルギーにも効果が注目されています。

・L-92乳酸菌

カルピスの乳酸菌として、各種サプリメント、飲料などに使われています。免疫を調節する効果が高いことが知られており、過剰な免疫反応を抑え、アレルギーを予防します。さらにNK細胞に働きかけ、免疫力をアップさせる効果もあり、インフルエンザの感染予防などに有効です。

・ガセリ菌SP株・ビフィズス菌SP株

「恵 megumi」(雪印メグミルク)というヨーグルトには、ガセリ菌という乳酸菌と、旧雪印乳業が発見したビフィズス菌SP株が含まれています。このふたつの有用菌を含むヨーグルトには、免疫系の活性化とストレスの軽減効果があるといわれています。

風邪やインフルエンザにかからないためには、体内に病原体を侵入させないよう、感染経路を絶つことが何より大事です。手洗いやうがいなどの予防対策をしたうえで、体の免疫力をより高めるために、有用菌に助けてもらいましょう。


【参考】
今年こそ、乳酸菌パワーでインフルエンザに勝つ!

今年こそ、乳酸菌パワーでインフルエンザに勝つ!


公益財団法人 日本ビフィズス菌センター/腸内細菌学会 用語集
http://www.bifidus-fund.jp/keyword/kw020.shtml
免疫ってなに?乳酸菌と免疫力の関係
https://www.meiji.co.jp/yogurtlibrary/laboratory/report/1073r1/01/
腸管免疫とは 腸管免疫のメカニズム
http://nssnet.co.jp/index.php?%E8%85%B8%E7%AE%A1%E5%85%8D%E7%96%AB%E3%81%A8%E3%81%AF
人の生まれ持った防御機能!自然免疫とは
http://www.skincare-univ.com/article/011014/
NK細胞の働き
https://www.meiji.co.jp/yogurtlibrary/laboratory/report/1073r1/02/
ビフィズス菌BB536とは 感染防御作用
http://bb536.jp/morinagamilk/morinagamilk03.html
ガセリ菌SP株などのNK細胞活性増強/ストレス軽減効果を確認-メグミルク
http://news.mynavi.jp/news/2012/10/19/016/
インフルエンザの感染を防ぐポイント
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/200909/6.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
腸内環境を整えて風邪やインフルエンザを予防しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事