頑固な便秘を今なんとかする!便秘対策に効果のあるツボ5選!

頑固な便秘を今なんとかする!便秘対策に効果のあるツボ5選!

便秘が長く続くと肌荒れを引き起こすなど、体調を崩しやすくなります。いろいろと便秘対策をしてみても、効果が出にくい頑固な便秘を経験された方もいるのではないでしょうか。

今回は便秘に効果があるとされる、東洋医学のツボ(経穴)をご紹介します。ツボを押して刺激することで、気の流れを正常にして腸の働きを整えましょう。

ツボ押しは「心地よい痛さ」を忘れずに!

ツボ押しの基本は「押す」「揉む」「叩く」の3パターンあります。代表はやはり患部をピンポイントで押すこと。

押す場合は、親指の腹をもちいて、ツボを垂直に押していきます。この際強さは「心地よい痛み」を感じる程度の刺激を与えましょう。

3〜5秒程度押して、その後ゆっくり親指を離します。これを何度か繰り返しますが、このときに強く押しすぎると、筋肉を傷つけることがありますので注意しましょう。

またツボを押す際、呼吸にも意識を向けるとより効果が高まります。押しながらゆっくりと息を吐き、リラックス感を感じられるようツボ押しをしていきます。

妊娠中や体調不良のときには気の流れが普段と異なりますので、ツボ押しは控えるようにしましょう。

便秘に効くお腹のツボ

1.てんすう(天枢)

頑固な便秘を今なんとかする!便秘対策に効果のあるツボ5選!

大腸の募穴とも呼ばれ、天の気と地の気を分ける重要な場所にある経穴という意味をもつ天枢。消化器疾患、泌尿器疾患などに効果があります。

位置は、おへその中央から外側に向かって指3本分離れたところです。

注)ツボは人によって位置が違います。そのため、自分の身体の一部を基準として長さを決めるようになっています。ひとつの例として、「男性の場合は右手」、「女性の場合は左手」の親指の第一関節の横幅(親指を立てたときの横の長さ)が、『1寸』とされています。したがって、自分の手を使いツボの場所を確認するようにしてください。

2.だいこ(大巨)

大いに重要な経穴という意味のツボです。腹部で一番盛り上がったところにあります。腸けいれんや胃下垂などに効果があります。

位置は、下腹部で、へそ中央から外側に指3本分、さらに下へ指3本分下がったところです。天枢から指3本分下に下がると、大巨はあります。

3.べんぴてん(便秘点)

頑固な便秘を今なんとかする!便秘対策に効果のあるツボ5選!

名前の通り、便秘に効果がある点という意味のツボです。

便秘点は背中の肋骨の1番下からした指3本分へ降り、そこから指4本分外側にあります。手が届かない場合は、他の人に押してもらうとよいでしょう。

便秘に効く足のツボ

4.さんいんこう(三陰交)

頑固な便秘を今なんとかする!便秘対策に効果のあるツボ5選!

三陰交には、3つの気の流れ道が交わったところという意味があります。便秘だけでなく、胃腸疾患や泌尿器疾患、婦人病に効果があります。

足の内側、くるぶしのから指幅4本分上に上がったところにあるくぼみが三陰交です。

5.あしうら(足裏)

頑固な便秘を今なんとかする!便秘対策に効果のあるツボ5選!

足裏には、反射区(エリア)と呼ばれる各臓器に対するツボが集中しています。臓器に不調や異常があると、対応する足裏の反射区にツボが出現すると考えられています。

足裏の場合は一カ所ではなく、エリア全体を押すことがポイントとなります。大腸の反射区は、土踏まずの周辺で、カタカナの「コ」の形をしています。指でエリアを満遍なく押しますが、やりにくい場合はゴルフボールなどをおしつけてほぐすとよいでしょう。

便秘のツボによる治療は、胃腸の働きを活性化して、自然な排便リズムを取り戻すためにおこなうものです。

そのため健康状態に問題がないのに、胃腸の働きが弱ったときに起こる便秘に効果が高いといわれています。

手軽にできるツボ押し、ぜひ一度試してみてはいかがでしょう。

(文/日髙宗明)


【参考】
http://www.katacori.com/preventive/tubo2.htm

http://www.skincare-univ.com/article/002513/
http://www.skincare-univ.com/article/002511/
https://unlog.me/topics/tsuchifumazu
経絡・ツボの基本、マイナビ、2014
スーパーグラフィック 人体のツボ[経絡・経穴]、ナツメ社、2015

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
頑固な便秘を今なんとかする!便秘対策に効果のあるツボ5選!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事