カレーが腸活に最適な理由

カレーが腸活に最適な理由

子どもから大人まで、多くの人が大好きなカレー。その魅力は、実は味だけではありません。私たちの健康に欠かせない腸にとっても、嬉しい効果を秘めているのです。

なぜ、カレーが腸活によいのか?

「腸活」とは、腸内環境を整えるための生活や行動を指します。腸は「第二の脳」と呼ばれ、私たちの健康維持や美容効果に大きな役割を担っています。

腸内には約100種100兆匹以上の菌が生息しているといわれていますが、腸内環境が良い人の腸内には、ビフィズス菌などの有用菌が多く生息しています。

有用菌よりも有害菌が腸内で優勢になってしまうと、便秘や肌荒れを始め、さまざまな健康問題を引き起こすといわれています。

腸内環境を整えるには、有用菌の働きを助ける食事を意識して増やすことも大切です。そこで注目されるのがカレーです。カレーには、生薬としても利用されている薬効の強いスパイス(香辛料)がふくまれています。
スパイスの中には、発汗効果や腸の活動を助ける働きのあるものが多くあります。

美味しく味わうだけで、これら効果を得られるカレーは、腸活に最適といえるのです。

カレーに含まれる、健康効果の高いスパイス

1:ターメリック(うこん)

カレー粉の主原料で色付けにも使われている。ショウガ科の多年草で、鎮痛効果があり、腹痛や月経痛などの痛みにもよいとされる。肝機能の改善にも効果があるとされます。

2:クミン

セリ科の植物で一年草。下痢や腹痛、胃腸内にガスがたまるのを防ぎ、消化を促進します。

3:コリアンダー(パクチー、香草)

セリ科の植物で、若葉を食用に、実を香料や薬用にする。消化促進作用と食欲増進効果があります。また血液浄化や発汗作用、皮膚炎にも用いられます。

4:カルダモン

インド・マレーシア半島が原産地で特有の芳香を持つカルダモン。防腐作用が高く、精力増進や消臭効果があります。インドでは食後にデザートがわりに食す習慣がありますが、噛むことで消化を助け、口臭を予防するためといわれています。

カレーを食すならウェルシュ菌に注意!

新陳代謝を活発にすることで腸の活動を促してくれるカレー。健康・美容のためにも積極的に取り入れたいところですが、カレーを食す際に気をつけたいのが、食中毒の問題です。

「カレーは3日目が1番美味しい」なんてことがよく言われますが、煮込み料理の作り置きは、ウェルシュ菌の発生リスクを高めます。

ウェルシュ菌は加熱しても死滅せず、煮込み料理に発生しやすい、食中毒の元となる細菌です。

ウェルシュ菌と聞いてもあまり馴染みがないかもしれませんが、食中毒の発生件数でみると、カンピロバクター、サルモネラ属菌、ぶどう球菌に注ぐ第4位といわれています。

ウェルシュ菌の食中毒にかかると、腹痛や下痢を引き起こし、まれに嘔吐や発熱をともなうことがあります。無味無臭で発生していても気づきにくいため、知らないうちにウェルシュ菌に感染している場合もあります。

ウェルシュ菌には気を付けて、美味しく腸活を!

ウェルシュ菌の最も繁殖しやすい温度は10~50度といわれています。または熱に強い性質のため、一度発生すると100度の熱湯で1〜4時間加熱しても死滅せず、また酸素がないところの方が生息しやすいといわれています。

つまり、この逆の対策をとれば、ウェルシュ菌にとっては生きにくい環境といえます。

ウェルシュ菌の増殖を防ぐには、料理を10℃以下で保存するか、55℃以上に保ちつづけることが大切です。保存する際は、なるべく小分けにパックし、すぐに冷蔵保存することもポイントです。
再加熱する場合は、なるべく空気に触れるように混ぜ、中心部まで熱を通しましょう。

多くのバリエーションあるカレー。ぜひ今日からは、スパイスの効果効能からカレーを選び、腸の健康にも生かしていきましょう。


■参考
菅原正義,「腸内環境に及ぼすカレー香辛料の影響」,『浦上財団研究報告書』vol.5(1996)http://urakamizaidan.or.jp/hp/jisseki/1994/vol05urakamif-13sugawara.pdf

腸活(育腸)カレー~知らなきゃ損するスパイス5種のスゴイ効果!(2015.12.8掲載記事/菌活腸活ラボ)
http://lvw.co.jp/nyusankin_lab/column/the-effect-of-gastrointestinal-irritation-with-curry-to-eat-in-the-morning

カレースパイスの薬効(お天気レシピカレンダー)
https://www.bioweather.net/recipe/0707n/0707n_index_e.htm

腸内環境こそ、美と健康の重要なポイント(2016.8.10掲載記事/ヘルスケア大学)
http://www.skincare-univ.com/article/017799/

二日目のカレーは煮込んでもダメ!?食中毒を起こすウェルシュ菌対策(2016.6.16掲載記事/健康+生活)
https://health-to-you.jp/foodpoisoning/kare-syokutyuudoku56900/

カレーの栄養バランス、注意したい点は?(『QUPiO』健康コラム)
https://www.qupio.jp/2459

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カレーが腸活に最適な理由

この記事が気に入ったら
いいね!しよう