腸内細菌は実は免疫の鍵を握るキーマン? 相互的な関係とは

腸内細菌は実は免疫の鍵を握るキーマン?

腸内細菌は免疫を支える“主役”

腸内細菌には、便通を整える以外にも大切な役目があることをご存知ですか? たしかに、腸は消化吸収を担い、便を排泄するデトックス器官であることは間違いありません。
しかし、私たちの体を守る免疫反応とも深い関係があるのです。免疫とは、ウイルスや細菌などの外敵から自分の体を守るための大切な機能。免疫と腸内細菌がどう関係しているのでしょう? そこで今回は、免疫と腸内細菌の関係についてご紹介していきたいと思います。

腸内細菌と免疫の密な関係とは?

腸内に住んでいる100兆個にも及ぶ腸内細菌は、腸管免疫と呼ばれる免疫系に影響を与えることがわかってきています。免疫は、免疫を担当する細胞が主役になるタイプと、抗体が主役になるタイプのふたつに分類することができます。この免疫系の多くを占めているのが腸管免疫。実は免疫系全体のうち、6割ほどの細胞(リンパ球)や抗体は、腸管免疫で構成されているのです。

腸内細菌のバランスが乱れると自己免疫疾患を引き起こす

腸内細菌のバランスが良い状態に保たれていると、健康を維持することができますが、逆に乱れてしまうと、免疫のバランスも乱れてしまいます。たとえば、抗生物質を不適切に多用することより、腸内フローラ(腸内細菌叢とも呼ばれる、多用な腸内細菌が花畑のように腸内で生息している様子)が乱れてしまうケースがあります。また、食べ過ぎ、飲み過ぎなどの食生活の不摂生。ストレス、加齢、運動不足などによっても、腸内細菌のバランスは乱れてしまいます。その結果として、自己免疫疾患などの病気を引き起こすことも少なくありません。

免疫反応が腸内細菌層を双方向に維持するために働いている

最近の研究では、腸内細菌が免疫に影響を与えるだけでなく、ある種の免疫細胞が腸内細菌の多様性を増し、バランスの良い腸内バランスを作ってくれることがわかってきました。腸内細菌と免疫は、双方向にお互いを維持できるように働いているのです。将来的には、外から腸内細菌を取り入れることで、腸内フローラや免疫をコントロールできるようになるかもしれません。

乳酸菌を摂ると腸内細菌と免疫が活性化する?

腸内細菌のバランスを整えるには、食品などで腸内細菌を活性化する方法があります。みなさんは、「プロバイオティクス」という言葉を耳にしたことがありますか? 腸内フローラの改善に関与する生きたビフィズス菌や乳酸菌などの細菌や発酵食品を指します。
プロバイオティクスである乳酸菌を摂取すると、その菌が腸に届き、免疫系を活性化させると言われています。免疫細胞として有名なNK(ナチュラルキラー)細胞の応答を活性化させる作用、IgE抗体の産生を抑えて、アレルギー反応を抑制する作用などが期待され、研究が進んでいます。

腸内細菌を元気にして、強い免疫力を身につけよう

腸内細菌は、私たちの体を外敵から守ってくれる心強いパートナーです。免疫力の低下はさまざまな病気を引き起こします。免疫を高めるためにも、プロバイオティクスなどの腸内フローラを活性化させるものを、外から補って健康な体を目指してみませんか? お腹の中にいる腸内細菌をもっと労わってあげれば、外敵に負けない強い免疫力が身につくはずです。みなさんもこれを機に、腸内細菌を意識してみてはいかがでしょう?

【参考】
中外製薬 免疫とは?
http://chugai-pharm.info/bio/antibody/antibodyp02.html
理化学研究所 腸内細菌叢と免疫系との間に新たな双方向制御機構を発見
http://www.riken.jp/pr/press/2014/20140711_1/
文献 熊本大学腸内細菌叢が薬の効果に影響 「概要」
http://www.kumamoto-u.ac.jp/daigakujouhou/kouhou/pressrelease/2016-file/release160726.pdf
理化学研究所 要旨
http://www.riken.jp/pr/press/2014/20140711_1/
腸管免疫と腸内細菌 プロバイオティクス
http://www.nyusankin.or.jp/scientific/pdf/Nyusankin_477_a.pdf

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
腸内細菌は実は免疫の鍵を握るキーマン?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事