整腸作用だけじゃない!? すぐれもの腸内細菌「ビフィズス菌」を効果的に摂り入れるには?

ビフィズス菌の力で腸内環境を整えよう

腸内環境を整えると、便秘が解消されたり、生活習慣病の予防になったりといいことづくめ!

そんな腸内の健康に一役担っているのが腸内細菌で、普段食べているものにも、お腹の調子を整えてくれるさまざまな菌が入っています。

今回は、そんな数ある菌の中でも積極的に摂り入れたい、「ビフィズス菌」の働きと上手な摂り入れ方について紹介します。

ビフィズス菌と乳酸菌は別物!

腸内細菌といえば、ヨーグルトなどでもよく目にする「ビフィズス菌」や「乳酸菌」などを思い浮かべる人も多いのでは?
どちらも腸内細菌の一種ですが、これらには違いがあることをご存知でしょうか?

たとえば乳酸菌は、乳酸だけを作り出す菌なのに対し、ビフィズス菌は乳酸と酢酸、ビタミンB群、Kや葉酸を作り出す菌で、腸内の有害な菌が作る腐敗産物を減らすなど、腸内環境を整える働きを持ちます。

ビフィズス菌は酸素のある場所では生活ができない「偏性嫌気性」という性質を持つため、ビフィズス菌が生活できるのは主に、酸素がほとんどない大腸の中。一方、乳酸菌は酸素がある場所で生活ができる「通性嫌気性」という性質を持つため、ぬか漬けなどの発酵食品にも含まれています。

そのため、ほとんどのヨーグルトやサプリではビフィズス菌と一緒に乳酸菌が使用されていて、酸素に弱いビフィズス菌が死滅しないよう、乳酸菌が発酵することで酸素のない状態に近づけてくれているのです。

ビフィズス菌は身体をこんなに整えてくれる!

腸内に1兆~10兆個も存在するというビフィズス菌ですが、腸内のビフィズス菌を上手に増やすと、身体にどんな良い影響を与えてくれるのでしょうか。

・便秘予防

ビフィズス菌の働きで腸内の腐敗物が減ると、腸の働きが活発化するため便秘予防になります。

便秘は、肌荒れや腹部膨満感だけでなく、イライラ感や鬱を引き起こすこともあるため、精神面でも良い影響があるといえそうですね。

・感染予防

ビフィズス菌の作る乳酸と酢酸によって大腸の中が酸性になると、病原菌に感染するリスクが下がるといわれており、実際に病原性大腸菌O157に対する感染防御作用が報告されています。

また、インフルエンザや風邪のウイルスに対抗するNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化させる効果も分かってきており、免疫をあげる働きも注目されています。

・脂質代謝作用

ビフィズス菌を摂ることで、コレステロール値が改善するという結果も出ています。コレステロールや中性脂肪が高いと、血管に負担がかかりやすくなり、血液の流れも悪くなって動脈硬化や心臓疾患、脳梗塞などの引き金に。また、肝臓にも負担がかかってしまいます。

このような生活習慣病を未然に防ぐためにも、積極的にビフィズス菌を摂りたいですね。

ビフィズス菌の上手な摂り方

現在ビフィズス菌の種類は32種類に分類されていますが、この中で人の体内に住むのは10種類。ビフィズス菌を上手に摂るには、2週間毎日食べ続けて自分の腸にあう菌を見つけることが大切です。また、ビフィズス菌は酸素だけでなく酸にも弱いため、胃酸が薄まる食後に食べることがベスト。

生きて腸に届くヨーグルトやサプリメントで補うのが良いでしょう。他にもビフィズス菌を増やすコツとして次のような方法があります。

・「ビフィズス菌増殖因子」を摂る

人参やバナナ、りんごには、腸内のビフィズス菌を増やす作用があるといわれ、これらを「ビフィズス菌増殖因子」といいます。
ヨーグルトにりんごをトッピングしたり、人参とバナナでスムージーを作ってみたりと工夫してみましょう。

・オリゴ糖を摂る

ごぼうや大豆、玉ねぎなどにも含まれるオリゴ糖は、ビフィズス菌の餌になります。
ただし摂りすぎると糖質過多になってしまうことがあるので注意です。

・食物繊維を摂る

ビフィズス菌が腸内で住みやすい環境にするためには、食物繊維でお腹のお掃除をすることも大事。食物繊維には水に溶けやすい、水溶性のものと、水に溶けにくい不溶性のものがあり、不溶性のものを摂りすぎるとお腹が張る場合も。

不溶性食物繊維が豊富な根菜類を煮物にしたり、水溶性食物繊維の豊富な海草をサラダにするなど、毎日の食卓で両方をバランスよく摂り入れると良いでしょう。

このように、毎日の生活の中でビフィズス菌を積極的かつ上手に摂って、腸内環境はもちろん、私達の身体や気持ちも若く保ちましょう!

【参考】
ビフィズス菌が体に与える効果|ヘルスケア大学
http://www.skincare-univ.com/article/007476/
ビフィズス菌の種類と特徴|ヘルスケア大学
http://www.skincare-univ.com/article/007474/
ビフィズス菌と乳酸菌の違いとは|ヘルスケア大学
http://www.skincare-univ.com/article/007484/
便秘の症状2「イライラ・不快感」|昭和 便秘のおくすり

便秘の症状2「イライラ・不快感」


ビフィズス菌を使って腸内環境を改善する方法|ヘルスケア大学
http://www.skincare-univ.com/article/007478/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビフィズス菌の力で腸内環境を整えよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事