便秘にも下痢にも効く食物繊維「グアーガム酵素分解物」とは?

便秘改善に! すごい食物繊維「グアーガム酵素分解物」とは?

便秘の予防にいいといわれる食物繊維は、大きくわけて2種類あります。水に溶けにくい「不溶性食物繊維」と水に溶ける「水溶性食物繊維」で、どちらも整腸効果があるとされています。

今回は植物由来の水溶性食物繊維「グアーガム酵素分解物」についてご紹介します。

グアーガム酵素分解物とは?

グアーガムとは、パキスタンやインドで栽培されているグァー豆(別名:クラスタマメ)から得られる多糖類のこと。その主成分を酵素で分解して作られるのがグアーガム酵素分解物です。

水溶性食物繊維を多く含むため、特定保健用食品(トクホ)の関与成分として使用することが消費者庁に認められています。

透析患者や過敏性腸症候群にも効果が

グアーガム酵素分解物には、おなかの調子を整える効果があるとされています。実際に行われた臨床試験の結果をご紹介しましょう。

・慢性便秘に対して

慢性的な便秘に悩んでいる方39人に4週間、グアーガム酵素分解物を飲んでもらったところ、排便の間隔が平均10時間以上短くなったということです。

腸の動きが良くなったと感じた方、便秘薬の服用回数や腹痛の頻度が減った方も多くみられました。

・血液透析患者の便秘に対して

透析患者は腸内環境が乱れることが多く、便秘になりやすいそうです。そこで、グアーガム酵素分解物が透析患者の便秘に対して効果を発揮するかどうかを調べました。

患者にグアーガム酵素分解物を6週間、飲み物や食事に混ぜて摂取させたところ、排便状態が改善するという結果が得られました。自覚症状だけでなく便の形も改善し、コロコロ便など便秘に特有の形が減ったとのことです。

・過敏性腸症候群患者に対して

過敏性腸症候群とは、腸に物理的な異常がないにも関わらず、慢性的に下痢や便秘などの異常を起こす病気です。なんらかの原因で腸の内臓神経が過敏になり、引き起こされると考えられています。

この過敏性腸症候群の症状に対して改善効果を示すと期待されたため、いくつかの臨床試験が行われています。

68名の患者を対象とした研究では、グアーガム酵素分解物を4週間服用することで症状の改善効果が出ました。便秘だけでなく、下痢に対しても効果があることが認められた臨床研究もあります。

ビフィズス菌が増えたという研究結果も

健康な人10名を対象とした研究では、グアーガム酵素分解物を2週間摂取することにより、便の中のビフィズス菌が増えることがわかりました。

また、オリゴ糖とグアーガム酵素分解物を同時に配合したビスケットを使った研究では、摂取後にビフィズス菌の数が増えること、そして摂取を止めると7日以内に元の数に戻ってしまうという結果がでたそうです。

グアーガム酵素分解物は飲料、ゼリー、スープなどさまざまな食品に応用されています。また、サプリメントとして単体でも発売されています。簡単に摂取できるので、長く続けることも難しくありません。

効率的に摂取して、腸内環境の改善を目指しましょう。

(文/日髙宗明)


【参考】
特定保健用食品(規格基準型)制度における規格基準
https://hfnet.nih.go.jp/usr/kiso/pdf/sa0701007b.pdf
Dig Dis Sci. 2014 Sep;59(9):2207-2214.
静脈経腸栄養 Vol. 29 (2014) No.3, p857-862
Saudi J Gastroenterol. 2015 Mar-Apr;21(2):104-10.
Nutrition. 2006 Mar;22(3):334-42.
過敏性腸症候群 | e-ヘルスネット 情報提供
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/heart/yk-079.html
Benef Microbes. 2015;6(4):451-5
Br J Nutr. 2001 Sep;86(3):341-8.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
便秘改善に! すごい食物繊維「グアーガム酵素分解物」とは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事