発酵食品でダイエット成功! 元気な腸で減量しよう!

元気な腸で減量しよう!

ダイエットが成功しないのは、消化機能が衰えているから!?

ダイエットをしているのに、なかなかやせない。一時的に断食したり、食事量を減らしたりして、やっとやせた! と思ったとたんにリバウンド。そんな経験はありませんか? そもそも、健康な体質で、消化が上手に行われていれば、とくに食事制限をしなくても体内の老廃物を排出できます。しかし、なんらかの理由によって、消化が上手くいかないとどうでしょう?
排出されるべきものが排出されないとなると、いらないものを溜め込んでしまうことになってしまいますよね。そんな溜め込む体にさせないためには、消化が欠かせません。ですので、みなさんも、消化機能アップから、目指してみてはいかがでしょう? 

ダイエットに◎発酵食品でやせる腸に

消化機能のアップに最適なのが、発酵食品です。では早速、どのようにダイエットをサポートしてくれるのか、どのように取り入れればよいか、併せてご紹介していきましょう。

発酵食品を摂ることで、腸からやせる

鰹節、ヨーグルト、チーズ、納豆、味噌、醤油、漬物。これらはすべて発酵という過程を経て作られた発酵食品です。発酵食品は、微生物によって消化されたものなので、体内の消化酵素やエネルギーの消費を抑えることできます。また、発酵食品は、腸内の有用菌を活性化し、腸を活発に動かしてくれるのです。太る原因となる血管の詰まりを改善する効果もあるため、血液サラサラ効果も! ダイエットの第一歩は、腸内環境を良くすること。発酵食品で、やせやすい腸を目指しましょう。

食事のバランスも見直して

「納豆を食べてもやせない」「毎日ヨーグルトを食べているのに」いくら発酵食品を食べていても、それ以外の食生活が乱れていては、やせる腸にはなりません。まずは、食生活の見直しから行い、食べたら出す、というサイクルを作っていきましょう。
食生活には、バランスが大切です。主菜、副菜、汁物、そして、水分摂取を見直して、健康的な食生活にプラスするように、発酵食品をくわえてみませんか? 

発酵食品は続けることが大切!

ヨーグルトがいい、納豆がいい、という知識があっても、なかなか毎日摂るのは難しいですよね。しかし、発酵食品で消化機能をアップするには、継続的に摂ることが大切です。ヨーグルトであれば、まず2週間。既定の量を続けて摂ってみましょう。キムチや納豆なども同様です。腸内細菌を効率よく育てるためにも、継続して取り入れていきましょう。

一品だけ添える。発酵食品で減量が成功!

食べるだけで、体内の有用菌を増やしてくれる発酵食品は、きっとダイエットの強い味方になってくれるはず。まずは毎食一品、発酵食品をくわえることを心がけてみましょう。納豆も、最近ではさまざまな味のものが発売されています。しそやノリなどのタレが付属している場合もありますし、発酵食品である、キムチと合わせるのもおすすめです。
ヨーグルトであれば、味にもバリエーションがありますし、少し温めてホットヨーグルトにするなど、アレンジも色々。選べる発酵食品の幅を広げれば、飽きずに続けられるはずですので、こなふうに、発酵食品メニューのレパートリーを増やしておくといいかもしれません。ぜひみなさんも、ダイエットに発酵食品を取り入れてみてはいかがでしょう?

【参考】
http://www.okgenki.com/enzyme/fermentation/
http://www.skincare-univ.com/article/009575/
http://www.hitachi-systems.com/report/specialist/ryoushoku/03.html
http://www.nttcom.co.jp/comzine/no015/wise/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
元気な腸で減量しよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事