腸内を整えて! 生理前・生理中の下痢対処法

生理前・生理中の下痢対処法

なぜ生理前に下痢になるの?

普段は快調な便通が、生理前後で乱れてしまうということはありませんか。特に、生理前には、下痢に悩まされるという方が多いようです。なぜ、生理前になると下痢になってしまうのでしょうか。

生理周期に深く関わっているには、「エストロゲン」という卵胞ホルモンと、「プロゲステロン」という黄体ホルモンというホルモンがあります。卵胞期とよばれる生理から次の排卵までの間は、卵胞ホルモンが特に多く分泌され、排卵から生理までの黄体期がくると、黄体ホルモンが多く分泌されます。

黄体ホルモンは、妊娠したときに流産を防ぐために、子宮の収縮を抑える働きをします。しかし子宮だけではなく、大腸まで影響を及ぼすために、人によっては便秘気味に。これが生理前になると、黄体ホルモンが激減。ホルモンにより抑えられていた腸の働きが突然活発になることで、下痢を起こしてしまうのです。

生理中に下痢になる理由は?

生理前の下痢は黄体ホルモンも働きが関係していましたが、生理中の場合は別のホルモンが原因として考えられています。それが「プロスタグランジン」です。生理中は、経血を体外に出すために「プロスタグランジン」の働きで子宮を収縮させます。しかし、このとき同時に腸も収縮させてしまう作用があるのです。腸のぜん動運動が早くなると、腸壁からきちんと水分を吸収できなくなります。結果、下腹部痛を伴う下痢が起きてしまいます。

また、生理中は精神的にも不安定になりやすい時期。ストレスから自律神経が乱れてしまうことで、腸が影響を受けて下痢が引き起こされてしまうこともあるのです。

冷えは大敵!

生理中も生理前も、冷えには注意が必要です。また下痢のときも、体を冷やすとよくありません。

体を温めることで、血行を良くなります。同時に骨盤内のプロスタグランジンが排出されやすくなり、症状が改善されることも。露出の多い服を控えたり、腹巻きなど体を温めるものを使ったりして、冷やさないように工夫しましょう。

また、体を温めてくれる根菜類や、血行を良くしてくれる食材を積極的にとって、内側から体温を上げるのも効果的です。ストレッチや半身浴で血流をよくするのもひとつの手。生理前後のストレス解消にも役立ちます。

刺激物はNG! お酒や辛い物は控えよう

下痢のときは、腸を刺激して症状をひどくさせるアルコールやコーヒー、辛い食べ物などの刺激物はなるべく控えたいところ。また、脂肪や食物繊維の多い食材も腸に負担をかけてしまいます。消化の良い物を選んで、良く噛んで食べるようにしましょう。

また、糖類や人口甘味料も、腸に水分を溜めこんでしまう作用があります。果物や豆類などの糖質を多く含む食材や、甘いお菓子は控えておきましょう。

このほか、下痢のときは脱水症状を起こさないよう、水分を摂ることが欠かせません。ただし、冷たい物は体を冷やしてしまうため、常温か温かい飲み物を選んでくださいね。

辛いときは下痢止めも

基本的には、自然に治まるまで待つしかない下痢症状。しかし、あまりに辛いときには、我慢せずに市販の下痢止め薬を使うのもひとつの手です。症状がひどいときには、自分に合ったものを携帯しておくと安心です。

【参考】
マイナビニュース「生理と下痢が同時進行!? 女性ホルモンがお腹をゆるくしていた!」
http://news.mynavi.jp/articles/2015/10/08/menstruation/
ヘルスケア大学「これは困る!生理前の下痢の原因と予防法」
http://www.skincare-univ.com/article/004712/
ヘルスケア大学「生理痛と下痢の原因と対策」
http://www.skincare-univ.com/article/014366/
Doctors Me「生理中に下痢になりやすいのはなぜ? 原因と対処法を医師が教えます!」
https://doctors-me.com/doctor/symptom/33/column/5714

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
生理前・生理中の下痢対処法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事