検査で何がわかるの? 肌フローラ検査にチャレンジしてみた!

【体験レポート】肌フローラ検査をやってみた

「肌フローラ検査」って何?

「肌フローラ検査」とは、検査液をつけた綿棒で肌をこすることで、肌フローラ(=皮膚常在菌)の種類やバランスがどうなっているかをチェックする検査です。

肌には、250種類以上もの菌が常在していると言われています。常在菌のバランスは肌の状態やストレスなどにも大きく関わっているのだそうです。

そこで、今回は自分の肌の状態を知るために、郵送で手軽に検査ができる「肌フローラ検査」を試してみました!

【体験レポート】肌フローラ検査をやってみた
届いた肌フローラ検査キット。今回はAmazonで注文した

肌フローラ検査キットの中身とは!?

今回利用した、肌フローラ検査「S-KIN お肌バランスチェックキット」の中身はこちら。

【体験レポート】肌フローラ検査をやってみた

・S-KIN スワブ解説書
・スワブ用チューブ(ほほ用・おでこ用)
・生理食塩水
・表:検査申込書 / 裏:アンケート
・返信用封筒

検査をするときには、朝起きて洗顔をする前の肌で行うこと。前日の夜のスキンケアはいつも通り行っても大丈夫だそうです。また届いた検査キットをすぐに使用できないときには、冷蔵庫での保管が必要とのこと。到着後1週間以内に検査し、郵送する必要があります。

検査の手順は?

(1)肌フローラを採取する

【体験レポート】肌フローラ検査をやってみた

まずは真空パックされているスワブ用チューブ2本と生理食塩水を取り出します。

【体験レポート】肌フローラ検査をやってみた

おでこ用のスワブを取り出し、コットン部分に染みるように生理食塩水にひたします。

【体験レポート】肌フローラ検査をやってみた

おでこ部分を2〜3回ゴシゴシとこすり、元のスワブ用チューブに戻します。ふたはしっかりと閉めましょう。

【体験レポート】肌フローラ検査をやってみた

ほほも同じように、ほほ用のスワブを取り出し2〜3回こすります。
これで肌フローラの採取は完了のようです。

(2)アンケートに記入する

【体験レポート】肌フローラ検査をやってみた

続いて書類の記入を行います。表面にある検査の申込書を記入した後、裏面のアンケートに自分の肌の状態について「はい」「いいえ」で回答します。

(3)チューブ2本とアンケート、申込書を郵送する

【体験レポート】肌フローラ検査をやってみた

返信用封筒のエアークッションの中におでこ用・ほほ用のチューブを入れてしっかり口を閉じます。

【体験レポート】肌フローラ検査をやってみた

あとは郵便ポストへ投函し、結果を待つだけ! 結果が出るまでには1か月ほどかかりました。

いよいよ結果が到着!

【体験レポート】肌フローラ検査をやってみたv

待つこと1ヶ月、念願の結果レポートが自宅に届きました。内容物は次の3つです。
・S-KIN Report:肌フローラ検査の結果が書かれています。
・肌バランスレポートの見方:結果の読み方について解説されています。
・S-KIN アドバイスブック

気になる肌の菌バランスは?

【体験レポート】肌フローラ検査をやってみた

「肌バランスレポート」と照らし合わせながら、「S-KIN Report」を見ていきます。

・1ページ目:肌フローラのスコアを発表!

【体験レポート】肌フローラ検査をやってみた

筆者の肌バランススコアは、100点満点中78.42点! 肌の菌のバランスがとれている基準の点数は、70.0なのでひとまず安心。左が筆者の肌の菌の割合グラフ、右が肌状態の良い人たちの割合です。円グラフの半分近くをアクネ菌が占めていることがわかります。

・2ページ目:不足している菌もわかる! 詳細レポート

【体験レポート】肌フローラ検査をやってみた

2ページ目には、肌にいる「日和見菌」「善玉菌」「悪玉菌」別にそれぞれの状態とアドバイスが載っています。ニキビのCMなどでよく耳にするアクネ菌は日和見菌に分類されるそうですよ。

レポートにはそれぞれの菌の状態のほか、不足している菌に対して、日頃のケアや必要な栄養素などの対応策が書かれていました。

・3ページ目:バランスを整えるためのアドバイス

【体験レポート】肌フローラ検査をやってみた

そして、3ページ目には皮膚常在菌のバランスを整えるために必要なことが書かれています。筆者の場合は次のような内容が書かれていました。

・過剰なクレンジングを避けて皮膚を落としすぎない
・セラミドなどの脂質を補う乳液や化粧品の使用
・ジャンクフードや肉由来の脂質を控え、魚由来の脂質の摂取を増やす

具体的な対応策がわかりやすく書かれているので、すぐに気をつけることができそうです。

保湿や魚由来の脂質の不足など、思い当たる点は多かったのですが、数値化されることでより気をつけなければと危機感を感じました。肌フローラ検査を受けることで、肌トラブルの改善や美肌を目指すために、そしてスキンケアや食事管理をより効果的にするために役立てることができそうです。興味ある方は、試してみてはいかがでしょうか。

(取材・文/yuika)


【参考】
S-SKIN
https://www.s-kin.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【体験レポート】肌フローラ検査をやってみた

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事