腸内フローラでアレルギー症状が改善する? その関係性とは?

アレルギー

腸内フローラとアレルギー症状

アレルギーをもっている人が増加している現代。日本人の3人に1人は、何らかのアレルギーをもっていると推計されています。多くの人がアレルギーの症状に悩まされている中、最近では、腸内フローラを整えることで、アレルギー症状を改善できると注目を集めています。話題の腸内フローラとアレルギーの関係は、一体どのようなものなのでしょうか?

腸内フローラでアレルギー症状を改善

花粉症などのアレルギー対策に、ヨーグルトを食べるといいと聞き、取り入れているという方も、少なくないのではないでしょうか。とはいえ、本当に効果があるのか? 気になりますよね。では早速、腸内細菌がアレルギー症状をやわらげるメカニズムをみていきましょう。

乳酸菌の力でアレルギーを撃退しよう

有用菌の中でも有名な乳酸菌。ある種の乳酸菌は、アレルギー症状を改善してくれる作用があるといわれています。アレルギー反応は、アレルギーのもとである抗原(花粉やハウスダストなど)が体内に入ってきたときに、免疫システムのIgE抗体が、ヒスタミンなどを作動させることによって引き起こされます。

くしゃみや鼻水、炎症などのアレルギー反応は、人の体内に入ってきた異物を外に出そうとする体の防御反応です。しかし、免疫システムが本来の役目よりも過剰に反応してしまうと、つらいアレルギー症状になってしまうのです。

最近、注目されているのは、腸内の有用菌である乳酸菌に、アレルギー反応のスイッチであるIgE抗体の産生を抑える働きがあるという研究です。アレルギーを起こしやすい体質の方は、体内でIgE抗体がたくさん作られています。ですので、乳酸菌の力で免疫システムのスイッチであるIgE抗体を適度に少なくすれば、ヒスタミンなどのアレルギー物質を過剰に出さずに済むのです。

制御性T細胞がアレルギー反応を改善してくれる

ある種の乳酸菌は、IgE抗体の産生をおさえる働きとは別に、制御性T細胞を増やしてアレルギー反応を穏やかにする作用も注目されています。
制御性T細胞は、Tレグ細胞ともよばれています。制御性T細胞には、免疫システムによる過剰な攻撃力をやわらげる働きがありますので、つらいアレルギー症状を改善する効果が期待できます。

腸内フローラをコントロールし制御性T細胞を増やそう

制御性T細胞を増やすためには、有用菌が産生する「酪酸」を増やすことがポイントです。酪酸が多い腸内では、制御性T細胞が作られやすく、活動しやすい環境にできます。逆に、腸内環境が悪いと、制御性T細胞の活動は鈍るといわれていますので、アレルギー体質の方は腸内環境を見直してみるといいかもしれません。

腸内フローラでつらいアレルギー症状を乗り切ろう!

病気に打ち勝つためにも、欠かすことのできない免疫システム。しかし、それが過剰になってしまうと、その免疫システム自体がアレルギー症状として、つらくなってしまいます。腸内環境を整えて、アレルギー症状の改善に取り組んでみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アレルギー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事