美肌作りは腸内から! 腸内フローラで綺麗な肌を目指そう!

美肌作り

腸内フローラを整えれば美しい肌が手に入る!

話題の腸内フローラを育てると、美肌作りにつながることをご存知ですか? 腸内フローラには有用菌、日和見菌、有害菌と大きく分けて3つの腸内細菌群が生息しています。その腸内細菌は、有用菌が2割、日和見菌が7割、有害菌が1割の比率が理想的な腸内細菌のバランスだと言われています。腸内フローラを理想的なバランスに保つと、健康によい効果があることは知られていますが、なんと、美肌になれることもわかってきているのです。

美肌作りは腸内から! 腸内フローラ美肌にいい理由

便秘になると、肌に吹き出物が出たり、肌の乾燥や肌荒れ、肌がくすんだりすることはありませんか? 腸の調子と肌の調子は密接に関係しています。ですので、腸の調子を左右する腸内フローラのバランスを整えると、肌の調子がよくなり美肌になるといわれているのです。とはいえ、なぜ、腸内フローラの働きが肌にも影響するのでしょうか? 

美肌作りの大敵! 有害菌は肌をくすませる

有害菌が出す毒素は肌の大敵です。腸内で出された毒素が血液中に入ると、体全体の血流が悪くなり、肌のターンオーバー(新陳代謝)を鈍らせます。ターンオーバーがスムーズに行われない肌は、ザラザラで古い皮膚がいつまでも残り、肌をくすませます。そして、くすんだ肌は老けた印象を与えるうえに、毛穴がふさがれやすくなるので、ニキビの原因にもつながってしまうのです。

腸内フローラは、有用菌が優位な状態のときに、有害菌の活動を抑えることができます。肌トラブルを防ぐためにも、有用菌を優位な状態を保ち、有害菌の活動をおさえて、肌トラブルを起こす毒素を出させないようにしておきましょう。

有用菌は肌に栄養を巡らせる

腸内フローラのバランスがよいと、腸の働きも活発です。腸の役目は、消化された食べ物の栄養素を吸収することです。環境のよい腸を維持できていれば、栄養素が体に吸収されやすくなります。そうすることができれば、肌に必要な栄養素が体にしっかりと吸収され、肌にもたっぷり栄養素を巡らせて美しい肌を作りだすことができます。

また、美肌作りのための化粧品やアイテムも血流がよく、栄養素が豊富な肌のほうが、高い効果を得られます。つまり腸内の環境を整えておけば、体の内側からも、肌の外側からも、美肌への相乗効果が期待できるのです。

腸内フローラが作るビタミン類の作用

腸内フローラのバランスがよければ、腸内の有用菌は、たくさんのビタミン類を作り出します。ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ニコチン酸、葉酸、ビオチン、ビタミンK、パントテン酸などの、ビタミン類が作り出され、もちろん、このビタミンによる美肌効果も期待できます。

とくに、ビタミンB2、ビタミンB6は肌荒れを防ぎ、美肌を作るためには欠かせないビタミンです。パントテン酸は、食物などから摂取したビタミンCの働きを助けて、メラニンの生成を防ぎ、シミができにくい肌作りに役立ちます。

美肌作りに欠かせないビタミン類を、有用菌にたくさん産生してもらうためには、腸内環境を有用菌が優位の状態にしておくことが欠かせません。

腸内フローラが美肌をつくる

美肌作りというと、一見スキンケアばかりに目が行きがちですが、腸内フローラを見直すことも美肌作りのポイントのひとつです。腸内フローラのバランスを整えることは、肌トラブルを抑えて、美しい肌を作り出すことにつながります。みなさんも、腸内環境を見直して美肌作りに役立ててみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美肌作り

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おすすめ記事