有害菌と有用菌がカギ。菌トレは“究極のアンチエイジング”

有害菌と有用菌

アンチエイジングしたいなら菌トレ!

お花畑のように、集まって生息していることから、『腸内フローラ』と呼ばれている腸内細菌。みなさんは、この腸内フローラの働きをご存知ですか? 腸内フローラには、大きく分けて有用菌、日和見菌、有害菌の3つが生息しています。そして、この腸内フローラを、有用菌2割、日和見菌7割、有害菌1割という理想的なバランスにしておけば、美肌、生活習慣病予防など、体にうれしい作用がたくさんあるのです。

有害菌を抑えて有用菌を働かそう!

腸内フローラは、有害菌が優勢になると、体に悪い影響を与えます。その悪い影響のひとつにあげられるのが老化です。有害菌が産生する毒素は、老化を促進させる原因になってしまいます。つまり、有害菌を抑えて有用菌を働かせれば、加齢による悩みを解消できるかもしれません!

腸内フローラのバランスを整えて、肌老化を防止!

腸内が、有用菌の優位な状態に保たれていると、血流がよくなり肌のターンオーバー(新陳代謝)を促進することができます。ターンオーバーが上がるとシミ、しわ、たるみなど、あらゆる肌老化を抑えることができるので、自然とアンチエイジングすることができるのです。逆に有害菌が優勢になってしまうと、吹き出物が出やすくなり、肌荒れを起こしてしまいます。

有害菌が作りだす毒素が、体に与える影響

有害菌が産生する毒素は、肌の老化を進めるだけではありません。体の各臓器に毒素が影響し、生活習慣病の引き金となる可能性もあるのです。

この毒素は、ホルモンバランスや自律神経の乱れを引き起こし高血圧、脂質代謝異常(高コレステロール血症)の原因となる場合もあります。そして、これらの疾患は全身の血管にダメージを与えるだけでなく、老化をすすめ、動脈硬化、心疾患や脳血管障害を引き起こしやすくしてしまうのです。

また腸内フローラでは、ビタミンB1、ビタミンB2、パントテン酸、葉酸、ビタミンKなども作られています。ビタミンB1は糖質の代謝を助ける働きがあるので肥満予防に効果的ですし、ビタミンB2は肌の調子を整える働きがあるので老け顔予防に、ビタミンKは骨を強くするのを助ける働きによる、骨粗しょう症予防などが期待できます。しかし、腸内フローラが乱れ、これらがちゃんと生成されなくなったら……怖いですよね。

有用菌は年齢とともに減っていく

腸内の有用菌は、加齢とともに減少しています。年齢を重ねると、若い人には検出されないような、有害菌が検出されるようにもなってくるというデータも……。ですので、年齢重ねている人ほど、有用菌を増やす努力が必要になってきます。アンチエイジングのためにも積極的に有用菌を摂り入れていきましょう。

腸内フローラが寿命に関係する

100歳まで生きた方の腸内細菌を調べたところ、『ルミノコッカス』という有用菌が多かったという報告があります。そして、この腸内細菌と食事の関係を調べたところ、食物繊維の多い食事をしている人ほど『ルミノコッカス』が多かったのです。この有用菌と長寿の関係は、まだあまり解明されていませんが、食物繊維を積極的に摂り、有用菌を増やすこともアンチエイジングのひとつの手段になるかもしれません。

いつまでも若々しく

腸内環境が加齢にどう関係してくるか、意外な事実も多かったのではないでしょうか? 腸内環境と老化は、切っても切れない関係といっても過言ではありません。みなさんも腸内環境の改善から、アンチエイジングをはじめてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
有害菌と有用菌

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事