「痩せ菌」ってなに?腸内に生息する「痩せ菌」の正体とは

『痩せ菌』で効率的にダイエットを!腸内に生息する痩せる菌の正体とは

人間の腸内にいる菌のなかに、「痩せ菌」と呼ばれる、ダイエット効果を高める菌が存在するといわれています。その正体は、『ビフィズス菌』や『バクテロイデス』などの菌たちです。今回は気になる痩せ菌の正体と痩せ菌を増やす方法をご紹介します。

痩せない原因は腸内環境に原因がある?!

『腸内細菌』という言葉を私たちはよく使いますが、人間の腸内には約100兆個の細菌が生息しています。腸内細菌の種類や数の割合は、生活環境や食事、年齢によって異なりますので、ひとりひとり全く異なる割合で生息しています。
この腸内細菌のなかに、痩せ菌と呼ばれる、脂肪燃焼効果を持つものがあることが、最近の研究ではわかってきています。腸内環境が整っていない腸の中では痩せ菌が十分に存在せず、太りやすい体質になってしまうことがあるんです。

痩せ菌の正体とは?

腸内には有用菌と有害菌、日和見菌(ひよりみきん)という3種類の細菌グループが存在しています。有用菌と有害菌は、善玉菌と悪玉菌などと呼ばれ、聞いたことがある人も多いと思います。この3つの菌たちのバランスが腸内環境を決め、私たちの健康や美容に深く関わっています。
そして痩せ菌の正体は、腸内細菌のなかの『ビフィズス菌』や『バクテロイデス』などの細菌たちです。

『バクテロイデス』は、日和見菌というグループに属する細菌で、普段は有用でも有害でもありませんが、腸内環境によって有用な物質を出したり、有害な物質を出すことがあります。この有用な物質を産生して出す状態のときに、バクテロイデスは短鎖脂肪酸を作り出します。短鎖脂肪酸には脂肪の吸収をブロックする働きがあり、脂肪の代謝を改善し、内臓脂肪を減らす働きも認められています。これらの働きによって、バクテロイデスは“痩せ菌”と呼ばれ、太りにくくなると考えられます。

ヨーグルトなどでおなじみの『ビフィズス菌』は、ビフィドバクテリウム属に分類される細菌の総称です。ビフィズス菌は、腸内の環境を整え、ビタミンを合成したりするので、私たちの健康維持に欠かせない存在です。
ビフィズス菌も、バクテロイデスと同じように、短鎖脂肪酸を作り出すはたらきがあるといわれていますう。

腸内環境が整っている人は、これら痩せ菌の数が多く太りにくいというわけです。

痩せ菌を増やす方法とは?

痩せ菌を増やすには、腸内環境を整えることが基本となります。有用菌と有害菌のバランスが腸内環境に関わりますので、有用菌を増やすし、有害菌を増やさないようにすることが、結果として痩せやすい身体をつくることにつながります。
有用菌を増やすためには、有用菌を食品から直接摂取すること、そして有用菌のエサとなる、水溶性食物繊維やオリゴ糖を豊富に含む食材を摂取することが有効です。
水溶性食物繊維を多く含む食材としては、きくらげ、らっきょう、大麦、あんず、いちじく、プルーン、ブルーベリーなどがあります。
また有害菌を増やさないためには、消化の悪い食べ物、脂質を多く含む肉や魚、甘い物などの取りすぎに気をつけることが大切です。

ダイエットを頑張っているのに、イマイチ効果が感じられない。そんな人は、もしかしたら腸内環境が原因にあるかもしれません。痩せ菌を増やす生活を心がけながら、効果的にダイエットに取り組みましょう。

(文/yshidaka 薬剤師)

【参考】
DietBook デブ菌が原因で痩せない?【ヤセ菌を増やしダイエット成功!】
http://dietbook.biz/debukinyasekin-7959.html
日本食品標準成分表2015年版(七訂)
腸内細菌が体型にも影響!?痩せ型の人に多い「痩せ菌」とは?
https://unlog.me/topics/yasekin2
食べても太らない人の秘密! 腸内の「ヤセ菌」を増やす方法とは?
http://googirl.jp/item/1510yasekin010/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『痩せ菌』で効率的にダイエットを!腸内に生息する痩せる菌の正体とは

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事