インドネシアの納豆? 「テンペ」のスゴい力

「テンペ」のスゴい力

「テンペ」という料理をご存知ですか。納豆を固めたような見た目のテンペは、インドネシア発祥の発酵食品で、大豆の煮豆を発酵させることで400年以上も作り続けられてきた伝統料理です。

その製法から“インドネシアの納豆”と呼ばれることもあり、日本の納豆と同じように様々な栄養素を含んでいることで知られています。

日本人には馴染みのない食品かもしれませんが、実はテンペには嬉しい美容健康効果がたくさんあります。

テンペって何?

インドネシア発祥で、伝統食として長く作り継がれてきたテンペ。大豆を煮て皮を抜いたものに「テンペ菌」という白カビをふりかけ、発酵させることで完成します。その製造工程は日本の納豆に近いですが、納豆と異なり、発酵してもネバネバやニオイはありません。また味のもセも少なく豆の風味が味わえるため、ナッツなどの穀類に近い味がします。

マクロビオティックの世界では、良質なタンパク質としてお肉の代わりに用いることもあり、テンペはアレンジにも広がりがあります。

テンペに含まれる「ポリアミン」のすごいパワー

大豆発酵食品であるテンペには、腸内環境を整えてくれる作用を始め、大豆由来のタンパク質やイソフラボン、食物繊維に、ビタミンやミネラル類など、豊富な栄養素含まれています。

また発酵させることによって各成分の量も増して吸収の効率も上がっていることから、高い美容健康効果の得られる食品といえそうです。

その中でも注目なのが、大豆発酵食品に多く含まれている「ポリアミン」という成分です。名前は聞き慣れませんが、アミノ酸の一種で新陳代謝を高め、血の巡りを良くしてくれたり、肌に水分を補給して、潤いを保ってくれる効果があります。

また血管内の炎症を抑制し、動脈硬化の予防にも効果があるとされています。

細胞の老化を緩やかにする効果があるとされ、近年はアンチエイジングの高さが注目を集めています。

テンペの美味しい食べ方

テンペは、納豆と味や触感は全く違うので、納豆の臭みが苦手な人にとっては、変わりに食べることのできる便利な食材です。

製造工程で塩を使わないテンペには、塩分やコレステロールがなく、味も淡白で調理方法を選びません。テンペをそのままカットして生で食べるのも良いですし、油で揚げたり炒ったりして、おやつのように食べることもできます。

ダイエット中のおやつとして取り入れるのも良いテンペ。様々なアレンジを加えて、テンペを試してみませんか。


【参考元】
発酵食品「テンペ」の驚きの効果と効能。美容や健康に最適!
http://josei-bigaku.jp/tenpe654164/
美容マニア大注目の「テンペ」の栄養がハンパない!嬉しい4つの効果
http://www.bibeaute.com/article/51910
「ずっと若々しく…」を目指すなら、大豆発酵食品「テンペ」はいかが?
https://www.anti-ageing.jp/news/d201001280001/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「テンペ」のスゴい力

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事