腸内環境を整えて風邪予防!? すぐに作れる酵素レシピ!

酵素レシピ

腸内細菌と酵素の関係

酵素は、腸内フローラを形成している「腸内細菌」と深い関わりがあります。食物に含まれる酵素は、消化酵素をサポートし、腸内細菌のバランスを整えてくれるのです。また、腸は、体内の免疫作用を担っている部分でもあります。腸内にある免疫細胞の数は、体全体の6割以上。つまり、酵素を取り入れて腸内環境を整えることで、病原菌からの感染が軽減されたり、予防できたりするのです。

酵素を効率良く取り入れる! 酵素レシピ・3つ

生きた酵素を腸内環境に摂り入れるためには「生」で食べることがポイントです。酵素は、野菜やフルーツ、魚や肉といった、あらゆる動植物から得られますが、48度以上の加熱により死滅してしまうのです。すりおろしたり、ジュースにしたりすると消化しやすく、酵素を効率良くチャージできますよ。また、納豆や酢、味噌など、発酵食品にも、酵素がたくさん含まれています。積極的に取り入れていきましょう!

・アボカドと貝割れ菜のとろろそばサラダ

滋養強壮のイメージが強い長いもですが、消化を助けるジアスターゼが、消化に良いとされる大根の4倍も含まれています。すりおろすことで酵素の働きが高まるので、頑張ってすりおろしましょう!

〈材料 1人分〉
アボカド 1/2個
トマト 1/2個
貝割れ菜 1/4パック
長芋 50g
そば50g
めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ1と1/2
レモン汁 大さじ1
エキストラバージンオリーブオイル 大さじ1

〈作り方〉
1.アボカドは皮と種を取り除いて1㎝角切りにする。トマトも合わせて1㎝角切りにする。
2.長芋は皮をむいてすりおろす。貝割れ菜は1/2の長さに切る。
3.そばは表示通りにゆでて水洗いし、水気をよく切る。
4.めんつゆ、レモン汁、オリーブオイルを混ぜて、ドレッシングを作る。
5.器にそばを盛りつけ、アボカド、トマト、長芋をのせて、貝割れ菜を飾る。最後にドレッシングをかける。

・キムチ風味のみぞれ納豆

納豆とキムチに含まれる植物性乳酸菌は、生きたまま腸に届いて有用菌を増やします。大根おろしは消化を助けてくれるので、食後に胃もたれ感がある人にも◎。火も使わず、材料を合わせるだけで、簡単にたっぷり酵素をとることができますよ。

〈材料(1人分)〉
納豆 1パック
キムチ 30g
大根おろし 大さじ2
しょうゆ 少々
刻み海苔 飾り用

〈作り方〉
1.納豆にキムチとしょうゆを混ぜる。
2.器に1と大根おろしを盛りつけ、仕上げに刻み海苔をのせる。

・カラフルピクルス

疲労回復や血糖値のコントロールなど、体によい作用が注目されている酢ですが、実は酵素を活性化し、消化をスムーズにする働きがあります。冷蔵庫で日持ちするので、常備菜としてもおすすめですよ。

〈材料(2人分×2回分)〉
かぶ 中1個
パプリカ(赤) 1/4個
きゅうり 1/2本
〈ピクルス液〉
米酢 50cc
水 50cc
砂糖 大さじ1
はちみつ 小さじ1
塩 小さじ1/4
赤唐辛子 1本
黒こしょう 2~3粒

〈作り方〉
1.かぶ、パプリカ、きゅうりはそれぞれ小さめのひと口大に切る。
2.ピクルス液の材料を合わせて火にかけ、軽く沸騰したら火を止めて冷ます。
3.1を保存瓶にいれ、常温にさめた2を注ぎ、ひと晩漬ける。

腸内環境も整えて、酵素をさらに増やそう!

夜遅くに食事をする習慣や、夜更かし朝寝坊の生活を続けていると、酵素不足になり、せっかく食事で取り入れた酵素のパワーが半減してしまうことも……。ですので、早寝早起きの規則正しい生活のなかで、酵素を含む食材を取り入れるのが◎。効率良く酵素を取り入れて、上手に腸内環境を整えていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
酵素レシピ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事