乳酸菌と食物繊維がたっぷり 腸活に乳酸キャベツを取り入れよう

pixta_23404760_m

乳酸キャベツは発酵食

料理研究家の井澤由美子さんが考案した「乳酸キャベツ」をご存じでしょうか。千切りにしたキャベツと塩のみで作れるレシピで、ドイツ料理のザワークラウトのようなものです。

乳酸キャベツ(ザワークラウト)の酸味は、酢ではなく乳酸菌による発酵からきているものだそうです。つまり、腸活に効果的な発酵食品といえます。

なぜ乳酸キャベツは腸活にいいの?

乳酸キャベツは、その名の通り乳酸菌がたくさん含まれたキャベツです。千切りにしたキャベツに塩をもみこみ、常温で数日置くことにより、発酵が進みます。乳酸キャベツには、キムチと同じくらいの乳酸菌が生息しているといわれています。

乳酸菌は、腸内フローラのバランスを整えてくれます。さらに、乳酸キャベツのような植物性乳酸菌は動物由来のものに比べ胃酸に強く、生きて腸まで届きやすいと考えられているそうです。もともとキャベツには、胃腸の修復にいいとされるキャベジン(ビタミンU)のほか、ビタミンCや食物繊維が豊富に含まれています。

キャベツを塩もみすることで、かさも減るため、量も食べられるようになります。まさに、腸活に便利な食材ですね。

乳酸キャベツの食べ方

乳酸キャベツは発酵が進むにつれて、うま味も増します。そのまま食べるほか、肉料理の付け合わせにも使えます。同じ発酵食品のチーズや納豆と合わせれば、効果もよりアップするそうです。

また、オリーブオイルをかけて洋風にする、酸っぱさを生かして海藻と合わせ酢の物風にするなど、さまざまな料理に活用できます。腸内フローラのバランスを整えるためには毎日食べ続けた方がいいといわれているので、アレンジが効くのはうれしいですよね。

乳酸キャベツは、白菜やキュウリなど、漬物として食べられている野菜でも作れるそうです。ザワークラウトのように、唐辛子やスパイスなどを足しても◎。

湿度が高くなりカビも生えやすい梅雨時期は、手作りの発酵食品に気をつけたい季節でもあります。また、夏場は雑菌が繁殖しやすいため、常温で発酵させるのが難しいそうです。はじめて発酵食品を作るなら、梅雨前の今の時期がおすすめです。


【参考】
乳酸キャベツでおなかすっきり 簡単に作れる発酵食|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO04830350U6A710C1000000?channel=DF260120166503
FYTTEweb「便通改善、下腹がへこんだ!の声続々!腸活キャベツのダイエット効果がすごい」
http://fytte.jp/news/meel/1612/chokatsu_cabbage01.php
NHKテキストView「手軽につくれて健康効果も! ザワークラウトってどんなもの?」
http://textview.jp/post/cooking/19177

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pixta_23404760_m

この記事が気に入ったら
いいね!しよう