肌にも菌がいるってホント!?「美肌菌」との上手な付き合い方

肌にも菌がいるってホント!?「美肌菌」との上手な付き合い方

みなさんは日々の生活の中で、お肌に対して気をつけていることはありますか? 食生活や、適度な運動、化粧水や美容液などでしっかりとケアをしている方も多いと思います。ですが、お肌にも必要な“菌”がいることをご存じでしょうか? 

実は、お肌をケアする際に気にしたいのが、お肌にいる菌「美肌菌」なのです。今回はこの美肌菌に注目し、菌との上手な付き合い方についてご説明します。

肌にも有用菌や有害菌がいる!? 「美肌菌」とは?

「菌」という言葉を聞くと、腸内細菌や乳酸菌など、身体の内側にいる菌を想像する方が多いと思います。しかし、肌にも腸と同様に“有用菌”や“有害菌”がいて、それが肌を健康に保ってくれたり、肌トラブルの原因になったりしているのです。

実は人間の身体は温度が一定で、菌にとってのエサがいつもあるため、とても住みつきやすい場所なんだそう。人間の皮膚上で皮脂や汗をエサとして暮らしている菌のことを「皮膚常在菌」と呼びます。

この「皮膚常在菌」は、人の皮膚に平均で10種類程存在していて、その多くは人に無害な非病原菌です。代表的なものとして、「表皮ブドウ球菌」「黄色ブドウ球菌」「アクネ菌」などがあります。

その中でも、肌を美しく保ってくれる「美肌菌」と呼ばれる菌が「表皮ブドウ球菌」。この菌はお肌の表面に住み、皮脂や汗を食べて、グリセリンや脂肪酸に分解する働きをしています。分解されてできた脂肪酸は酸性なので、お肌を弱酸性に保ち、雑菌などの繁殖を抑えてくれるのです。一方でグリセリンは、お肌の潤いを保ってくれます。

このように、美肌菌である表皮ブドウ球菌が多ければ多いほど、お肌が健康になり、ハリや潤いが保たれ、化粧のりがよくなるというわけです。

美肌菌を育て、増やすためのポイント

美肌菌を育てるポイントとして、最も重要なことが「お肌の角質層をケアすること」。
角質層とは、お肌の最表面にある、0.02mmくらいのとても薄い膜のことです。こんなにも薄い膜ですが、角質層はバリア機能や保湿機能をもつとても重大な役目をもっているのです。そんな角質層をケアするために気を付けたいポイントをご紹介します。

1.汚れは落とすけど、「美肌菌」は落とさない

顔を洗うときにまず重要なポイント、それは洗顔前のメイク落としです。クレンジングがしっかりとできていないと、洗顔をしても汚れを最大限落とすことはできません。

次に洗顔です。夜の洗顔で注意するポイントは、「ごしごし洗いすぎない」ということ。洗いすぎてしまうと、育てたい美肌菌まで落とすことになってしまいます。よく泡立ててこすらずに優しく洗ってあげましょう。そして、朝起きたあとの洗顔では、夜とは異なり、ぬるま湯か水のみで優しく洗ってあげましょう。美肌菌は夜から朝にかけて増えていくといわれているため、洗顔をしてしまうとせっかく増えた美肌菌を洗い流していることになるのです。増えた美肌菌を大切に「育菌」することを心がけましょう。

2.体を冷やさない

菌は自ら熱を発することができないため、身体が冷えてしまい菌にとって適温でなくなると、活発に働かなくなります。お風呂に入るときはできるだけ湯船に浸かるようにし、普段から身体が冷えないような生活を心がけましょう。入浴するときは、角質層がふやけて美肌菌が壊れるのを防ぐためにも、ぬるめの温度で15分以内くらいがおすすめです。

3.適度な運動を

美肌菌は汗や皮脂をエサにしてお肌を弱酸性の状態に保つので、運動して適度な汗をかくことが大事です。ですが、運動不足で普段汗をかいていない人がかく汗は、ネバネバした悪い汗で、お肌をアルカリ性にしてしまい、結局肌トラブルにつながってしまいます。そうならないためにも、普段から軽くでもいいので運動をして汗をかく習慣をつけておきましょう。

この3つのポイントなら、普段から少し意識してみるだけでできると思います。お肌がきれいだと、年齢よりも若く見られたり、褒められたりして、自信にもつながりますよね。10年後、20年後、きれいでいられるためにも普段から「美肌菌を育菌」していきましょう。

文・杉岡弥幸 監修・森田博美


【参考】
7つの育菌スキンケア方法って?|pure nobel
http://www.purenoble.com/column/binkanhada/ikukin.htm
美肌菌とは?|beauty control service
http://bcs32.com/32c/column/04.html
美肌菌は”育菌”できる!?|美と若さの新常識
http://www.nhk.or.jp/beautyscience-blog/2017/102/269037.html
肌の調子整える「美肌菌」 アトピーやニキビ対策も|nikkei style
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO92365860S5A001C1000000?channel=DF260120166496
表皮の構造と働き|花王株式会社
http://www.kao.com/jp/skincare/structure_02.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
肌にも菌がいるってホント!?「美肌菌」との上手な付き合い方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事