焼き芋がおなかに効く!? さつまいもで、腸内フローラを元気に!

さつまいもで、腸内フローラを元気に!

そもそも腸内環境をよくするってどういうこと?

腸内環境をよくすることのひとつに、腸内にいる、腸内フローラの有用菌を増やすということがあげられます。そして、それに欠かせないのが「食物繊維」「乳酸菌」「オリゴ糖」。食物繊維とオリゴ糖は、腸内の有用菌のエサになり、乳酸菌は、有用菌を増やすのに役立つのです。

そんな有用菌を増やす栄養素をバランスよく含んでいるのが、今回注目したい焼き芋! みなさんも、昔から便秘に効果が高いと言われるサツマイモに注目してみてはいかがでしょう?

腸内フローラを元気にするには「食物繊維」が必須

腸内フローラを元気にするために欠かせない食物繊維ですが、その種類にも注目する必要があります。食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり、摂る種類によって役割が異なるのです。

食物繊維が多く含まれる食品は?

水に溶ける性質の水溶性食物繊維を多く含むのが、海藻類や果物類。一方、デトックス効果のある不溶性食物繊維を多く含むのが、野菜類、豆類、いも類、きのこ類などです。

水溶性食物繊維は保水性が高く、便をスルッと出すために必要な食物繊維。

そして、水に溶けない不溶性食物繊維は、腸を刺激し、蠕動運動を盛んにしてくれる作用があります。ただし一度にたくさん食べると、逆に便秘になってしまうこともあるため気をつけておきましょう。そして、そんな2つの食物繊維を併せ持つのがサツマイモです。

サツマイモを食べて菌トレしよう!

通常規則正しい生活をして、バランスの良い食事を摂っていれば、腸内環境を良い状態に保ちやすくなります。しかし、毎日規則正しい生活を送ることは意外と難しいですよね。そんな、忙しくて食事を抜いてしまったり、バランスの良い食事を摂れなかったりするときに、おすすめしたいのが、手軽に摂れる「焼き芋」です。

間食にもおいしくいただけますし、食べ応えもあるため、食事の代替品にも◎。便秘のときには、たっぷりの水分と焼き芋で便秘対策してみましょう。

そのまま焼いたり、茹でたりするのでもいいのですが、できればオーブンやオーブントースターで焼き芋にするのがおすすめ。ゆっくりと加熱することにより、サツマイモに含まれるアミラーゼという物質によって甘みが増し、砂糖などの甘味を加えなくても、おいしくいただけるのです。

軽く水で洗ってそのままアルミホイルにくるんだら、オーブントースターや、オーブンで加熱しましょう。竹串がスッと通るようになったら食べごろ! 少し多めに作って、冷蔵庫に保存しておけば2~3日持つので、ストックしておくのもおすすめですよ。

毎日『紅はるか』100gを摂取するだけで腸内に有用菌を増やせる!

朝食に100gの『紅はるか』の焼き芋を水分とともに毎日摂り続けると、排便回数が増加したという報告があります。これは『紅はるか』の水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の比率が1:1.4と、バランス良く含まれているから。甘味のつよい『紅はるか』であれば、満足感も高く、食物繊維もしっかり摂ることができますよ。

長期決戦の菌トレは無理のない範囲で継続しよう!

腸内環境は、日々変化しているため、継続して腸によい食生活を送ることが大切です。『紅はるか』などの焼き芋なら、おいしく手軽に取り入れられるので、みなさんも日々の生活に焼き芋を取り入れてみてはいかがでしょう?

最近では『紅はるか』をはじめ、さまざまな、品種のサツマイモが市販されていますので、お好みのものを探してみてくださいね! 無理のない範囲で続けることが、腸内フローラを良好にするポイント。焼き芋で、お手軽に便秘対策をはじめてみませんか?

【参考】
腸内フローラの研究と機能性食品 光岡知足
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jim1997/15/2/15_2_57/_pdf
さつまいもドットコム サツマイモQ&A
http://www.satumaimo.com/satumaimo-qa.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さつまいもで、腸内フローラを元気に!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事