あなたの腸は健康? 便を確認して腸内環境を整えよう!

便を確認して腸内環境を整えよう!

便のチェックで自分の腸内環境を知ろう!

みなさんはトイレで、自分の便をチェックしていますか? 便は、体にとって不要な物を排泄するだけでなく、体調がわかるバロメーターでもあります。健康管理の一環として、トイレでの便チェックを取り入れてみてはいかがでしょう?

便は腸の健康のバロメーター

1日に排出される便の量の平均は100~200g。重さの2/3は水分、1/3は腸内細菌、セルロースや不消化物、胃や腸の分泌物や剥離した細胞からできていると言われています。便を調べると、お腹の中にどんな菌が存在しているのかがわかります。自分で、菌までチェックすることは難しいですが、便の色や形、硬さをチェックできれば、腸内が健康かどうかを図るバロメーターになってくれますよ。では早速、便のタイプ別に腸の状態を解説していきましょう。

理想的な便:バナナのような便

正常な腸の場合、便はバナナやフランクフルトのような状態で排出されます。長くて太い便が理想的な便と言えるでしょう。有用菌が豊富に存在し、腸内環境の水分量や消化・吸収の仕組みが極めて良いときにこういった便になります。そして排泄するときに、力むことなく、するっと出れば理想的な便と言って間違いないでしょう。毎日こういった便が排泄できるのが理想ですが、2~3日に1回の場合でも、するっと出るなら問題はありません。

便の色は、胆汁から出るビリルビン色素が関与しており、色が黄色になればなるほど、腸内が酸性で、有用菌が多く存在することになります。ですから色が黒い方に傾くと、腸内環境が悪くなっているという証拠。形も色もチェックするようにしてみましょう。

お酒好きは要注意:液体便

飲み過ぎた次の日に、便が緩くなってしまったことはありませんか? 水分量が多く、ニオイがキツイ液体の便が出たときには、腸内環境が乱れている可能性があります。食べ過ぎや飲み過ぎ、お腹が冷えたときなどに、腹圧をかけなくても水のように流れ出る便を、液体便と言います。なんらかの原因で、腸が疲労して、消化や水分の吸収機能が落ちてしまうと引き起こされるため、お酒好きという方は、飲み過ぎないよう気をつけておきましょう。

ダイエット中の女性に多い:ウサギのフンのようなコロコロした便

ダイエット中や、食事量が極端に少なくなったとき、コロコロした便が出た経験はありませんか? 食事量が少ないと、便の量自体が少なくなってしまいます。また、こういったときには、水分量も減っているため要注意。便の水分が無くなり、便のかさが少なくなってしまうのです。コロコロした便は排出しにくいので、ダイエット中は、とくに水分摂取を怠らないよう気をつけておきましょう。

お肉が大好きな方は要注意!:ニオイのキツイ便

肉食の人に多いのが、ニオイのキツイ便です。臭いのは、腸に有害な菌の数が多い証拠。有害菌は脂質や動物性蛋白質を好みますから、有害菌から排出される有毒ガスによって、おならや便が臭くなってしまいます。お肉ばかりの食生活をしていると、腸内環境のバランスが崩れてしまい、生活習慣病につながることも。野菜もしっかり摂ってバランスよく食べるよう、心がけましょう。

便のチェックで腸内環境を整える努力を

毎回便をチェックすることは、自分の生活習慣を見直すきっかけにもなります。腸内環境が良好なら、体全体が健康になっていきます。あなたも毎日便をチェックして、腸の健康に注目してみてはいかがでしょうか?

【参考】
https://www.apha.jp/medicine_room/entry-3543.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
便を確認して腸内環境を整えよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事