スーパー大麦バーリーマックスに注目! 腸活にグラノーラを食べよう

%e7%84%a1%e9%a1%8c

腸活ブームがきっかけで、グラノーラが大人気

グラノーラは、オーツ麦や小麦・玄米など食物繊維が多い穀物がメインのシリアルです。『腸活』ブームをきっかけに売上を伸ばし、健康に関心が高い人たちの間で大人気となっています。

グラノーラは、材料を合わせたあとに「焼き上げる」工程が入るため、パリパリと香ばしさがあるのが特長です。ドライフルーツ入りやメイプル風味など甘みがあって食べやすく、よく噛むので食べ応えもあります。

オーストラリア生まれの『スーパー大麦バーリーマックス』

グラノーラの素材として注目されているのが大麦です。大麦は、腸活に良いとされる水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方が含まれている穀物です。

なかでも、オーストラリアで開発された『スーパー大麦バーリーマックス』には、通常の大麦とくらべて2倍の食物繊維と4倍のレジスタントスターチ(難消化性でんぷん)が含まれているそうです。レジスタントスターチは消化酵素の影響を受けにくく腸の奥まで届くといわれており、スーパーフードとして注目されつつあります。

お菓子やレトルト食品など、バーリーマックスを使った商品も登場しています。グラノーラを選ぶときの基準にしてもよさそうですね。

オリジナルでグラノーラを作ろう

グラノーラは、牛乳やヨーグルトと一緒に食べる方法が一般的です。ほかにも、マフィンやスコーンの生地に加えたり、パフェのトッピングにしたり、さまざまなアレンジや食べ方があるそうです。

また、自宅でグラノーラを作ることもできます。ベースとなるオートミール(オーツ麦)などの穀物や、トッピング用のナッツやかぼちゃ・ひまわりの種を用意します。甘さは、メープルシロップやドライフルーツなどで調整しましょう。材料は、グラノーラ専門店や製菓材料店などで入手できます。

材料(約6人分)
・オートミール(大麦)をベースに、お好みの穀物 3カップ
・なたね油(グレープシードオイルやオリーブオイルでもOK) 大さじ4
・メープルシロップ 大さじ4
・トッピングとなるナッツやドライフルーツ 適量

作り方
1.ベースとなる穀物をフライパンに入れて、中火で5分ほどから煎りしたら、一旦取り出す。
2.フライパンにメープルシロップと油を入れてまぜ、煮立ってきたら火を止める。
3.フライパンに穀物を戻し、よく混ぜ合わせる。
4.弱火で焼き色がつきカリッとするぐらいまで炒る。
5.バットなどに広げて冷まし、トッピングを加えてできあがり。

ナッツやドライフルーツの組み合わせによって、食感にも変化が出ます。自分好みのオリジナルグラノーラを作ってみましょう。

バリエーションの多さも魅力のひとつ

各食品メーカーでは、グラノーラの新商品が続々と販売されています。糖質や脂質を抑えたものや、子どもをターゲットとしたチョコレート味などもあり、選択肢も広がります。お気に入りの味を見つけて、おいしく腸活を続けましょう。


参考資料
グラノーラ売上5年で7倍、驚異の急成長を遂げた理由
http://diamond.jp/articles/-/118703
注目素材「スーパー大麦バーリーマックス」 日本市場で展開加速 – 食品新聞社
https://goo.gl/DF57U9
生活習慣病予防に注目のレジスタントスターチとは? [食と健康] All About
https://allabout.co.jp/gm/gc/407450/
フライパンで作れる! ヘルシー グラノーラ | レタスクラブニュース
http://www.lettuceclub.net/lettuce/special/20141105/01/
cuoca「グラノーラの作り方 基本のレシピ&おいしい食べ方」
http://www.cuoca.com/articles/granola/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%e7%84%a1%e9%a1%8c

この記事が気に入ったら
いいね!しよう