美肌の鍵を握る「肌フローラ」の仕組みを解説

美肌の鍵を握る「肌フローラ」の仕組みを解説

腸内フローラに続いて注目されている「肌フローラ」をご存じですか?
腸だけでなく、私たちの肌にも多くの菌が生息しており、美容や健康に影響を与えています。

肌のお手入れを一生懸命がんばっているのに、乾燥したりニキビができたりと、なかなか改善されない方は、もしかしたら肌フローラが乱れているのかもしれません。

肌フローラとはどんなものなのか、肌フローラを整えて美肌を保つにはどうすれば良いか、詳しくみていきましょう。

肌フローラとは何か?

腸内フローラと同じように、肌にもたくさんの菌が存在しています。肌に生息する菌は、判別されているものだけで約30種類以上いるといわれています。

肌フローラとは、皮膚にひそむ菌の生態系のことで、肌のターンオーバーやバリア機能を保つのに重要な役目を果たしています。

「皮膚に菌がいる」と聞くと、不潔な印象がありますが、健やかな肌を保つために必要な菌があり、そのバランスが保たれていることがとても大切なのです。

肌フローラに欠かせない菌の仕組み

肌フローラを構成する常在菌は、腸内フローラを構成する腸内細菌と同様に、有用菌や有害菌、日和見菌に分類されます。ここでは、それぞれの菌が肌にどのような影響を与えるかみていきましょう。

・有用菌:

肌にとって良い働きをする菌で、その代表は「表皮ブドウ球菌」などがあげられます。表皮ブドウ球菌は、皮脂や汗などをエサに、弱酸性の脂肪酸を作り出します。

この脂肪酸が肌にとっての保湿効果や適切な油分をもたらし、うるおいをたもち、刺激から肌表面を保護してくれます。また肌を酸性にたもって有害な菌が増え、悪臭の発生も防ぎます。

・有害菌:

肌にとって良くない働きをおこなう菌で、「黄色ブドウ球菌」があります。黄色ブドウ球菌は、エンテロトキシンという毒素を作り出し、かゆみや肌荒れ、アトピー性皮膚炎など、トラブル肌の原因になります。

・日和見菌:

環境や条件により、よくもなり悪くもなる性質を持つのが日和見菌。肌フローラにおける
日和見菌の代表は、ニキビなどでおなじみの「アクネ桿菌(かんきん)」です。

日和見菌は有用菌が優位なときはその働きを助け、有害菌の繁殖を防いだり、皮脂膜を作って肌を守ってくれる役目をしています、しかしストレスなどをきっかけに肌フローラのバランスが崩れると、ニキビや肌荒れなどの皮膚トラブルを引き起こすやっかいな存在になります。

日和見菌には、脂漏性皮膚炎を起こす「マラセチア菌」や、水虫の原因となる「白癬菌(はくせんきん)」、カンジダ症を起こす「カンジダ菌」などもいます。

肌フローラの乱れを予防する方法

肌フローラのバランスを保つためには、日頃のスキンケアと生活習慣が大切になっていきます。お肌に過剰なダメージを与えすぎず、健やかな生活環境をたもつことが大切です。

・スキンケアで気をつけること

ニキビの時など、顔の油や汚れが原因と思い、洗顔に力を入れる方も多いですが必要以上に洗いすぎないことも大切です。肌をこすったり殺菌しすぎないようにしましょう。

また普段のケアで使う化粧品の添加物にも、肌荒れの原因は潜んでいる場合も。肌の保湿はしっかりおこないつつ、シンプルケアを心がけましょう。

・スキンケア以外で気をつけること

健やかな肌は健やかな体から作られます。バランスの良い食事で腸内環境を整える、充分な睡眠と適度な運動で心身の健康を高めることを忘れないようにしましょう。

また紫外線によるダメージは、肌フローラの乱れも引き起こします。日中の外出などはUVケアを心がけ、日焼け対策も忘れずに。

女性は生理周期などで肌の状態が変わりがちですが、肌フローラという視点から自分の状態を見直してみると、新たな発見があるかもしれません。

状態が悪いときは、スキンケアや生活習慣を見直すチャンス。肌フローラを整え、新たな自分と出会ってみませんか。

(文/山田由紀子)


【参考】
知っておきたい皮膚感染症 │ スキンケア大学
http://www.skincare-univ.com/article/019773/
皮膚の常在細菌について│東京医療保健大学
http://www.thcu.ac.jp/research/column/detail.html?id=110

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美肌の鍵を握る「肌フローラ」の仕組みを解説

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事